とうとう始まってしまった荒川版骨肉の争い「アルスラーン戦記」/荒川弘/田中芳樹/講談社/2013年/漫画/感想

 アルスラーンに出会った頃、僕は中学生に成ったばかりで、絵が少ない活字だらけの本の魅力がイマイチ分っていませんでした。書店でアルスラーンをなんとなく手に取ったのも、”天野喜孝”さんの描く重厚な表紙絵のおかげだったように思えます。ただ周りと違う事をして、大人っぽい自分を演出したい一心で背伸びしただけでした。

 しかし、ページを一枚、また一枚とめくる度にそんな不純な理由は吹き飛び、見知らぬ世界の見果てぬ歴史を紐解いているような感覚に落ち入り、身も心も作品世界に入り込んで黙々と読みふけっていたものです。今思い返せば、それが田中芳樹さんを好きになった瞬間でした。同時期に並んでいた”マヴァール年代記”も何度も読み返したっけw
 勉強不足でまだまだ読めない字が多かったですけど、あんなに楽しい時間は無かったように思います...



 そんな大好きなアルスラーン戦記ですが、9巻を境に執筆ペースがガタッと落ちてしまいました。

 理由は簡単。田中芳樹さんが歳をとったと言う事と、オリジナルのファンタジーより中国を舞台にした歴史物に作者が走ったからです。銀英伝のヤン・ウェンリーのように、歴史家に田中さんは成りたかったのでしょうね。元々中国の歴史物をやりたいと思っていたそうですし、安定した人気を得たから好きなジャンルに走ると言うのは当然だと思います。

 が、しかし、そのおかげで放置状態の未完が多過ぎます。「創竜伝」「タイタニア」「灼熱の竜騎兵」「自転地球儀世界」、そしてアルスラーン戦記もカッパ・ノベルスに移動しての最新刊が出たのは5年前...



 そんな状況ではあるものの、田中芳樹ファンを久し振りに喜ばせた”荒川弘”によるアルスラーン戦記のコミカライズがとうとう雑誌に掲載されていました。

IMG_7225_convert_20130716064053.jpg
IMG_7269_convert_20130716065747.jpg
IMG_7270.jpg
IMG_7271_convert_20130716065903.jpg
※概ねイメージ通りのキャラ絵でした


 かなり前に「月刊ASUKAファンタジーDX」で漫画版が連載していた時は、原作のイメージと掛け離れた作画と構成に正直ガッカリしたのもあり、今回の”荒川弘”と言う折り紙付きの漫画家が改めて漫画化してくれるニュースは本当に嬉しかったです。

 記念すべき第一話では、小説第一巻から遡る事三年前のエピソード(たぶん原作には無かったはず)になっており、アルスラーン戦記の登場人物や世界情勢等、世界観を支える各種用語を読者にある程度理解して貰えるような構成になっていて、まずまずの出だしのように思いました。懐かしいキーワードにニヤニヤしたり、アルスラーンが出会った正体不明の少年が、きっとあのお方なんだろうなぁ〜とか考えながら楽しみました♪(←ただの勘違い)

 元々原作のファンである僕のようなおじさん達にとっては、お馴染みのキャラがまた新たな息吹を得て活躍するのは手放しに嬉しいわけですが、荒川弘版が初めてのアルスラーン戦記である若い世代はどう感じるのだろう?

 世代を越えて楽しめる部分も多々あるとは思いますが、なにぶん第一巻が世に出てから30年近く経つ作品ですし、言葉のニュアンスや価値観の相違が明らかに存在しているような気がしてなりません。若い世代の支持は連載継続の目安でもありますし、せっかく荒川さんが危ない橋を渡ってくれているのですから、荒川さんが望む通りの完結まで打ち切りにならなければ良いなと思います。



 少し前にタイタニア第4巻の原稿が出来上がったと聴きましたし、次はアルスラーンの新作に取りかかるとも関係者の方がブログで書いていて、アルスラーン戦記に良い風が吹いてる気がします。ついでにアニメ版もまたやれば良いなぁ〜♪

 この調子で原作が進めば最高ですけど、きっと荒川弘さんの漫画版が完結する方が先になる事でしょうけどね。首を長くして待つ事にします。


 ファンはもう慣れたよね?待つの☆(ゝω・)vキャピ




 勘違いから始まったコミカライズの裏話→『「アルスラーン戦記」が荒川弘さんによってコミック化されます!』

 『『タイタニア』第4巻、脱稿しました!』

春アニメが終わってなんとなく想うこと。

 夏アニメが7月から続々始まってますが、とりあえず最終回を迎えた春アニメのぼやきを少し…



 原作の絵柄を踏襲しない意欲作や、珍しくロボットアニメが複数あるなど、粒揃いの春アニメだった気がしますが、明らかに次のシーズンに続く的な作品が多かったのが気になりました。あれ?いまの最終回だったの?!ポカ-ンな感じw

 あと、もう少し話数があればキャラへの思い入れが増したなと感じる作品も多々あり、大量生産時代はアニメの世界の住人達にとっても寂しい時代な気もします。


 
 あらゆる要素をごちゃまぜにした、あざとい盛り上げ方の「ヴァルヴレイヴ」

 渡瀬悠宇さんのベタベタな異世界と現実を結ぶ物語は面白いが、続きが作られるのか不安が残る「アラタ カンガタリ〜革神語〜」

 切り口は面白いけど、まったく最終回とは思えなかった魔王がバイト戦士なアニメ「はたらく魔王さま!」と、相思相愛近親相姦アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」

 あまりにもコンパクトにまとめ過ぎて感動もこぢんまりとしてしまった「デビルサバイバー2」

 孤高(ボッチ)の高校生の人生観に妙な説得力のある「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」

 等々….etc 


 原作がまだ未完な作品だとか、製作が間に合わないとか、第一シーズンが不調だったら続きは作りたくないだとか、理由は色々あるんでしょうけど、そのまま続編が凍結されてしまうケースも多いですし、せっかくのストーリーとキャラをこのまま埋没させないように、しっかり次のシーズンも製作して完結まで漕ぎ着けて欲しいものだ。まあ、原作読めば済む作品もありますけど(白眼)



 そういやOVAやらDVD特典やらで作品を補完するのもなんか微妙な話ですよね。TVシリーズ終了後にちゃんと情報をチェックしていないと見逃す事が多いし、DVDを買わないと見れないという買わされてる感が気に入らないw

 もう少し続きがみたいと素直に思える作品ならば、そういった商法もポジティブに受け入れる事が出来ますけど、何千円も払うのはちょっとと思う作品も結構ありますしね。「翠星ガルガンティア」ぐらい良いアニメなら思わず買おうかと考えてしまわなくもないですけど(ガルガンティアは未放映2話分がDVDやBDの特典になってます)

 ガルガンティアはちゃんと1クールで完結しているし、世界観の雰囲気が凄く良かったのでオリジナルのTVシリーズとしてはとても面白かった。もう1クール見たいと思っていたところに未放映2話分のDVD収録は嬉しい話でした。自分の好みとアニメの出来次第で、どんな商法も赦せてしまうのが人間なわけですよw

 ともかく、どう儲けるかより、どんなキャラをどんな舞台で活かすのかを第一に考えて作って欲しいです。1クール以上が当たり前の時代を生きて来た僕としては、しっかり話数を使って深みを出せない現代のアニメ作りはちょっぴり物足りないので...



 散々まとまりの無い愚痴をこぼしましたが、本当にどれも楽しく観れた事は確かです。ひいき目に観ていた「惡の華」も原作コミックを先に読むのを躊躇うほど毎回緊張感ある展開でしたし、個人的に春アニメのMVPである「波打際のむろみさん」も毎週楽しくて仕方無かった(萌´▽`)



 耳にこびり付いて離れないOP曲の絶妙な変調具合と、可愛くて破天荒なむろみさんと愉快な仲間達が所狭しと良く動くのも最高でした。アニメーション本来の面白さを出すには、15分程度で1話が終わるスタイルはピッタリですよね。


 「ガラスの仮面Z」といい、また短めのアニメが盛り上がってて元気ありますよね。一時期アニメに絶望しそうになったりもしましたけど、必ずしも美少女だけがアニメの売りでは無いなって思える作品がちゃんと作られてて嬉しいです。

 これからもアニメだから面白い作品が存在感を出せる世の中であればと心から思う僕でした....




 関連過去記事 

  『春アニメについて少しもぞもぞ...』
posted by lain at 07:23北海道 ☔Comment(0)アニメ