”風雲児” こんな呼び名がしっくり来る世間から浮いた漢が”飯野賢治”

 先週”飯野賢治”氏が亡くなった。まだ42歳と言う若さだった事に驚きました。

 『Dの食卓』が発売された頃まだ20代だったんですね、飯野さん.....



 新時代の到来を感じさせる3Dポリゴンをふんだんに使ったゲームを楽しめる夢のマシン(になるはずだった)3DOの知名度を一気に押し上げたアドベンチャーゲームで、それまでのテキストアドベンチャーには無い映画的表現でドキドキを体験させてくれました。

 しかし、セガから出ていた同種の『夢見館の物語』等に比べるとMAP移動の自由度は低く、制限された空間を視点移動で調べる操作性はまったりしていて、今遊ぶとストレスを感じる場面が非常に多い。あくまでもインタラクティブムービーとして楽しむ事をメインに考えられた作品でしたね。

 Dの食卓が発売された当時、まだ学生だった僕にはインタラクティブの意味もあやふやなのに美麗なCGを多用したゲームが遊べる3DOに単純にすげぇー!と興奮していたわけですが、その驚きと興奮をくれたワープの代表”飯野賢治”の風貌や発言の過激さにはもっと驚かされました。


 良いものは良い。

 悪いものは悪い。


 そんなハッキリした思考の展開も非常に魅力的で、その後発売されたまったく目に見えない敵を音を頼りに倒さねばならないSFパニック物の「エネミーゼロ」や、まったく画像の無い音声オンリーのアドベンチャーゲーム「風のリグレット」のような奇抜な作品も、ゲーム界の常識にとらわれない発想の持ち主である事の証しでした。

 ただ、エネミーゼロは現代の親切設計なゲームに比べるとゲームバランスは破綻していたし、風のリグレットもゲームと言う枠に収めるには革新過ぎて当時の評価は荒れていましたね。でも、そんなお客に厳しい無骨なラーメン屋の親父気取りな飯野氏が何故か憎めなかった。一癖も二癖もあるのにしっかり心に残る物を作る為、誰もやらない事を彼ならばやってくれるかもと、思わず期待せずにいられない非凡な才能に溢れた方だったなぁ....




 そんな飯野賢治氏が、もっとも拘っていた”音”


※OPの静かな曲がめっちゃ好きです♪


 五感に働き掛けて想像力を刺激する音作りをしているので、ゲームの世界観に没入させてくれる事は勿論、攻略にも重要な役割を果たす音のポジショニングが素晴らしい。

 今のように電子機器の性能が増した今こそ、音の変化を豊かに表現できるはずですし、ゲームの進行に音を重視したコンセプトを導入するのも良いかもしれない。



 日本ではソーシャルゲームが謳歌し、海外ではFPSばかりの似たようなゲームが大量生産される現代で、飯野賢治のようなタブーをタブーと思わない才能こそ、今必要とされる人材なのかもしれませんね....



 ご冥福をお祈りします...(-人-)合掌




 追悼関連記事

   追悼・飯野賢治さん NHK「クローズアップ現代」が96年のインタビューをブログで公開

   ゲームクリエイター飯野賢治が42歳で急逝:カレーや落書きの追憶

   飯野賢治氏が代表を努めていた”株式会社フロムイエロートゥオレンジ”のコメント

   飯野賢治がくれたもの「悪いところは直さなくていいんだよ」 R.I.P eno kenji 【世永玲生 @reosucker】@maskin

   
posted by lain at 22:08北海道 ☔Comment(0)雑記

得てして大物はいつの世も我が侭である「The Age of 27〜ケーシー・ストーナー27年の軌跡〜」/日テレG+/スカパー/MotoGP

 あらゆるプロスポーツ選手が絶対に避けて通れ無いのが『引退』


 怪我や人間関係のごたごた、最後には戦力外通知を受けて引退を仕方無く受け入れる人もいる。


 だから彼等選手の苦悩も知らずテレビやスタジアムで鑑賞している僕らと、とうの選手達が望む引退のカタチは相容れない事も多々あり、お互いに満足感のある引き際を迎える事が出来るのは稀な事。


 昨シーズンをもってMotoGPの世界から去った”ケーシー・ストーナー”もそんなすれ違いを感じる引退を残していった人の1人だ。




  最高峰クラス史上4人目の勝利数を誇るストーナーがまだ27歳という若さで脂が乗り切ったまま去るというのは、正直勿体無いと思う半面、綺麗な終わり方としては最高の引退であるとも思う。


 世界最速を競う2輪最高峰のレースで1度でも世界チャンプになった男が、何年もダラダラと勝てないレースを続ける姿など誰も見たくないだろうし、最高のパフォーマンスを発揮出来る年齢で幕を下ろすのはハッキリ言って格好良い。


 だけど、彼の自由意志で大きな舞台から降りる事なんて、もうしてはいけないレベルまで彼は行き着いてしまっていたわけで、お世話になったチームスタッフからスポンサー、しのぎを削ったライバル達への責任、そして彼が誰よりも速くチェッカーフラッグを受ける為に犠牲にして来た”マシン”達への恩返しがまだな気がして、どうにもストーナーの我が侭を許せない自分が居ます。


 ストーナーほど転んだ分だけ速くなったライダーは居ないんじゃ無いですかね?




 純粋に速さを求めて駆け抜けたストーナーにとって、ロッシを特別視した組織の姿や、ワークスとサテライトの待遇の差等、大人の事情が渦巻く最高峰クラスはあまりにも汚れた世界に見えてモチベーションを維持出来なくなったと言うところもあるのかもしれない。


 窺い知れない彼なりの答えですし、他人がとやかく言う事でもありませんが、まだまだ走れるのに走るを事を放棄する彼の引退は本当に寂しいですね....




 彼は今年からは地元オーストラリアのV8スーパーカーの下位カテゴリーで参戦し、四輪レースの世界へ挑戦するそうです。新たな舞台でもえげつない速さを見せつけてくれるのか非常に興味があるところですが、ロッシが現役のうちに、MotoGPへ復帰するとか言って周りを振り回すくらいのストーナーも見てみたい。


 兎に角どんなカテゴリーでどんなマシンに乗ったレースであろうとも、いつまでもドゥカティの暴れ馬を駆っていた2007年のチャレンジングな生き様を忘れずにいて欲しいものだゞ(*ゝω・)ノシ






 ケーシー・ストーナー公式HP http://www.caseystoner.com.au


 日テレG+番組紹介ページ http://www.ntv.co.jp/G/motorsports/motogpstoner/



 ※引退特番は3月3日と3月27日に再放送予定。

僕もいつかは....『猫なんかよんでもこない。』/杉作/実業之日本社/2012年/漫画/感想

 今日2月22日は猫の日だとか盛り上がっていたけれど、僕は猫を飼った事が無い。


 犬は野良を2匹ほど外で飼っていた事が子供の頃にあったけれど、家の中で動物を飼いたく無い家族の反対があったり、何より「自分達」より先に逝ってしまう事を思うと、犬を飼い始めほんの数年で失った記憶が鮮明に蘇ってしまい、どうしても及び腰になってしまいます...


 そんな情け無い僕にとって、”杉作”さんの描く猫との素朴な生活の温かさは羨ましくて仕方無かった。

猫の日の1冊。


 猫の行動一つ一つの意味や面白み、それに対する人間の愚かな反応まで、作者の杉作さんが身を持って経験した内容が面白おかしく描かれており、とても微笑ましい♪しかもそれだけではなく、杉作さんの作品はどんなに分り合えているように思えるペットでも、やはり完全には分り合えないものだと言う事もしっかり描かれており、だからこその切なさや愛着がしっかり伝わって来るのが素晴らしいと思います。

つぶらな瞳に乾杯♡

※つぶらな瞳がたまらなく愛らしい...

 
 漫画家として芽が出た代表作『クロ號』の誕生秘話とも言える、猫との出逢いを描いた自伝(?)漫画『猫なんかよんでもこない。』では、杉作さんが今までの作品に込めた想いの全てが詰まっていたので、あとがきの言葉を読んでいる最中に涙が止まらなくなってしまった。

 ちゃんと哀しい事を哀しく描けるって事は、それだけ飼い猫を愛していた証拠なんですよね....

 

 どんなに別れが辛くても、いつか本当の家族になってくれる猫を見つけたい。

 杉作さんの猫に対する素直な気持に触れると、いつもそう心に誓う僕が居ます。


 それが人間の自己満足でしかなく、愛でも友情でも無くて良い。

 ただの腐れ縁でも一緒に居てくれるだけでホント嬉しいんですよね、僕ら人間はw


 これからもダメダメな僕らに飴とムチを提供し続けて頂戴猫さん達♡(^・ω・^)ノ〜



 作者HP http://www9.ocn.ne.jp/~sugisaku/

 作者ブログ http://sugisaku.at.webry.info

続きを読む

posted by lain at 23:00北海道 ☔Comment(0)漫画