絶妙なスピード感とホモの融合に乾杯((8-(o'▽')o□☆□o('▽'o)-8))♪『SHERLOCK (シャーロック) シーズン1』/2010年/BBC/英国/海外ドラマ/感想

 いやぁ〜今月 "AXNミステリー" で一挙放送していたのを、うっかり録画し忘れていた現代版”シャーロック・ホームズ” 『SHERLOCK シャーロック』のシーズン1を、レンタルで観終わりました♪ とてもじゃないけど、のんびり再放送なんて待てなかったのでww



 前回1話目だけ観たので、2話目から観たわけですが、相変わらず軽快な推理力を発揮するホームズの無邪気なまでの貪欲さが怖くもあり、可愛くもあり♡ 常人では追いつけない彼の思考の波を、製作者達は上手に演出してます。ロンドンのレトロな街並の見せ方も魅力的でしたし、スタッフにも恵まれた作品だなぁ♪

 そして 彼に振り回されるワトソンとのコンビも安定した腐れ縁具合でしたw どう考えても理不尽なホームズの物言いなのに、嫌がりつつも何故か従ってしまうワトソンが健気でww いつもは買い出しを渋るホームズが、自分から買っておくよと言ったシーンのワトソンの喜びようったら、完全に『新妻』 でしたね♡

 ほんと何このホモ推理ドラマ(萌´▽`)ポヘェ♡


 
 さて、とうとうモリアーティ氏がホームズの前に現れました。まさかあの人がモリアーティだったとはwなかなか良い不意打ちをしてくれますSHERLOCK♪ まさにホームズの宿敵と言える、凶悪さと黒いユーモアが魅力的なキャラですから、今後のライバル関係が気になりますね。

 しかもホモホモキャラだし←結局ココ


 どうしよぉ...シーズン2も借りようかねぇ....スカパーで放送するの待つのも辛いのよねぇ......_/乙(、ン、)_


 
 それにしても、世界規模で腐れ需要が伸びているような...(遠い目



BBC公式HP(英語) http://www.bbc.co.uk/programmes/b018ttws


関連記事

 『今度のホームズは現代人だっ!『SHERLOCK (シャーロック)』/イギリス/2010年/海外ドラマ』
 http://lainblog.seesaa.net/article/282217374.html

青山さん、あなたはこの先何処まで登り詰めてしまうのか?「π/ パイスラッシュ -現代のフェティシズム分析-」/青山裕企/エンターブレイン/2012年/写真集/感想

※フェティシズムに抵抗のある方は読まない方が良いですよ♡o┐ペコリ







 今まで、散々中年のエロ脳をフル活用し、”写真”と言う媒体を通してフェチを分析・解体して来たフェティシストの希望”青山裕企”さん。

 今度のは男も女も大好きな....おっぱいが主役だ♡(*´∀`)

IMG_3408.JPG

 マニアックな人や、エッチな画像のまとめをちょくちょく目にする人ならば、『π /(パイスラッシュ)』と言う文字の意味を知っている事でしょう。

 主に、女性が肩掛け鞄を使う時など、ベルトを斜めに掛けた時に谷間が強調される現象の事を言います。

 女性はベルトの収まりが良いため、思わずこのパイスラッシュをしがちかもしれませんが、男としてはドッキドキものです....露骨に胸元の見えるもの、谷間を強調する服の姿より、普通の服を着た状態でおっぱいが存在感を主張する瞬間がオジさんは大好きですから.....

 これはパンチラに関しても言える事ですが、”見えそうで見えない” ”見たいけど見たくない” 事に至高の喜びをオジさんは感じるのです!(ドヤ顔

IMG_3410.JPG

 だから女性があえて意識してパイスラッシュを行う事は、ある意味興醒め....

 この写真集でさえ、パイスラッシュを撮影すると意識してモデルさんは挑んでいるわけですから、一歩間違えればただの下品なエロ本でしか無かった事でしょう。

IMG_3412.JPG

IMG_3414.JPG

 何処にでも居そうなモデルさんを選び、日常的にありえる服装で自然体に近い雰囲気を写真に出せるのも、考察距離や、服装・パイスラッシュのバリエーション等にもこだわり、フェチを科学的に見つめる青山さんだから成せる技ですね♡




 知らず知らずのうちに男を魅了するパイスラッシュ。

 女性は、こんなフェチ男の煩悩をどう思うのか?きっと冷たい瞳で僕らを貫く方が多い事でしょうね....


 書いておいてなんですが、穴があったら入りたい....

 この記事を見てしまった女性には、全力でパイスラッシュの存在を忘れて貰いたい(必死の形相

 ついでに僕の存在も...._/乙(、ン、)_



 でもね、パイスラッシュの話をTwitterで一人の女性としていたら、笑いながら「自分もドキドキするよw」って、言っている方もいたし.....

 おっぱいはみんな大好きって事で良いよね?|∀・) 


 
 青山さんのHP http://yukiao.jp


関連記事

「もうこのセカイの加速は止められない『女装少年』/青山裕企/一迅社/2012年/写真集」 http://lainblog.seesaa.net/article/283078283.html

「絶対領域...それは不可侵であるべき楽園.....「絶対領域/青山裕企/一迅社/2011年/写真集」 http://lainblog.seesaa.net/article/200312513.html

少女達の危うさには秘密がある。「SCHOOLGIRL COMPLEX/青山裕企/イースト・プレス」 http://lainblog.seesaa.net/article/162175168.html

posted by lain at 07:18北海道 ☔Comment(0)写真集

Production I.G×小中千昭は寿司×焼き肉より好き♡「神霊狩/GHOST HOUND」/中村隆太郎(監督)/小中千昭(脚本・シリーズ構成)/Production I.G/2007年/アニメ/感想

 数あるアニメ制作スタジオの中から、5つ好きなものを上げろと言われたら、間違いなく2、3番目には名前を上げる”Production I.G”

 彼等は優れたCG技術力で、多くの名作アニメの制作協力をしているわけですが、自分達がメインで制作しているアニメ作品も実にコアでアニメファンを唸らせる内容の物ばかり(最近はかなり商業的な目的の制作作品が目立っていますがw)

 代表作である『GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊』では、最先端のCG技術と手描きの融合が違和感無く実現されていて本当に素晴らしかった。色素の薄い独特な色使いも印象的で、その後のI.G作品の方向性を決定付ける作品でもありました。

 そんなProduction I.Gが、20周年記念作品として2007年に攻殻機動隊の原作者”士郎正宗”氏が長年温めて(眠らせて)いた原案をアニメ化した『神霊狩/GHOST HOUND』を、やっと最後まで観終わりました。



 攻殻機動隊の原作者の作品でもあるし、タイトルに付いている”GHOST”の文字も関連性を感じさせ、当時大いに期待して鑑賞し始めたのですが、電子世界とはイメージが真逆に思える精神世界がオカルトテイストで描かれていく事に良い意味で期待を裏切られた気がしました。


 幼い頃に姉と誘拐され、自分だけ助かった事に思い悩む少年。

 自分が苛めていた相手が自殺した事への罪悪感を引きずる少年。

 父親の自殺に不審な想いを募らせている少年。 

 
 この3人が心の痛みに向き合い成長してゆくのがメインテーマではあるものの、彼等がのめり込み出す”魂抜け”と言う体外離脱体験が非常にオカルトめいていて、”小中千昭”演出がかなりホラー色たっぷりな仕上がりになっていましたw 他にも主人公のカウンセリングや生体組織を培養していた研究所でのシーンなどでは、精神科学について常人には理解出来ないような専門用語が飛び交い、少年達が経験する非科学的な心霊体験も科学で処理出来そうな勢いに、とても引き込まれました。

 lainの時もそうでしたが、小中さんに自由な裁量を持たせると、もの凄くセリフが少なくて淡々としたシーンが多いのに、その何倍もの個性と情報量を受け取っている気持ちになるから不思議ですw

 音響監督が『serial experiments lain』や『THE ビッグオー』でも小中さんと組んでいる”鶴岡陽太”さんなので、尚更個性的な空間を創り出していたのだと思います。小中さんからのリクエストとかもあるんでしょうかね?あ、監督もlainと同じ中村さんだからそのせいかなw とにかくノイズの乗せ方なんかが凄くlainぽくて好みでした♡



 そんなこんなで、観始めこそGHOST IN THE SHELLとは真逆に思えましたが、観終えた今は共通したテーマの存在を感じましたし、ここからGHOST IN THE SHELLへ繋がる内容ともとれて面白かった♪ 最後の笑顔に溢れたエンディングもとても良かったなぁw


 個人的には、主人公と小学生の女の子がどうなったかが気になりますなぁ〜♡

 ユー達付き合っちゃいなよ(゚⊿゚)


 
 公式HP http://anime.goo.ne.jp/special/ghosthound/
posted by lain at 22:34北海道 ☔Comment(0)アニメ