今年の夏はみんな何観に行くよっ?

 宮崎駿さんが今までに無いほどの本気で作った「風立ちぬ」は良い余韻を残してくれましたが、いつまでもその余韻に浸っている暇もなく8月は新作映画のラッシュが続いてますね。

 先週は「ローン・レンジャー」を観ましたし、明日は「パシフィック・リム」、更に翌日の日曜日には「ワールド・ウォーZ」も僕は観に行く予定です。

 これだけでもかなり充実してるんですけど、この後も気になる作品多くて映画好きはみんなひぃーひぃー言ってる事でしょう。

 8/9「トゥ・ザ・ワンダー」


 8/16「ホワイトハウス・ダウン」


 8/23「スター・トレック イントゥ・ダークネス


 8/24「ガッチャマン」


 8/30「マン・オブ・スティール」


 
 ざっと気になる作品を上げただけでこれほどありますw

 地元で公開予定の無い”テレンス・マリック”作品の「トゥ・ザ・ワンダー」は札幌まで行ってでも外したく無いですし、ヒーロー映画2本もそれぞれどうまとまっているのか気になります。

 特に新しいスーパーマンは、あのダサイはずの全身タイツが今どきに変換されて格好良さげなので楽しみですなぁ♪



 「風立ちぬ」も絶賛公開中だし、他の新作邦画もいっぱいですから、本当に悩ましくて熱い夏が続きそうですねι(´Д`υ)アツィー
posted by lain at 21:52北海道 ☔Comment(0)映画

訴訟大国的ヒロイズムの残照「エリン・ブロコビッチ」/スティーブン・ソダーバーグ(監督)/ジュリア・ロバーツ(主演)/米国/2000年/映画/感想




 弁護士資格も持たないアメリカのシングルマザーが、汚染物質を垂れ流した大企業相手に多額の賠償金を引き出す事に成功し、一躍時の人となって映画化までされてしまったのが”エリン・ブロコビッチ”さん。


 職も見つからず、社会的立場の強い医者との交通事故に関する裁判にも負け、そんな苦い経験からアメリカの弱者に対する姿勢に不満たっっぷりな彼女は、大人の事情で動く社会へ常に怒りを露わにし続けます。


 交通事故の裁判の時に自分を弁護した男にキレ


 バイクで爆音を鳴らした隣人にキレ


 にやけ顔で調停に現れた企業側の弁護士にキレ


 とにかくキレまくるw



 女性と言うのは生の感情を剥き出しにする事により、活力を得て行動するタイプの方が多いですけど、エリンさんみたいな女性はクレイマーレベルのしつこさなので、正直訴えられた企業に同情してしまうところもありました。


 多くの女性にとってこの映画は、普通の女性が言いたい放題叫びまくって大きな事をやり遂げる痛快な気持ちになる映画だと思いますけど、汚い大人の事情も少しは理解出来る年齢になった僕にとって、エリンのような存在は正直面倒に感じてしまいます...


 劇中、被害者女性宅へ話を聴きに行ったシーンで「あんたの目当てはお金でしょう?」と言われるところがあるのですが、まさにその通りだろうと僕も思いました。


 勿論映画ですから、そんな批判を口にしてた女性もエリンに協力的になっていくし、上手く綺麗な嘘を並べ立て、負ければ一銭も手に入らず借金だけが残る大きなリスク覚悟でアナタ達のためにやっているのだと語り、自己犠牲の美しさを強調した展開にはなります。


 確かに事実の部分もある。誰かが立ち上がるべき問題でもあるだろう。一般人には法律の事は難しく、実被害にあっても何をどうして良いのかも分らないのも本当のところです。


 しかし、どうにも腑に落ちない....




 この映画の真の主役が被害者達だと言うならば、何故最後にエリンが200万ドルのボーナスを手にするシーンで終わるのだろうか?


 被害者の女性と最終的な和解内容について話をするシーンから、カメラが引いて子供達の笑い声や自然の美しさを僕らに残して終わるべきだったのでは?


 そうすればエリンが護ったものが、自身のプライドやお金の為ではなく、子供達が安心して暮らせる環境だったと綺麗に終わったのではなかろうか?結局「お金」と「自分」が大切だと開き直っているようにしか思えないのです...




 ある意味アメリカらしい欲望に素直な作品ではあるし、ここまで嫌悪する必要も無い映画かもしれませんが、今まさに放射能の驚異に晒された環境で暮らす人々がいる日本にとって、被害者を喰い物にするような人々を英雄視する作品はあまり心地良いものではありませんね。


 自分の目的を他人の目的にすり替え、自分の本心さえ騙す事が出来るエリンさんは不快だし怖いです.......


 僕ならこんなに自分を美化した映画なんて絶対作って欲しく無いですね。


 どんだけ図太いんすかエリンさん......





posted by lain at 07:18北海道 ☔Comment(0)映画

夏の炭酸三昧グッズ『ツイスパソーダ』

 もう暑い暑いと言うのにも飽きて来たかと思いますが、やっぱり暑いですねι(´Д`υ)アツィー

 おかげさまで、ついついアイスを食べたり身体が吸収出来ない量の水分を補給してしまったりしちゃって困る困るw

 最近自宅で簡単に炭酸飲料を作れる「ツイスパソーダ」なる物を購入してしまったので、尚更余計に水太りしてます( ´~)◇y ゴクゴク( ´▽)-3 ゲプゥ~♪

IMG_7547_convert_20130807212950.jpg


 付属の装置に炭酸ガスが注入されたカートリッジを取り付け、炭酸にしたい飲み物を入れた専用ボトルに取り付け捻るだけで簡単に炭酸飲料に出来上がります。

 炭酸の充填は1〜2分で直ぐ終わりますし、普通の炭酸と同じくらいはスパークリングが持続します。


 ちなみに水でもお酒でもジュースでも、ほとんどものが使用可能なんですが、販売元の推奨で固形物を含んだものや、乳成分や油分を含んだもの。そして当然熱いものも使用は出来ないと書かれています。

 僕は最初に注意事項を読まなかったので、普通につぶ入りのオレンジジュースを炭酸にしましたし、既に牛乳を炭酸にしてみた人もいるので、油分を含んだものはともかく、乳製品も炭酸に出来そうです。

 
 いつも飲んでいるものが炭酸に生まれ変わると、意外な味に新鮮さを感じて飲めるのも良く、炭酸は短時間だけでも爽やかな気分になれるから色々と試すのが本当に面白いアイテムです♪

 本体価格は7000円ほどして高めですが、炭酸のカートリッジは1本50円ほどで買えますし、夏休みに楽しく家族で炭酸作りってのも良いかもしれませんね。



 次はやっぱり牛乳いってみようかしら.....(ゝω・;)v



 販売元グリーンハウス公式サイト http://www.green-house.co.jp/products/life/kitchen/cook/sodaa/