なかなか報われない男の旅が終わった...「エージェント6」/トム・ロブ・スミス/田口俊樹(訳)/新潮社/2011年/小説/感想

 巨大な社会主義国であった”ソ連”と共に生きた”レオ・デミドフ”の三部作に渡った苦悩と悔恨の物語が終わった。

レオとライーサの別れが辛い....


 1作目の「チャイルド44」では、国家を愛する公僕としてどんな事もやって来たKGB捜査官のレオが、初めて国家の規範から外れ自らの意思に従い連続少年殺人事件の犯人に迫ってゆく内容で、テーマ自体は重苦しいですが次々と問題が発生してゆくなかをレオと奥様のライーサが切り抜けてゆく様がスリリングで最後まで楽しめました。

 2作目「グラーグ57」になると、派手なエンターテイメントとして描きつつ、ソ連の社会機構の問題点を更に掘り下げており、ミステリーではなくレオとその家族が否応無しに歴史の渦に飲み込まれてゆく人間ドラマとして深い作品へと成長し、完結編である今作「エージェント6」はその集大成である事に恥じない素晴らしいバランスで危うい当時のソ連情勢とレオの深みのある愛が語られました。

 

 このようにこのシリーズは全編通してソ連の黒歴史を描いており、その歴史に身を置いたレオは、さながら十字架を背負い”ヴィア・ドロローサ(悲しみの道)”を歩いたイエスのようでもあり、自分や人々の業を背負い足掻く姿は毎度痛々しくて本当に辛かった。

 国の行き過ぎたやり方に誇りを持っていた自分の愚かさを学び。本当の親の仇である自分を許そうとしない娘達へ贖罪しようと身体を張り。ようやくレオが妻の”ライーサ”や娘達と掛け替えの無い絆を手にした時の感動はひとしおで、ここに辿り着くまでに失った命と時間の貴重さを思うと、最後の一文字を読む頃には自然と涙が出てしまった。最後に彼の傍らにあの人が居ないのが可哀想で仕方無い......人が人として人を愛する事の難しさこそ、この作品の真髄でしたね。



 なんか面白そうだけど洋書って読み難そうだしな〜と、もしもまだ読んだ事が無いのら、僕なんかの感想より3作全ての翻訳を担当した”田口俊樹”さんが『エージェント6』に書いた素晴らしいあとがきを読んでから『チャイルド44』を手に取ってもらいたい。本書は田口俊樹さんの絶妙な訳があってこその読み心地でもありました。本当にありがとうございました田口さん。



 トム・ロブ・スミスさんありがとうございました。また新たな物語で御会いしたく存じますペコリ
posted by lain at 07:04北海道 ☔Comment(0)小説

あさだとらをはびーえるさっか...φ(・ω・*)カキカキ『DRAMAtical Murder』/浅田寅ヲ/ビーズログコミックス/エンターブレイン/2013年/BL/感想

 10数年前までの僕は、好きな作家の本は残さず発売日をチェックし絶対に買い逃さないようにしていましたが、最近は本を置く場所にも困るようになった事もありそんな執着も薄れしまいました。

 ただ、あえて気付かないなら気付かないままにいておけば買わずにすむだろうと思いつつ、結局毎週末はしっかり新刊の平積みだけはチェックしていたりするからなかなか本を減らせない。

 先週末に見つけた”浅田寅ヲ”のBL本もそんなつい買ってしまった罪本の一冊だった...

写真-1.JPG

 浅田寅ヲがBLを描くのか?

 BLで固められた新刊スペースで彼の名を見つけて正直驚いた。

 商業誌に出て来てからの寅ヲさんしか知らないので、先鋭的なコマ割りが逆に読み難い&独特なキャラ絵の存在感が半端無い人っていう印象しかなく、確かに美形キャラは描いているけどBLにはアクが強過ぎる作家さんな気がしてならなかった。実際には以前からBLを描いていたと知って驚きは倍増しましたww


 寅ヲさんの別ネーム名義の同人誌にまで手を伸ばしていた人には何を今更な話ですが、読んでみると普通にBL漫画で面白かったです。

 近未来の日本にある架空の島”碧島”を舞台に、主人公が”ライム”と呼ばれる電脳バトルゲームに巻き込まれてゆくお話なのですが、寅ヲさんらしいフォントや吹き出しの使い分けの描写が上手いので、混乱し易いSF設定も自然と受け入れて楽しめるのが良いですね。

 そう言った情報量の詰め方が多い事が仇になってコマ割りに若干の難がある気もするのですが、不思議と読めてしまうのが寅ヲ節だと割り切ってしまうのが吉なのかも知れませんw

 
 それにしても完全に浅田寅ヲ作品に見えるほど、原作である女子向けゲームのキャラデザインは個性的ですね。流石はNitro+の関連ブランドといったところでしょうか?

 今やBL要素を無視出来る業界は何処にも無いのだと、つくづく実感する今日この頃です。


 
  (= ワ =*).。oO日本経済の復活の鍵は、女子が握っているのですよ.....




 DRAMAtical Murder公式HP http://www.nitrochiral.com/game/dmmd/

 

あのアーティストは今...『ソラミミ』

 浮き沈みの激しい音楽業界では、毎年幾百幾千の音が夢見る事で呼吸している人々の手によって産まれ、消えてゆく。


 それはあっという間の流れ星。その瞬きに気付いた人達がどれだけ居たかによってその名が残るかどうかが決まって来る。


 だが、他の誰もが気付かず通り過ぎてしまったからと言って、全く価値が無いかと言えばそんな事は無い。華も無く、売る力も無く、貪欲さも足りず、素朴な実直さだけが取り柄だとしても、わずかでも誰かの心に届いたならば立派な音楽だ。


 ウォークマンに入れた膨大な曲をランダム再生中久々に耳にしたこの曲を聴いて改めてそう思った。





 歌が上手いわけでも無く、歌詞が洗練されているわけでも無い。


 楽しくなる歌でも無いし、勇気付けられる歌でも無い。


 けれど後を引く切ない残像が一度聴いたら心にこびり付いて離れ無いほどしっくり来る。


 錯覚かもしれないセンチな想いがたっぷり詰まった彼等の曲は、思春期の頃の名前の付けようが無い想いを呼び起こさせる。不器用で上手に想いをコントロール出来なかったあの頃を...


 今もそんなに上手じゃないけどねw




 歌を通し自らの探し物を続けるのがアーティストだと言うのなら、荒削りでも真剣に歌と向き合う彼女達は間違いなくアーティストだった。


 音楽性もビジュアルも地味だったけれど、音楽への姿勢が本当に好きでした。


 解散してから7年以上経ってしまいましたが、どんな形でも彼等が音楽を愛し続けていたら嬉しいです。



写真.JPG


 それにしも、ちょっとやそっとの「好き」じゃ長く続けるのが難しい音楽業界の厳しさを思うと、何十年も音楽活動をしている人達がモンスターに見えて来ますね... (= ワ =*;)
posted by lain at 06:55北海道 ☔Comment(0)音楽