何に使うのか初めて知った夜....

 同じ旭川に住んでいて、ちょくちょく子供を預けに来る姉からメールが来た。

 『”新潮文庫”と”講談社文庫”のカバーに付いているマークを良かったら頂戴』みたいなw


 正直あまりまともに話をしないし共通の話題も無いのだが、僕が本を山のように持っている事を知っての頼みだったのだろう。合わせて17枚あったとメールで伝えたら、可愛い絵文字で”ありがとう”と返された....

 なんか、悪い気はしない自分が嫌だ( ☣_ゝ☣)


 しかし洗いざらい探した割に17枚なわけだけど、正直”新潮社”と”講談社”の文庫はあまり持って無いんですよね。中古で買う事も多いので既に切り取られていたのもあるし、講談社はノベルスで買ってしまうので文庫落ちした作品を買う場面が少ないのが大きな理由かもしれません。ノベルスなら数え切れないほどあるんですけどね、主に”森博嗣”作品でwww 

 
 で、そんな物何に使うのか気になってしまい、姉に聞くのも癪なのでググってみたのですが、特に特別な話では無く普通に懸賞に使うだけでした.....

 講談社は何かしらのタイアップでブックカバー等のグッズを定期的にプレゼントしており、新潮社は自社のマスコットでパンダの”Yonda”グッズをマークの枚数に応じて抽選プレゼントしているようです。


 新潮社商品紹介ページ http://www.shinchosha.co.jp/bunko/yondaclub/

 講談社はこんなのだったりするらしい→ http://zih.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-5bc9.html




 僕もその昔懸賞に夢中の時期がありましたが、今は完全に興味無かったので全然知りませんでした....

 僕だけじゃなくて結構知らない人多そうな気がするw

 ていうか知らない人間が少数だったら切ないなぁ......('、3)_ヽ)_


IMG_4672.JPG
posted by lain at 23:01北海道 ☔雑記