アメリカンジョークもほどほどになっw『Jimmie Johnson's Anything With an Engine』/Isopod Labs/2011年/PS3/XBOX360/Wii/ゲーム/感想

 誰かと競い合っているわけでも無いけれど、僕は日頃から日本じゃお目にかかれないバカパクなアメリカ産ゲームに目を光らせている。

 ベーリング海で蟹漁を体験出来る「DEADLIEST CATCH」や、ギタコンでゾンビを倒してゆく「Rock of the Dead」、ペイントガンで相手チームを制圧しつつ相手陣営の旗を取り合う実際にアメリカで行われている競技を元にした「NPPL Championship Paintball 」シリーズなど、日本人に馴染みが無いジャンルだから新鮮さを感じてしまうゲームがある為ついついチェックしてしまうのです。

 無論ゲームの出来が良いかどうかは正直微妙ではあります。ゲームのシステムが複雑で全て英語だから速攻で放置する事もあるし、完全につまらないクソゲーも多い....

 で、このジミーなんちゃらさんを担ぎ出したマリオカートなレースゲームも、その類に洩れずクソゲーだったわけ♡ゞ(*ゝω・)ノ




 アメリカ人は兎に角色んな人をヒーローに仕立て上げるのが大好き。料理番組の素人おばちゃんから、宝くじに当選した人まで、まったくプロと言えないような人まで勝手に持ち上げて↑は落とす↓

 そんな気軽さで誰かをヒーローにしたゲームを作ってしまう御国柄がなんともおめでたい話だと思わなくも無いが、 日本でも本業じゃないところに顔を突っ込む芸能人もいるし、アメリカだけに限った事じゃないけれど、あまりの馬鹿馬鹿しい持ち上げ方には勝てる気がしないw


IMG_5928_convert_20130331073915.jpg

 この↑にこやかな普段着男の名は”ジミー・ジョンソン”(Jimmie Johnson)

 ジミーおじさんはNASCARと言うストックカーのレースで勝ちまくってたドライバーだそうで、向こうではかなり有名人らしい。パッケージやゲーム内の姿からは、ネクタイも必要無いIT関連企業でのらりくらりと働いてる髭もじゃおっさんにしか見えないんですけどねw
 
 普通にNASCARを観ている人ならともかく、ぱっと見こんなオーラの無い人を有名人だと思えないですし、ググるまで僕はこういうなんでもありなカートレースのチャンプなんだなって、勝手に納得してましたからwwwアメリカ人はジョークみたいな娯楽に真面目に取り込んでるから有り得そうでしょ?ww



 ところでこのレースゲームでのジミーおじさんはボス的なアレで、ある程度レースを勝ち進んでいると彼と戦う事になるのですが兎に角速いので、難易度を最低にして最善のコース取りで攻めても神懸かり的な追い上げで追いつき追い抜いて来るからたまらない。

 結局最後は運任せでしか勝てない仕様なのであるエッヘン


 こんな理不尽なボスだけが問題ではなく、コースのレイアウトや他のキャラのCPUも大味。やっぱりむちゃくちゃな勢いで追い上げて来たかと思ったら、おかしなところでミスするし、ゲームバランスなんてあってないようなもの...


IMG_5929_convert_20130331073940.jpg
※こういうドライバーデザインは嫌いじゃないw

 ジミーおじさんを釣りに使うだけで、こういうソフトがアメリカじゃ馬鹿売れしちゃうんですかね?買った人達が集団訴訟起こしたりしないんですかね??訴訟大国ですしw

 

 そんなわけで直ぐ飽きちゃうし馬鹿さ加減は開いた口が塞がらない勢いだけど、物珍しさで遊ぶ分には面白かったかな?ロードも速いしwwフルプライスじゃ絶対買いませんけどね♡



 つくづくマリオカートって偉大なんだなぁ〜と思いましたね。

 同じヒゲならジミーよりマリオおじさんですなぁ♪ (= ワ =*)




 ※ちなみにPS3版だけリージョンフリーで国内機で遊べます 
posted by lain at 08:06北海道 ☔Comment(0)ゲーム

風景写真まとめ。

 ちまたじゃ〜桜が散り始めてるところもあるらしいですが、北海道は絶好調に寒いです(真顔

 流石に道路の雪は融けて来ましたけど、道路傍や歩道では山のような雪達が今や遅しと雪融け待ちしてる次第....

 

 だから全然写真撮っても春らしく無いんですよね(o´□`;)トホホ

すっごい寒いけどいってきます....






労働の後の夕陽は格別だなぁ...


これから冬が始まる勢いで雪です・・・・


今日も一日お疲れ様でしたo┐ヘコリ


みんな!桜に現を抜かしてないで、冬を思い出すんだっ!!


ただいま。意外と月が綺麗な夜



 早く色鮮やかな花々を撮らえる事が出来る、暖かな日々が来て欲しいものだw
posted by lain at 21:24北海道 ☔Comment(0)写真

欲張りマーヤの新境地♪「シンガーソングライター」/坂本真綾/2013年/flying DOG/音楽/感想

 我らが歌姫”坂本真綾”が作詞だけでは飽き足らず、とうとう全曲作詞作曲しちゃった『シンガーソングライター』が発売されました。

聴いております♪
 

 流石に一度に大量の作曲は難しかったのか、完全な新曲と言える曲は全10曲中8曲に留まっており、少々物足りなく感じるところもあるものの、真綾が試行錯誤しながら作曲する姿やレコーディング風景等を収めた初回限定DVDの出来が良くて面白いです。

 自分のボンヤリしたイメージを他の誰かにハッキリと輪郭の見えるものにして貰うのは、とても難しくストレスの溜まる事だと思うのですが、初回DVDのドキュメンタリー映像を見る限る、そんな壁さえ程よい緊張感でしかないようで真綾は凄く楽しそうで活き活きしていました。機器のセットが上手くいかない機械音痴っぷりも可愛かったしww

 彼女を支える優秀な方々とのやり取りも良いムードでしたし、本当に真綾は人間関係に恵まれた環境があったからこそ、ここまでの存在に成り得たのでしょうね。

 勿論、あえて全曲作曲と言う難しい選択肢を選び、自らのモチベーションを上げて見せたデビュー当時からブレない向上心溢れる姿勢が真綾の中にあるからでもありますがw

 そして、そんな彼女だから今でも好きでいられるのだと思いました♡




 さて、とりあえず一通り聴いた感想としては、自分の作った曲に自分が歌詞を付けるというだけで、こうも雰囲気が変わるものだろうか?と、2曲目の「サンシャイン」辺りを聴きながら感じました。無論、アレンジして貰う段階でかなり当初とは違う印象の曲に仕上がるわけだけど、今までの「誰か」のイメージに自分を合わせてゆくスタイルよりは、当然ナチュラルな坂本真綾と言う人間を表現出来ているからなのかもしれません。

 とは言えまだまだよちよち歩きで周りに手を引かれながらの手探り作曲でしか無いのは否めないわけで、ここからまた一歩一歩音楽と生きる1人のアーティストとして成長してゆく姿がこの先見れる事を期待したいですね♪





 打者と投手の二刀流でデビューした日ハムの”大谷”君と時を同じくして始まった真綾の二刀流。

 僕の知る限りでは作詞作曲に手を出して成功し続けた声優さんはいない気がするので、真綾には新たな前例を作ったパイオニアとして記録にも記憶にも残ってもらいたいものだ♪(【゚ー゚】)♪




 ちなみに、僕はこの曲よりアルバムタイトルでもある「シンガーソングライター」と言う曲が、今回のアルバムを作った真綾のストレートな気持ちが出ていて好きですね♡




 坂本真綾公式サイト http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/
 flying DOG http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/-/Discography/A008957/VTZL-60.html


 
 関連過去記事

  『逢えて良かったと素直に思える女性になった「坂本真綾 LIVE 2012 TOUR "ミツバチ" 札幌市民ホール」/LIVE/感想』

  『君はミツバチマーヤに何を想ふ?「シングルコレクション+ミツバチ」/坂本真綾/2012年/flying DOG/音楽/感想』

  『♪き〜みは〜ある〜いてぇ〜くぅ〜↑『モアザンワーズ』/坂本真綾/菅野よう子/岩里祐穂/2012年/flyingDOG』
posted by lain at 21:42北海道 ☔Comment(0)音楽