加齢臭もなんのその!まだまだいけるぜ消耗品軍団!!「エクスペンダブルズ2」/サイモン・ウェスト(監督)/2012年/米国/映画/感想

 とうとう2が公開されてしまった『エクスペンダブルズ』


 今回も平均年齢と血圧が高そうなメンツばかりが揃った


『オヤジのオヤジによるオヤジのための映画』


 になっていますw実際劇場にもお年寄りが多かった.....






 1の時は、こんな高齢のメンツで激しいアクションなんて、かなり危険なんじゃないかと思いつつ、スタローンの全力疾走を頑張れ〜!と応援してましたけど、2は銃撃戦がメインであまり身体を動かすシーンがお年寄りには無かったですねw


 序盤からB球アクション臭がプンプンするなか、ド派手にカーアクションと銃撃戦が始まり、こりゃ今回も面白そうだと観ていたら、その後の接近戦を前回同様”ジェイソン・ステイサム”と”ジェット・リー”が身体を張る感じなんですけど、そこで活躍したジェット・リーが後半出て来ない事にガッカリ...


 聞いた話によると、元々出演が難しいところを、無理してジェット・リーがわずかでも出演してくれたそうだ。エクスペンダブルズの大事な魅力であった、接近戦にアジアのアクセントを与える事が出来るキーパーソンだっただけに、正直彼が居ない後半はレギュラーメンバーの厚みに欠けました。


 彼がいない分を補うためでもないですが、若手の新加入を出して終盤への盛り上げの餌にしてみたり、”ブルース・ウィリス”と”シュワルツェネッガー”の出番がかなり増えており、2人が絡むシーンや、シュワちゃんのターミネーターネタには思わずニヤリとしましたねw


 あと今回限りの出演の、”チャック・ノリス”と” ジャン=クロード・ヴァン・ダム”がたまらない存在感だしてたなぁww


 チャック・ノリスは顔も名前も知っていたんですけど、あまりに地味な顔なんで、正直出演作品を観た記憶が無いんですけど、めっちゃ柔和な顔してえげつない銃撃戦を繰広げるとか、ギャップ萌えも良いといってましたwwwwかなり今回の2で彼への興味が湧きました♪朝から親友だったブルース・リーとの死闘に食い入るほどにw


 


 それからヴァン・ダム!前回は出演を断っていた彼の立ち位置は完全なるラスボスなんですけど、これが最高に悪役が板に付いているんですw多くの作品で共演している”スコット・アドキンス”を従えて、とことん嫌な奴を熱演しています。


 スタローンとの対決シーンは両者とも年齢を感じさせない激しさで、ヴァン・ダムは若い頃そのままの切れ味ある回し蹴りを披露して格好良かった♡


 これだけのメンツをまとめるのが難しいなか、彼とスタローンの因縁がストーリーに一本の道筋を作ってくれていましたね〜。絶対に2のMVPはヴァン・ダムですゞ(*ゝω・)ノ




 主役級をこれだけ抱えて、尚かつそれぞれの見せ場を作るのは非常に難しい事なんだと改めて感じました。


 次回は今回の良かった所、反省部分を修正し、更に平均年齢が上がった”消耗品軍団”に仕上げて欲しいものですね♡



 (´-`).。oO<次はまさかのクリント・イーストウッド....かもw







 関連記事


  『酒に女にバイクにナイフ...それがあればこの男達なら戦える!「エクスペンダブルズ/シルヴェスター・スタローン/2010年/米国/映画」』 http://lainblog.seesaa.net/article/194456754.html
posted by lain at 10:41北海道 ☔Comment(0)映画

小野不由美さんが帰って来た。「残穢」/小野不由美/新潮社/2012年/小説/感想

 待ちに待ち過ぎた「十二国記」の新作の発刊も決まり、9年振りの書き下ろしを2冊同時に出した事も記憶に新しい”小野不由美”さん。

 今回はその書き下ろしの中から、実際に小野不由美さんが体験した出来事をドキュメンタリー風に語った『残穢』の方を読んでみました。

やはり小野不由美さんは良い。


 その昔小野不由美さんが”あの”名作ホラーのあとがきで、読者からの怪談を教えて欲しいと”あとがき”に書いたそうなんですが、それ以来”あの”シリーズが終わってからも読者から多くの、いわゆる恐い話が届いていたそうだ。

 今作は、その恐い話の中でも、不由美さん自身が深く関わってしまい、偶然なのか、はたまた怪異のなせるわざなのか?作者自身が疑心暗鬼になってしまうような出来事に見舞われた事の顛末が記されています。

 これを読めば、何故こんなに小野不由美さんの創作活動が遅遅として進まなかったのかが分るかもしれない.....w


 ドキュメンタリーであるだけに、恐怖の波は穏やかそのもの。まったく霊感が無く、存在そのものを信じていない作者目線での語り口調なのだから、それも仕方ない話w 不由美さんの冷静な分析力と知識前には、超常現象も空模様となんら変わらない感じで、ただ人間には知覚出来ない現象の一つでしか無いとさえ思えて来ます。

 しかし、そんな冷静さを持った不由美さんだからこそ、彼女が裏付ける事の出来ない真実が見え隠れする様が、とても恐ろしい....

 一人の超常現象に戸惑う読者の相談に応え、一緒に現象の元になる『怨』を探す事になった不由美さんが出す結論.....これが地味にリアルでじわじわ来ますw

 けしてオリジナルのストーリーでは無い本書は、小説と言っていいかどうか疑問だけど、連鎖してゆく恐怖の伝染力に、気付けば背筋が寒くなっている展開は秀逸。

 一人夜中に読んだりすると、思わず冷蔵庫のコンプレッサー音にまで敏感になってしまうのでご注意を((´д`)) ぶるぶる・・・←夜中に読んだ人



 膨大な”人名”と”地名”が出て来るため、少々分り難くなってしまった事と、ちょっぴりくどい同じような聞き取りシーンが残念ではありましたが、派手なドキドキホラーでは描け無い味わいは一読の価値はあると思います。

 土地と人との繋がりを、思わず考えずにいられない民俗学的作品とも言える良い本でした♪
posted by lain at 07:24北海道 ☔Comment(0)小説

シャンプーをノンシリコンタイプに変えてみた。

 2年ぶりに使用してるシャンプーを変える事にした。

 特別な理由があったわけでは無いけれど、畑だって毎年同じ場所に同じ作物を作るのは良く無いって言うしねww

 で、今回は以前試して微妙に思ったノンシリコンシャンプーに再挑戦。

IMG_3865.JPG

 僕のような野暮ったい男が、こんなパッケージの可愛い感じのシャンプーを使うのは、ちょっぴり申し訳ない気持ちになるのだけど、男性用の売れ筋なドヤ顔育毛促進シャンプーだけは使いたくなくて、価格的に手が出し易く、それなりの評価が既にされていそうな商品を選んだつもりです。

 元々肌がそんなに強くないので、世に言うスッキリ系シャンプーを使うと、一時的なさっぱり感はあるのですが直ぐに痒みが現れ、数日使い続けると頭皮が赤くなってしまう僕は、どうせドヤ顔シャンプーは使えないんですけどねw


 2年ほど使い続けていた「h&s」も、地肌がスッキリするわりに、肌に優しい感じで充分良かったんですけど、地肌のスッキリ感を犠牲にしても、やっぱり身体に良さそうな成分のを使ってみたいんです....

 昔挫折したノンシリコン製品よりも、このシャンプーそれなりに泡立ちますし、トリートメントをすればしっとり感も出るので、これなら髪があまりきしまず続けていけそう!






 だと思うw




 詳しい方で何かおすすめのノンシリコンシャンプーがあれば、ド素人な僕に是非教えて下さい(o*。_。)oペコッ


 
 コスメティックスローランド商品紹介ページ http://www.c-roland.co.jp/Rld_2011/lineUp.html
posted by lain at 20:41北海道 ☔Comment(0)雑記