刻を越えて描く事の難しさが痛い...『グスコーブドリの伝記』/杉井ギサブロー(監督)/宮沢賢治(原作)/手塚プロダクション/2012年/映画/アニメ/感想

 若くしてこの世を去るまでに、大地と懸命に生きた自分の分身を文字に残した”宮沢賢治”

 僕の不勉強から彼の非凡さが本物なのかどうかは見極めようがないけれど、多くの人に愛されて来た事を物語るように、その名が上がらない”今日”は無い。


 
 僕のように詳しく無い人は、小説家か何かだと彼の事を分類しているかもしれない。だが彼は”詩人”であり”童話作家”で、周囲に理解されない病気がちな自身の経験がダイレクトに作品に伝わっているため、無力な人間が一方的に残酷なチカラに翻弄される作品が多く、作品世界に触れた後は虚しさばかりが残る事が多い。

 だからどんなに可愛いキャラクターで宮沢賢治作品をアニメ化しても、何処か生々しい重みがあるんですよね....


 なので必然的に扱いの難しい作品性が災いして、実写の映画も少なくアニメ映画でさえ過去に3作しか作られていない。去年公開された『グスコーブドリの伝記』でさえ15年以上ぶりのアニメ映画でした。



 80年代に『銀河鉄道の夜』を”ますむらひろし”さんが独自の介錯で漫画化したものを圧倒的な存在感で描ききった監督”杉井ギサブロー”さんが、もう一度”ますむら”さんの猫キャラで宮沢作品を手掛けた今作でしたが、残念ながら誰の想い通りにもいかなかった様子...

 賛否ある猫キャラへの置き換えもすっかり定着して可愛いいし、幻想的な空間が緻密に描かれていて素晴らしいのは素晴らしいのだけど、CG処理の甘さから背景と登場人物のマッチングが怪しかったり、ほぼ原作に沿った展開ではあっても抽象的な表現に改変しているため、非常にストーリーが伝わり難いものになっていて、観終わった後で何に焦点を当てた作品だったのかがボヤけてしまっていて勿体無い感じがしました。


 それから毎度のことながら、声優が本職ではない芸能人を起用しているせいで、全く主人公のブドリに感情移入出来ない為、ブドリの境遇に哀しむ事が全然出来ません.....

 何故にこうなったのか?......


 ラストに流れる”小田和正”さんの『生まれ来る子供たちのために』と共に、ブドリと妹のネリの姿がプレイバックされるところだけを観ていた方がよほど胸が熱くなりました。ここだけ本編とは空気が違いましたからw
 

 そんなこんなで全体的に間延びしていて”ちぐはぐ”な印象だったグスコーブドリ。

 杉井ギサブローさんが高齢である事も原因の一つかもしれませんが、改めてその時代を生きた人にしか書け無い重みが宮沢作品にはあって、年月を越えて彼の作品を蘇らせる難しさを感じさせる結末だったと思います。

 

 要所要所で目を見張るシーンはあったので、なんとも歯痒い映画でした|ω・`)
 


 公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/budori/


 関係過去記事

  『猫と賢治と河森と...「イーハトーブ幻想〜KENjIの春/河森正治/1996年/アニメ/感想」』
posted by lain at 07:14北海道 ☔Comment(0)アニメ

王道は普通に面白い『ヒューマン・ターゲット』/マックG(製作)/スーパードラマTV/FOX/2010年/海外ドラマ/感想

 録り溜めして後回しにしてた、訳ありの凄腕ボディーガード"クリストファー・チャンス"が、自らの身体を張って依頼人を護るために活躍する海外ドラマ『ヒューマン・ターゲット』のシーズン1を觀終わりました。

 

 マックGが手掛けるアクションドラマなので、軽快なテンポで派手なアクションが展開して普通に面白いです。
 
 奔放で金に成らない仕事ばかりを引き受けるチャンスに振り回され気苦労の絶えない元警官の”ウィンストン”と、チャンスの元の職場からの知り合いでゲイじゃないかと疑いたくなるほど彼の言う事にだけは従うマジキチの”ゲレロ”の手を借りて、必ず警護対象を護り切るチャンスは典型的なのアメリカンヒーロー。主人公がほどよく汚れな過去を引きずっていて、直ぐに”プランB”のクセに最後にはなんとかしてしまうご都合さを持ち合わせているのはアメリカのお家芸ですよね。1話を観ただけでも分ると思いますが、彼等の人脈が便利に豊富過ぎて笑えて来る時が多々ありますw


 そんなわけで、チャンスの過去について以外は1話完結で進み全体的にスタンダードな作りなのですが、派手なアクションと軽いノリの割には意外とスケールのデカイストーリー展開になってゆくし、何をしでかすか分らないゲレロのキャラクターも最高に面白いので思わず次々と観てしまうのがヒューマン・ターゲットな感じ。何度も言いますが、普通に面白いんです♡




 ただ、残念ながらシーズン2で打ち切りになったそうな。

 おそらく予算が掛かり過ぎたのでしょうね。いくらCG技術が進歩しても毎度映画1本撮れそうなド派手アクションを繰り返していたら、幾らお金があっても足りなくなる事でしょう....



 いつも思うんですけど、アメリカのドラマってアクションに使う車や部屋の家具だとか、豪華過ぎるんですよねwアメリカンドリームなきらびやかな表現を抑えれば、相当安く済みそうな気がします。

 でも、日本のドラマみたいに質感に拘らないセットの安っぽさに比べればマシか.....┐(;´(エ)`)┌



 スーパードラマTV番組紹介 http://www.superdramatv.com/line/humantarget/

国内XBOX360版最後のウイイレに一喜一憂「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2011 」/コナミ/2011年/XBOX360/ゲーム/感想

『今2013年ですよね?』

とか聞かないで下さい。XBOXじゃ2011以降出てませんから国内で….



 しばらくまともにサッカーゲームを遊んでなくて、久し振りにみっちり楽しめるマスターリーグのモードで遊び始めたら止まらなくて困りましたw

 現代から過去にいたるまでを網羅した選手達を集め、夢のチームを作りあげる事が出来るマスターリーグは、選手の成長要素があるのでPS2で遊んでいた頃なんて年中ウイイレだけを遊んでいたわけですが、当時と変わらず飽きない面白さがありますね♪

 更に新しい(僕の中では2011は新しいキリリ)マスターリーグはコーチやスカウトの人選から、下部組織からの若手投入、スポンサーとの契約内容を気にした選手起用まで考えたゲーム性が追加されており、シミュレーションゲームとしても実に面白いものに生まれ変わっていました。選手の年俸をケチると色々と弊害が出てしまうとか、面倒なのに面白いですww


 ただし、残念ながら肝心の試合中の挙動や操作性はあまり向上しているとは言えないので、良くなったと感じる部分よりストレスに感じる部分が多いです。サーチパスなのにシビアな時があったり、フリーキックが全然決まらないのは我慢出きるとして、ほとんどが運によって決まるPKまで難しくなっているのが良く分りません….

 他にも眼の前にこぼれ球が来ても、マーカーを移動していない選手が動き出さない場面などもあり、なんでそこで見てるだけなんだよっ!と、TVに向って悪態をついてしまいましたwついでにカーソルを完全手動に出来なくなった事も僕的に不満です。

 あと少しここをなんとか….と、思うところが多くて勿体無いですねウイイレシリーズは。個人的にはウイイレのゲームモード好きですし、頑張って欲しいんですけど、新しい2013もかなり評価を落としていますし、まだまだコナミ製サッカーゲームの混迷期は続きそうだ….




 追伸、海外版ウイイレ2012が激安だったので買いました...

XBOX360の国内版が出ないから海外版ウイイレ買った...


 |エ)・`)<ちなみにリージョンロックだから北米箱必要だよ



 ウイイレ公式WEB http://www.konami.jp/we/index.php5
posted by lain at 22:11北海道 ☔Comment(0)ゲーム