僕は洋楽に縁が無い・・・『STRFKR Japan Tour Summer 2013』ポーランド/音楽/LIVE

 LIVEに行くようになって、常々思っているのが「洋楽のLIVEに行ってみたい」と言う事。

 メジャーなアーティストは、大抵国際空港とキャパシティの大きな会場がある地域でしか公演はしませんし、地元の北海道で観たいと思ってもせいぜい野外のイベントで細々と参加してくれる事があるのと、平日の公演だったりしてなかなか僕の予定と噛み合わない...

 

 そんな僕に朗報が舞い込んで来た。

 少し前に”ねごと”の対バンで知った”FOLKS”のLIVEをチェックしていたら、彼等が札幌を含むJAPANツアーを開催するポーランドのエレクトロバンド”STRFKR”の対バンとして参加すると知り、どんなバンドなのかと即座に音源を聴いてみるとめちゃくちゃ自分好みの音の重ね方だったのでこれだぁー!!って思い、公演日も日曜で最高だぜぇ〜♪っと直ぐ様チケットを購入しようとしたのですが、その日が”ACIDMAN”のLIVEの日だと言う事を思い出しガックリ.....

 やっぱり自分は洋楽のLIVEに縁が無いんだなって、つくづく思いました|ω・`)

 僕は行けないですけど、道内2カ所も公演をやってくれる海外のバンドなんて数がしれてますし、この機会に是非皆さん行ってみて下さい。特にFOLKSファンは絶対参加でよろしくお願いしますo┐ペコリ

 ほんとシンセの重ね方とか懐かしのダンスチューンっぽいノリの良さとか、凄く心地良いバンドなので聴き終わるのが寂しくて仕方無く感じるほど後を引くリズムだと思いますよ♪

 
 


 僕は聴き終わるとめちゃくちゃ人恋しくなります♪◖|つω`*|◗♪





 (´-`).。oOはぁ...今度はいつチャンスが訪れるのかなぁ?...



 公演予定

  7/6 (SAT) 苫小牧 ELLCUBE
  7/7 (SUN) 札幌 Sound Crue with FOLKS
  7/8 (MON) 仙台 Birdland
  7/9 (TUE) 宇都宮 Sound A Base Nest
  7/10 (WED) 東京 O-Nest with Jesse Ruins
  7/11 (THU) 名古屋 K.D.japon
  7/12 (FRI) 神戸 Helluva Lounge
  7/13 (SAT) 広島 SPACE O92 B1F -BANQUET-
  7/14 (SUN) 福岡 薬院 Utero
  7/15 (MON) 大阪 地下一階
  7/16 (TUE) 東京 O-Nest



 公式HP http://strfkrmusic.com
 Moorworks公式STRFKR紹介ページ http://moorworks.com/event/
posted by lain at 20:06北海道 ☔Comment(0)音楽

正しさの先にあるものは?『別離』アスガル・ファルハーディー(監督)/2011年/イラン/映画/感想

 おそらく初めてイラン映画を見た。

 ちゃんとイランの人間が中東を撮るとこうなるのかと、胃がキリキリする内容ながらも興味深く拝見しました。




 とある夫婦が離婚云々の手続きの為、判事を前に口論しているシーンから始まる。

 子供や自分の将来を考え、海外で生活したい妻に対し、認知症の父親がいるため国を出るわけには行かないと言い張り譲らない夫。結局離婚は認められなかったが、妻は実家に帰る事に。


 妻の代わりに認知症の父親の世話を見て貰うため、とある女性を雇う夫。しかし女性が父親の世話を放棄して出掛けていた事と、あったはずのお金が無くなっていた事に怒ってヘルパーを自宅から追い出してしまう。

 しかし、その際転倒したのが原因で流産したと訴えられる事になる夫。そこからは冒頭の夫婦のやるとリ以上に胃が痛くなる空気感が最後まで続き、互いに正しさを主張し合う者達の衝突が見てて非常に辛いです。観終わったあと、嫌ぁ〜な疲労感がどっと押し寄せて来ました…(ヽ´3`;)〜3フゥ



 夫の望みを無視して環境を変えたい妻が悪かったのか?

 父親をダシに意固地になって妻や子供の将来を考えなかった夫が悪いのか?

 そもそも認知症になってしまった父親が全ての元凶だと考えてしまいたくなる、どうしようもない苛立ちと哀しみの連鎖が寂しい作品でした。



 女性を虐げ。自分達の信仰以外は邪悪なモノと決めつけ。コーランの前では誰も命を惜しんではならないと教えている前時代的思想を持ち、戦時中の日本人のような『覚悟』が蔓延している国々がイスラム圏だと勝手に思っているような節が僕の中ではあるのですが、実際には僕らとなんら変わらない悩みに満ちている人々が大部分を占める国なのだと改めて思いました。

 ハッキリ言ってスッキリしない映画ですし、娯楽性にも感動にもほど遠く、罪の意識が充満しているだけの作品だと言えなくもないですが、イスラム圏なればこその悩みが新鮮ですし、生々しい緊張感の出し方がなかなかに現実的で良い映画です。娘が”どちら”を選ぶか判事室の外で待ち続けるシーンと共に流れ出すエンドロールの静けさも印象的。
 
 
 
 なにかと近隣との争いが絶えず、良いイメージを持てない中東ですが、もっと「内」から「外」へ自分達の自然な人間性をアピールした映画や本を出してゆけば、お互い理解が高まって偏見が薄れてゆくように思います。

 自己の正当性ばかりを主張する事の、愚かしさに気付けるこの作品は、イラン国内外に向けてあらゆる問題を提起していたのかもしれませんね。




 公式HP http://www.betsuri.com
 アスガル・ファルハーディー氏HP http://asgharfarhadi.com
 
posted by lain at 06:26北海道 ☔Comment(0)映画

どけどけどけぇぇえ!≠≠[[[[。□□□。]ガタンゴトン『アンストッパブル』/トニー・スコット(監督)/2011年/米国/映画/感想

 前にも地上波で放送してたよ〜な気がするなぁ〜とか思いつつ、先週放送した「アンストッパブル」を観たんですが、これって故”トニー・スコット”監督の作品だったんですよね....




 単純な怠惰的人為ミスで引き起こされた、実際の列車の暴走事故を題材に作られいるので、随所でドラマティックな内容にするため脚色されていますが、手に汗握る緊張感がテンポ良く続くので、化物が暴れたり銃弾が行き交うような派手さが無くても非常に面白かったです。


 暴走列車の悪魔的勢いの凄まじさや、止めようと苦心する人々の無力さが上手く出てましたし、こんな事態になっても株価や保身を考えている経営者や管理職の駄目さ加減とか、本気で嫌悪感感じるほど良い味出てますw


 何処までCGなのか分りませんけど、実際に列車を線路上を走らせて撮影しているように見えますし、相当お金と時間が掛かったんじゃないですかね?鉄オタにはある意味最高の映画かもしれない。




 結局最後は主役である2人の男が列車を止める事に成功し、誰も死なずに済むハッピーエンドの映画なのですが、2人が必死に止めようと身体を張る終盤になって何故か涙目になってしまいました。


 2人の英雄的行動に感動したのではなく、これがトニー・スコット監督の遺作になってしまったんだなって、実感したからかもしれません。正直理由を上手く説明出来ない涙でしたね....




 よくあるパニック物でベタな作品だと言われれば、そう、その通りだと僕も答えますが、緊張感のある映画はこう撮るべきと言う御見本のような作品なので観て損は無いでしょう。


 題材さえ揃えればこれだけの映画が撮れる監督でしたし、やっぱりまだまだトニー・スコット監督の映画を観たかったですね........




 改めてご冥福をお祈り致します......(-人-)









 関連過去記事


posted by lain at 20:58北海道 ☔Comment(0)映画