愛したが故に、ビートルズを葬る事になった男達。「僕はビートルズ」/かわぐち かいじ/藤井 哲夫(原作)/モーニング/講談社/2010年〜2012年/漫画/感想

 とても久し振りに”かわぐちかいじ”さんの漫画を読んだ。

 ベタに「沈黙の艦隊」で好きになり、「メドゥーサ」や「YELLOW」等も読んだものの、いつの間にか書店で新刊を手に取らなくなっていました。

 
 では何故今”かわぐちかいじ”だったのかというと、特にビートルズへ思い入れは無いが、シンプルでオシャレな英国のセンスを身に纏った白黒の登場人物が、色鮮やかな楽器を手にしている表紙と、「僕はビートルズ」という飾らないタイトルにビビッと(死語)来たからです。

久し振りに"かわぐちかいじ"さんの漫画読んだ。


 原作は、”かわぐちかいじ”さんが審査員を努めた『第25回MANGA OPEN賞』で大賞を取ったわけですが、あまりにも”かいじ”さんが気に入ってしまって、そのまま自分の物にしちゃったそうな。

 確かにビートルズを愛する者なら絶対ハマる展開ではありました。



 ビートルズが大好きなメンバーが集まり、本人達より上手い演奏と歌でコピーするにまで至った連中がすったもんだ(死語)の末に、なんとビートルズがデビューする以前の日本へタイムスリップしてしまうと言う内容で、正直使い古されたタイムパラドックスを題材にした作品ではあるのですが、相手が国宝級の『ビートルズ』ならば話が違うw

 彼等はまだデビューしていない”ビートルズ”に先んじて、自分達の持ち歌としてビートルズの曲を世に広めようとするわけだが、これはある意味”神”にツバする行為と言っても過言ではないわけで、一応の『理由』があってもコピーバンドの面々はファンとして大変苦悩する事になる。

 その結果見応えのあるドラマを産み落とし、少しでもビートルズの偉大さを理解している者ならば、この先模倣者でしかない彼等が、どうなってゆくのかが気になって仕方無くなる。節々から伝わる原作者や”かわぐち”さんのビートルズに対する思い入れが非常に出ていますね♪



 気持も気合いも充分な「僕はビートルズ」

 彼等の”ビートルズ”が素晴らしいエンディングを迎えている事を信じ、2巻を買いに行こうゞ(*ゝω・)ノ



 それにしても、やはり”かわぐちかいじ”さんは昭和が似合うw


 第25回MANGA OPEN賞選考結果 http://www.e-1day.jp/morning/award_ext/mo25_final.html

 モーニング公式HP http://morningmanga.com/lineup/95

 
posted by lain at 06:55北海道 ☔Comment(0)漫画

近年のルパンを観て思ふ事。

 いつからだろう、ルパン三世に心ときめかなくなったのは?

 
 多分初代ルパンの”山田康雄”さんが亡くなられ、ルパンのモノマネで有名だった”栗田貫一”が役を引き継いだ時からだと思う。

 屋台骨だった山田康雄さんが居なくなっても、既にみんなの心の中で一人歩きしていたルパンと言うキャラクター。そうなると誰が声を当てようが、誰が作くろうが、それなりに形になってしまうわけで、どんどんルパン三世と言うネームバリューが数字を稼ぐ為だけの道具に成り下がっていくように感じて、観るに忍びなくなっていったのだと思います。

 その後”石川五エ門” ”峰不二子” ”銭形警部” のキャストを入れ替えた『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』が気になり観てみたりしたものの、意外と新しいキャストが良い感じなのは分ったが、数十分観ただけでお腹いっぱい....途中で観るのを止めてしまったりもした。



 それでも諦め切れず、いつか観るかと毎回TVSPを録画してしまう僕....

 おかげさまで最近のTVSP『ルパン三世 東方見聞録 〜アナザーページ〜』を倍速ながら最後まで観る事が出来た。コナンとのコラボ以来の3年振りルパンだ。

 面白いと感じる部分のほとんどが使い回されたシチュエーションでお宝と悪役とヒロインが居ればルパン三世の出来上がり。レンジチンするより簡単かもしれないw

 
 でもこの安心感あるスタイルがルパンの醍醐味ではありますね。

 それぞれが自分の立ち位置を知っているキャラばかりですし、新たなキャストもかなりフィットして来ています。

 あとは”小林清志”さんの声は名残惜しいけれど、”次元”役も新たなキャストを迎えるべきでしょうね。どうしても違和感が出てしまうから。
 

 なんでも良いけど今回のは”五ェ門”のパートが面白かったなぁ♪

 相変わらず剣の道に迷走する五ェ門と、その前に現れる謎の爺さんとのやり取りは実に笑えたww

 全部を楽しめなくて、一部分が楽しめたりするからタチが悪いw



 
 サザエさんやちびまる子ちゃんのように終わらない世界を続けるのも良いだろう。

 だが、間延びしたままダラダラ続けるのは死に体だと言われても仕方無い。

 せめて、キャラの性格から作画、声優にいたるまでまで変更したドラえもんのような大きな改変を行ってこそ、新たな熱を呼び込む基礎になる事でしょう。


 また、ドキドキするような野心的ルパン三世が観てみたいものだ.....シミジミ


posted by lain at 10:44北海道 ☔Comment(0)アニメ

雪ばっかりの風景写真まとめなう。

 ふへぇ...もう雪ばっかりだぜぇ.....

 でも冬の雪模様だから見れる風景もあるから、北国での生活は捨て難い♡(ΦωΦ)フフ




リスが雪を蹴散らしておる。


寒いわい


雪がアグレッシブ過ぎ....


雪降るなぁ...


ただいまぁ。雪さんが荒れております....


ただいまぁ。荒れたなぁ今日は....


かえろう。


ただいま。


あったかぁ〜い。。。

posted by lain at 23:02北海道 ☔Comment(0)写真