ドM映画監督の肖像「CUT」/アミール・ナデリ(監督)/西島秀俊(主演)/2011年/国内/映画/感想

 この映画の監督”アミール・ナデリ”と言う人は、イランで産まれ自由に映画を撮れるアメリカへ亡命し、日本で日本の映画を撮りたいと考えるほど映画が大好き。ちなみにイランはイスラム教の影響が強いので規制はかなり厳しいらしいです。

 自由に憧れ、映画を愛し、自分を知って欲しいと強く想っているアミールさんなので、映画も非常にアミールさん自身が感じて来た事が反映されていて共感し難かったです。




 マイナーな映画監督である主人公は、思うような映画を作らせて貰えない鬱憤を路上で拡声器を使い映画業界を扱き下ろす叫びで晴らそうとするほど小物。彼が叫べば叫ぶほど白けた気分に序盤はなります。

 そんなしょうもない彼の兄が死んでしまう。

 自分の映画作りの為に借金を肩代わりしてくれていたヤクザの兄が亡くなり、その借金を払わなければならなくなった彼は、何を思ったのか兄が死んだトイレの中で”殴られ屋”を始め出します。この時点で阿呆かこいつはって気分でいっぱいになりましたねw

 兄が自分の為にしてくれていた事の大事さを痛感し、自責の念からそんな事を始めたのでしょうけど、所詮自分の気持ちを満足させる為の自己陶酔でしかなく、主人公に振り回される周りの迷惑も顧みない独りよがりが気持ち悪かった...


しかもこの男、殴られ屋をやって家に帰ると「361万9の為なんかに死ねない!」とか鏡に向って言うんですよ。そう思うならまず殴られるの止めればいいじゃないですか.....

 まるでストーカーや猟奇的殺人犯のように部屋中切り抜き(映画の)を貼付け、古き名作映画を投影している床で寝たりするのも非常に怖い。

 少し前にドキュメンタリー風の映画を観たキム・ギドク監督もそうだったけど、映画を愛し過ぎた人は理想の映画を追い求めるあまりに、映画と現実を混同して現実に理想を求め過ぎてしまうところがあると思います。この映画の主人公ほどでは無いにせよ、映画監督と言うのは総じて自虐的でオナニー野郎だなって改めて思いました。
 


 物語終盤、100人に殴られ続ける事にチャレンジする主人公。

 それをやりきった男のボロボロの顔がドヤ顔に見えた僕は、なんとも言えない憔悴に包まれたとさ....



 
  (= ワ =*).。oOだいたい兄貴と関係無い阿呆共に殴られてるだけで贖罪になるわけ無いじゃん...




 公式HP http://bitters.co.jp/cut/
 アミール監督へのインタビュー記事 http://eiga.com/movie/55718/interview/
posted by lain at 06:38北海道 ☔Comment(0)映画

楽しく可愛くエンジョイ折り紙本「おりがみペットパーク」/フチモト ムネジ/2011年/折り紙

 久し振りに折り紙の本買いました。

IMG_7623_convert_20130812230122.jpg

 表紙のオシャレな雰囲気そのままに可愛い動物達の折り紙が沢山収録されていて良い感じです♪

IMG_7626_convert_20130812230206.jpg

IMG_7624_convert_20130812230138.jpg

IMG_7625_convert_20130812230153.jpg
 ※犬の折り紙向けに服のオマケがあるのも嬉しい♡

 
 全編カラーで折り方も写真で構成されており、本自体を眺めるだけでも微笑ましい気分にさせてくれるのですが、若干説明が怪しいところもあって難易度は若干高めのものが多いです。

 しかし出来上がりは実に活き活きとした動物そのものに見えますから、苦労してでも折る価値はあると思います。折り紙は折り方を読み解くのも楽しみの一つだと考えればへっちゃらさ!d(。ゝ(ェ)・)
 

ちわわ
IMG_7635_convert_20130812224904.jpg

といぷーどる
IMG_7634_convert_20130812224850.jpg

てりあ
IMG_7633_convert_20130812224833.jpg


さっきから折り紙折ってた#Picfx



 フチモトさんは他にもロボットの折り紙「ORIROBO」や、レーシングマシン等の折り方が載った「ORIGAMI RACER(オリガミレーサー)」等の本も出していて、こちらもなかなか面白そうですよ♪(ゝω・)v
posted by lain at 23:11北海道 ☔Comment(0)折り紙

オタクは世界を救う?!「パシフィック・リム」/ギレルモ・デル・トロ(監督)/2013年/米国/映画/感想

 いやぁ〜観て来て観て来たパシフィック・リム!


 監督の”ギレルモ・デル・トロ”がいかにジャパニーズなオタク文化のファンボーイなのかが痛いほど伝わる要素にニヤニヤしっ放しでしたよw




 海の底にある次元の裂け目から巨大な怪獣が現れ暴れ回るようになり、それを食い止めるために人類が団結して”イェーガー”と呼ばれる巨大ロボを作って対抗するって話で、エヴァと怪獣映画がドッキングしたような様相を見せていました。パイロット同士のシンクロどーのとか、パイロットの精神状態が乱れてロボが暴走したり、怪獣が海からやって来るところとか、完全にそうでしょ?|∀・)


 もう兎に角狙い過ぎな安っぽさが最高なんです。大袈裟なだけで非効率過ぎるメカやコンソールのデザインの数々や、わざわざ技の名前を叫んで放つ(吹き替えで見ると◯ケットパンチと叫ぶw)ところとかも、まさに日本のお家芸が満載過ぎてお腹がいっぱいになりましたw




 ちなみに今回吹き替えが評判良いと聞いて吹き替えで観て来たのですが、大御所(杉田智和・林原めぐみ・玄田哲章・古谷徹・三ツ矢雄二・池田秀一・浪川大輔・千葉繁etc)が揃ってて非常に良かったです。特にメカの整備等を担当するキャラに”千葉繁”さんが声入れしてたのは、パトレイバーファンとして嬉しかったw何故日本人である”菊地凛子”の声をあえて”林原めぐみ”さんにしたのかは良く分りませんけど、あまり目立った役者さんがいないので、吹き替えで観た方が面白いかもしれません。正直「ジョンルーサー」の”イドリス・エルバ”くらいしか存在感ある役者さん居なかったですね。


 あと噂の”芦田愛菜”なんですけど、それなりに良い演技で結構長い出演時間があったように思いました。あんまり褒めたくならない女の子ですけど、これをきっかけにハリウッドに食い込んでいったりするんでしょうかね?....





 日本の特撮文化がプンプンして来るせいで、終盤日本の映画を観てる気分にもなりましたが、流石にハリウッドのCG技術は素晴らしかったです。初めてトランスフォーマーの映画を観た時のオォー!って気分が蘇るほど良く出来ています。役者でもストーリーでもなく、巨大人型メカと絶体絶命なシチュエーションを存分に味わって頂きたい。きっとアナタの期待を大きく裏切ってくれる事でしょう。


 どう裏切るかは分らないけれど.......( ´,_ゝ`)プッ♡











posted by lain at 12:06北海道 ☔Comment(0)映画