身体は自分が思う以上に雄弁だ「ライ・トゥ・ミー(原題 "Lie to Me")」/FOX/海外ドラマ/感想

 意外と失速するのが速かった気がする『ライ・トゥ・ミー』ですが、始まった当初のインパクトはなかなか強烈だった。



 人の表情や仕草から真実を読み取るプロ集団を仕切る”カル・ライトマン”が、一癖も二癖もある人間達を相手に、嘘を暴いて行く新しい問題解決手法がとても興味深く、実際に起きた事件の犯人の表情などをCM前にフラッシュバックで引用していたのも生々しさを感じさせました。明日からどんな『顔』で生きて行けば良いのか分らなくなりそうなほどに....


 このドラマの研究所並みに警察と密接な機関が存在するのかは知りませんが、こんなにほぼ完全に見抜かれてしまったら、何をするにも息苦しくてたまったものじゃないですね.... ライトマン博士の娘も、よくもまぁあんな先読みしまくりの横柄な上から目線男を嫌にならず、一緒に生活出来るものだわw いっそ彼の私生活がめちゃくちゃになってゆくシナリオの方が、リアルで面白いストーリーになったかもしれないし、シーズン3で打ち切りと言う事もなかったかもしれません。「Dr.HOUSE」みたいな天才の孤独性が欲しかった....

 題材や登場人物が素晴らしかった分、脚本のムラのある未成熟さが少しだけ悔やまれます。



 とりあえす基本一話完結の物語で良かった。これで伏線張りまくりのドラマだったらモヤモヤ半端じゃないですからねw完全に飽きてしまう前に打ち切りと言うのも悪い話では無かった☆(ゝω・)b

 

 FOX番組紹介ページ http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/985