脱力系Bミステリー第2弾!「死亡フラグが立ちました! カレーde人類滅亡?!殺人事件」/七尾与史/宝島社/2012年/小説/感想

【死亡フラグ】

 映画や漫画、ドラマなどで近い将来に登場キャラクターに死亡を予感させる伏線のこと。キャラクターがそれらの言動をとることを「死亡フラグが立つ」という。


※作中冒頭より
 

 
 狙った獲物は絶対に仕留める殺し屋”死神”の魔の手から辛くも逃れたB級雑誌(都市伝説やらオカルトやらが載ってる)「アーバン・レジェンド」の編集”陣内トオル”だが、死神をネタにして書いた記事は国家権力様の圧力でおじゃんになり雑誌の存続も危ぶまれ、お前なんとかしてこいやー!と美人編集長に言われ丁度「マヤの予言」人類滅亡の話について調べ始めるのだが、またも有り得ねえと何度呟いても足りないぐらいの出来事に見舞われる事に......




 陣内&本宮さんが事件解決に奮闘する御馬鹿なB級ミステリーの2冊目突入で、しっかりシリーズへと発展した死亡フラグが立ちました!ですけど、今回も真面目に読むだけ無駄なご都合満載でニヤニヤしながら読ませてもらいました( ´,_ゝ`)ニヤリ

 前作より更に読者を意識した狙いが露骨なんでが、もう前回ので免疫が出来ているので僕は楽しめましたけど、本書からこのシリーズを読み始めた人はどう思うんでしょうね?

 それでなくとも今回は本物の魔女が相手ですし、ミステリーじゃなくてファンタジーの域に入りつつあるような内容ですから、受け付けない読者も多そうな気がしました。ただそんな読者の声を代弁するようなキャラも出て来るので、キャラ読みする方なら続編である本書からでも楽しめるかもしれないw



 とりあえずミステリーらしい展開もちゃんとあったし、魔女を擁する悪の組織があんなメンツなのも意外性があって面白かった。何より予想通りに今回も本宮さんの万能っぷりが可笑しくて楽しいんですよね♪国家権力様が作ったAIとのふざけた会話も実に笑えたなぁwwwあんな状況でカレーを食べようとするところとか、もうどーでも良いくらいに好きです♡∵ゞ(≧ε≦● )プッ

 働き詰めで眉間に皺をよせてるそこのあなたっ!これ読んで肩のチカラ抜いたら良いですよ(*ゝ∀・*)b
 

 
馬鹿過ぎて大好き♡



作者HP

http://nanao-yoshi.cocolog-nifty.com/blog/

Twitter

https://twitter.com/nanao_yoshi




関連過去記事

氏曰く、「殺し屋は男のロマン」 『死亡フラグが立ちました!』/七尾与史/宝島社/2010年/小説/感想
http://lainblog.seesaa.net/article/317360392.html
posted by lain at 07:26北海道 ☔Comment(0)小説