積みゲーを崩してみたものの....「Soldier of Fortune: Payback」/Activision/2007年/PS3/XBOX360/感想

 来週PS3で発売の『The Last of Us』まで、しばらくは積みゲーを崩そうと地味な作品ばかり遊んでるんですけど、今回の『Soldier of Fortune: Payback』はすこぶるクソゲーでした(白眼)



 四肢がバラバラになってしまう残虐描写で有名になったシリーズらしいんですけど、元々の製作会社から離れてしまったせいなのか最初からこんなものなのか僕には分りませんが、非常にレベルデザインが嫌がらせの域に達しており、単調で怠いマップと常に伏兵が何処からか現れる敵兵配置にもやもやしっぱなしでした。

 雑魚の執拗な攻撃もうざくて面倒でしたが、ボス戦の貧相さは更にお馬鹿で、弾を何発撃ち込んでもなかなか倒れないくせに、ナイフで切ってると直ぐ倒せてしまうと言う適当さ....

 ここまでゲーム性がクソだと、ただワザとらしく吹き飛ぶゴア表現なんてただのギャグでしかなく爽快感は皆無。極めつけの唐突なエンドロール突入の頃には、全てに嫌気が射していました。

 最初はグラフィックもそこそこだし、難易度が高めなのも骨太FPSなのかと、納得しそうになってましたが、終わってみれば本当に時間の無駄でした。

 低価格で販売予定だった本作をフルプライスで販売したActivisionは腹グロ過ぎて最低ですね。あの会社は偉大なFPSも産んだけれど、それ以上に駄作なFPSも沢山作りましたね....



 そろそろまともなゲームがやりたくなって来たので、ギアーズ オブ ウォー:ジャッジメントでもやって口直ししたいと思います(;´Д`)

 
posted by lain at 07:17北海道 ☔Comment(0)ゲーム

私的なE3 2013事情『Xboxは2度死んだ。三度目は?....』

E3
 昨日から次世代機の詳細に注目が集まっている2013"E3"


 いきなり全ての次世代機を買うの大変ですし、最初に買うハード選びは慎重にしたいですもんね。



 で、1番気になる価格を先に発表したのはMicrosoftで499ドル。キネクト付きでも妥当な価格ではありましたが、その後のソニーの発表で399ドルという100ドル差はハードの性能やセット内容抜きにしてもインパクトがありました。本体もコンパクトそうだしw


 しかもMicrosoftがあえて踏み切ったユーザーに嫌われる仕様のほとんどをソニーは行わないと明言。


 ネットでのマルチ対戦については有料会員にしか遊べないXBOXと同じ条件になりそうですが、中古ゲームのサポートもするし勿論ネット常時接続も必要無く、リージョンロックも採用しない方向のようです。



 先手を打ってハードを発表したソニーは、その後上手くMSの発表に対するユーザーの反応をチェックした感じで、完全にソニーに踊らされ道化でしかなかったMicrosoftは本当にこのままの発表で世界的に勝てると思っているのだろうか?


 その上アジア展開(日本についてはまだ不明)は1年遅れでXBOX ONEを発売するとか言い出す始末で、完全に360に1年出遅れたPS3がどれだけ苦労したかを忘れているようだ。新型の情報が開示されるたび”ワクワク”じゃなくて”ビクビク”が増していくのがとても寂しい....


 ほとんどXBOXしか使っていない僕がこうなのだから、多くの360ユーザーが不安・不満でモヤモヤしている事でしょうね。限定版のXbox Oneを買ったらもれなく実績付けるとか要らないから真剣にユーザーと向き合って欲しいものだ。


 とりあえず期待せずに続報を待ちましょう。どうせ日本では2度死んだハードですしXBOX.....



 『マイクロソフト Xbox One は21か国で11月発売、499ドル。Day One限定版は実績付き』

 『Xbox One、アジア市場では2014年後半に発売。約1年遅れ。国内発売の時期は今後発表』


 『PS4のオンラインマルチプレイはPS Plus会員限定に、サービスは現行機と共通して利用可能』




 さて、ハードも大事だけどソフトが1番大事ですっ!


 ざっと気になったタイトルはこの辺でした。




 PS4/PC/Mac『The Elder Scrolls Online』(Bethesda Softworks)





 PS4/Xbox One/PS3/Xbox360『Destiny』(Bungie)





 PS4/Xbox One/Xbox 360/PC『Trials Fusion』(Ubisoft)





 PS4/Xbox One/PC「Mirror's Edge」(EA)





 プラットフォーム未定「StarWars Battlefront」(EA/DICE)





 Xbox360「World of Tanks」(Wargaming)




 Xbox One「Quantum Break」(Remedy)






 次世代機の内容確定まで、まだまだ慌ただしそうなゲーム業界ですが、これからも面白そうなゲームは出て来そうでお金より時間が足りない日々が続きそうですなぁ (= ワ =*)
posted by lain at 07:14北海道 ☔Comment(0)ゲーム

積みゲー崩しゲーとか発売しないかな? |Д・)「darkSector(ダークセクター)」/Digital Extremes/ディースリー・パブリッシャー/2008年/PS3/XBOX360/感想

 バイオショックインフィニットをクリアしてから、そろそろまた積みゲーを崩そうかと考えていたのですが、やっとDEAD TO RIGHTS:RETRIBUTIONをクリアしたあと更に迷ってしまい、またカウンターストライクばかり遊んでいました。

 しかし昨日は13日ぶりの休みだった事もあり、なんとか重い腰を上げて、ずっと心残りだった「ダークセクター」を成仏させる事が出来ました....




 前回遊んだのがいつだったか分りませんが、最後に解除した実績が2009年のものだったので、3、4年掛かりでクリアした事になります。

 喰らうと一撃でお陀仏になる攻撃をしてくる”ストーカー”と言うボス戦で挫折してたんですが、プレイを再開した今回も散々殺されました。それでなくと操作を思い出すところから始めなきゃならないのに、いきなりボスって言うは心折れますねぇww

 なんとかボスを倒したものの、そこから先も難易度がグイグイ上がっていくのでホント厳しめのゲームです。最後のボス戦が1番楽に思えるほど雑魚の攻撃が激しい箇所が多く、難易度下げれたら楽なのにと何度も思いました(クリアすると難しい難易度が一つ増えるだけで初回プレイは難易度は一つだけ) 最近のゲームじゃ当たり前になった次に移動すべき方向を教えてくれるガイドのようなものも無いので、歯応えは充分過ぎる.....
 

 なんちゃらウイルスで奇病が蔓延した場所に主人公が任務で行かされ、色々と面倒に巻き込まれてゆくというストーリー内容から、バイオハザードと比べる人も多かったダークセクターですが、主人公の使うブーメランのようなメイン武器”グレイヴ”は、遠くにある武器やアイテムを吸着出来たり、マップ上の炎や電撃を纏わせる事が出来ので、バイオをとはまた違うパズル要素を持ったゲーム性の作品です。

 ただ、残念ながらお世辞にも操作性やキー配置が良いとは言えない作品なので、なにかとストレスを感じる事もチラホラあり、当時の想い出補正が無ければ最後までプレイするのは辛いと思われますwグラもコンシューマ版はチラツキが出てしまうので酔う人も多い事でしょう。あの頃ならかなりの高画質だったとは思いますが....

 キャラもそれほど出来の良いものでは無いので、正直主人公の顔は最後まで好きになれませんでしたが、どうせデモシーン以外は後頭部しか見えて無いので気にならないし、様々なバランスの悪さがプレイが破綻しない絶妙なところでまとまっているので、殺伐とした空気感を楽しむ余裕もちゃんとあるゲームでしたね。本当にちゃんとクリアして良かったw



 本作は試験的に作った意味合いが強いけれど、続編とまでいかなくとも流れを組んだ新作くらい作っても罰は当たらないよな〜と思ってたら、主人公が終盤で手に入れる全身スーツそっくりな格好をしたキャラ満載の銃と刀のニンジャヒーローTPS「Warframe」が同社の作品でした。



 少し前に話題になっていた時、ちょっとだけ遊んでみたんですけど、無料ゲーとしては結構良い作品です。PS4での発売も決まったようなので、発売されたらコンシューマ版をじっくりと遊ぼうかと思ってます♪ゞ(*ゝω・)ノ

 

 ダークセクター攻略サイト(Aeris 攻略) http://homepage3.nifty.com/shinjuku/aeris/dsec/index.html
 攻略wiki http://www5.atwiki.jp/darksector/

 ダークセクター公式HP http://www.d3p.co.jp/darksector/indexxbox.html
 Warframe公式HP https://warframe.com/ja

 Digital Extremes公式HP(英語) http://www.digitalextremes.com
posted by lain at 05:55北海道 ☔Comment(0)ゲーム