次世代機のバカヤロー!!

 昨日ようやく日本国内でのPS4の発売日が発表されましたね。

 2014年2月22日に41,979円(PlayStation Camera無し)


 来年ですよ来年....

 他にもVitaの軽量モデルが各色発売になるとか、TVに接続するだけでVita対応ソフトが遊べる”PlayStation Vita TV”と言うのを出すだとか、PS4のローンチタイトルなどの説明もあったようですが、まったく興味が失せてしまいました。

 せっかくいつまでも日本国内の発売日がハッキリしないXbox Oneを見限ってPS4でしばらく遊ぼうと思っていたのに、そのPS4までも今年中に出ないと言う仕打ちにはとてもガッカリです。

 国内向けのラインナップが揃わないと言う理由らしいですが、ざっと目を通した感じとても海外のソフトほど強力なインパクトを持った国内ローンチとは思えませんでした。結局のところ、ハードを全世界向けに一気に作ることが困難であるから時期をズラしただけな気もします。

 まあ元より日本国内は据置きが元気無いですから、優先的にハードを供給して貰えるわけが無いんですよね。ソニーだって多国籍企業なわけですから。MSもSONYも日本市場は大事と言いつつ、ただの滑り止めのような立ち位置に取っておきたいだけなのでしょう。


 こんな扱いを許してしまっているのも、携帯機向けのゲームやアプリばかりを遊んでいるお国柄があると思います。僕らが無料ゲームや携帯のアプリばかりで遊べば遊ぶほどパブリッシャーは”それ”向けのゲームばかりに開発費を掛けてしまい据置き機向けはどんどん先細りしてしまう。

 3DSのソフトだって6000円くらいしたりするのに、何故に据え置き機のソフトがこれほど売れないのか....
 
 ゲームしながらTVが観たい

 気軽にいつでも遊べて簡単に中断出来るから

 FPS等のアクション性の高いゲームが得意では無いから
 
 
 などなど、色んな理由が他にもありそうですが、やはり大きいのはラインナップの豊富さでしょう。

 僕だってゲームボーイがバカ売れしてた世代の人間で、沢山ゲームボーイのソフトも買いましたけど、やっぱり据置き機の凄さの前ではゲームボーイが霞んで見えたものですが、最近は一昔前のPS2並の映像を手元で遊べる時代なので、わざわざ据置き機を買う気にならないと言うのもあるのかもしれません。



 長々と書いて来ましたけど、結局今年中にPS4やXbox Oneを触りたかった鬱憤をぶちまけただけでしたね。

 なんで海外と同じ時期に出ないかなぁ...┐(;´Å`)┌トホホ
posted by lain at 06:47北海道 ☔Comment(0)ゲーム

クリプトン最後の希望に栄光あれっ!「マン・オブ・スティール」/ザック・スナイダー(監督)/クリストファー・ノーラン(製作)/2013年/米国/映画/感想

 アメリカ初のスーパーヒーロー物である「スーパーマン」


 赤と青と黄に彩られた全身ぴっちりスーツとマントを身に付けたスーパーマンの姿は色鮮やかで、直視するのも若干怯むほど恥ずかしい装いなのだけど、彼の立ちポーズや空を飛ぶ姿があまりにも堂々としているのと、神出鬼没で何処にでも助けに現れるマメさがとても女性ウケしそうで格好良い。


 今ではベタかもしれないけれど、惑星としての寿命が来て崩壊してしまった星の生き残りと言う孤独感溢れる設定もグッと来るものがありましたよね。


 先週から公開されている新たなスーパーマン映画『マン・オブ・スティール』でもその孤独を背負ったスーパーヒーローの悲哀がなかなか良かったです。





 今までのスーパーマンから重要な要素を抜き取りリブートされた新シリーズである今作。まずはスーパーマンの故郷である”クリプトン星”崩壊までのエピソードで幕が開きます。


 スーパーマンの父と母が命懸けで彼に希望を託すこの序盤、何が凄いって独特な発展を遂げているクリプトン星の世界描写だけで一本映画が作れそうなくらい奇抜な建造物、人工知能、宇宙船、果ては巨大生物まで躍動しているんです。終焉を迎える惑星に相応しい景色の数々に思わず釘付けになりました。


 その後は舞台を地球に移し、周りとは違う自分に苦しみながらも人助けを続けて自分探しの放浪を続ける彼の話が始まり、その中で語られる子供時代のエピソードで、育ての父親であるケビン・コスナーが何度となく彼を勇めるシーンがあるのですが、これがまた良い。予告編の時から間違い無く2人の父親がスーパーマンと物語を支える屋台骨になると思っていましたが、予想通りクリプトンの父である”ラッセル・クロウ”も”ケビン・コスナー”も文句無しに渋い。他のキャストもCSIの教授役である”ローレンス・フィッシュバーン”や、ちょいちょい悪そうな役で出て来る”マイケル・ケリー”など、海外ドラマでもお馴染みの人達が出ているのも安心出来る配役だし、 売れっ子の”クリストファー・ノーラン”が製作をしただけあって、役者だけじゃなく監督、脚本、映像、音楽、どれをとっても豪華です。


 こんな本気のアメコミ映画なら、ハリウッドの資本主義的映画産業の軍門に幾らでも下りましょうw





 個人的にはあまりアメコミヒーローに思い入れは無いので、近年盛り上がっていたスパイダーマンも観ていませんし、同クリストファー・ノーランが手掛けたバットマン三部作もちゃんと観たことがありません。


 でもたまには観てみるものだなって、つくづく思う面白さでした。



 少し脚本的に暗めであるのと、トレードマークである色鮮やかなスーツがかなりトーンを落としたダークヒーロー的な物になっているため、昔ながらのファンには少し戸惑いが出るやもしれませんが、僕個人としてはめちゃくちゃ格好良いデザインに生まれ変わったと感じました。


 マントは相変わらずダサイ気がしましたけどねww




 それはそうと、迷惑千万なほどビル街を破壊しまくるバトルシーンを観ていて、ふとこの迫力でドラゴンボールの実写やれば面白くなったんじゃなかろうか?と思ってしまいました。とてもスピード感あるバトル映像でしたし、敵にぶっ飛ばされてビルを幾つも突き抜けてゆくところとかドラゴンボールだなって思ったのでw


 別に髪型や肌の色、恥ずかしい亀仙流の道着とか着なくて良いから、世界観の設定だけを踏襲して格好良いバトルが見れるドラゴンボールが見てみたい。ザック・スナイダーなら美味く料理出来るかもしれないしwww




 さてそんなことはどうでも良いとして、ピンチに次ぐピンチを押しのけて地球を護った新たなスーパーマンの次なる舞台は、バットマンとの共演になるらしいです。 


 何故にいきなりバットマンとのコラボなのか意味不明ですけど、逆にその意味不明っぷりが気になって仕方無い....


 とりあえずヒロインである”ロイス・レーン”(エイミー・アダムス)がもうすぐ40歳なので、彼女の賞味期限(失言)的にも早めに新しいスーパーマンを完結して欲しいものですわ (= ワ =*)





posted by lain at 10:56北海道 ☔Comment(0)映画

これだからアメリカは嫌われる....「アルゴ」/ベン・アフレック(監督・主演)/2012年/米国/映画/感想

 革命に揺れる1979年のイラン。


 長年イランで圧政を敷いていた皇帝の亡命を米国が受け入れたことにより反米感情が爆発。


 米国大使館の中にまで暴徒が乱入する事態に落ち入って、ほとんどの外交員が圧政者の身柄引き渡しの道具として人質にされてしまう。


 脱出出来たのはわずか6人。


 人質解放へといっこうに進まないまま時は過ぎ、カナダ大使館で匿うのにも限界が来て、アメリカは過去に例を見ない奇抜で平和的な脱出計画を押し進めることに....





 この作品の予告を観た時は、結構骨太な史実に沿った内容なのかと思っていたんですけど、観始めるとどうにもこうにもアメリカ人らしい自虐と敵意に満ちた内容で、この作品の公開に触発されたイランが同事件を自分達の視点でもって映画を作ったのも頷けました。


 監督で主演の”ベン・アフレック”は、政治的にも人道面においても真面目な人という印象があるものの、アルゴに関しては史実と違う点が多いうえ中途半端に娯楽作としようとしたせいで、イラン側の歴史背景を冒頭の数分だけ描写して終わりと言うのがいただけない。事務所やら脚本やら役者やらそっくり用意して架空の映画作りを装い6人を現地から脱出させようと言うネタだけが面白い感じ。


 いっそ架空の国・人で同じ内容の作品を作った方が正解でしたね。沢山の人々と仕事をして映画は出来上がるわけで、確かに監督一人の責任では無いのかもしれないけれど、実名と実際の事件をモチーフにするならば、歴史的背景を正確に反映すべきでした。この辺りの詰めの甘さがぬるま湯に浸かったアメリカ人である証拠だと思われても仕方無いのかもしれません。




 最終的には誰一人殺されずにアメリカへと帰国出来たこの事件。CIAの工作員やアメリカに協力したカナダの貢献を褒める以上に、全員無事に返還したイランのことも少しは評価すべきでした。


 ある意味逃げ出さなければなんの問題も無かった話なのかもしれない。正直まだ人質のままで堪えている人々がいるのに脱出を喜び合う主人公達が非常に薄ら寒く見えました。


 だいたい79年当時は日本だって学生運動が盛んでしたし、世界的にまだまだ大戦の余波が残る不安定な時代ですから、イランだけが特別過激だったわけでは無いと思うのです。勿論中東はいまだに攻撃的な人が多い地域で、ぼくらみたいな長いものに巻かれよう人間が住まう国に比べれば遥かに怖い国ではありますがねw


 日本と韓国の歴史問題じゃないけれど、お互いの持つ歴史観の差異を少しでも減らして行かないことには中東問題は解決しそうにないことでしょう.....




 まあ、僕が気にしても解決しませんけどね☆(ゝω・)vキャピ ←無責任男












関連過去記事


「自然を見つめるように、人を見つめる男の美学「トゥ・ザ・ワンダー」/テレンス・マリック/2013年/米国/映画/感想」


posted by lain at 07:22北海道 ☔Comment(0)映画