オオカミ男の好感度がグッと上がりました↑「おおかみこどもの雨と雪」/細田守/スタジオ地図/2012年

 おおかみとにんげんの親子の奮闘記をやっと観ました。

 肝っ玉母さんに”宮崎あおい”は違う気がするとか。

 ”おおかみおとこ”を簡単に受け入れちゃう日本人の順応性が怖いとか。

 色々突っ込みたくなる突拍子もない物語でしたが、純粋な家族の愛がとても温かく、切なく、自分の嫉妬心を多いに掻きむしられる内容でした....



 田舎の田園風景や、2人の”おおかみこども”である”雪”と”雨”の中で、獣と人間の心が揺れ動く様も丁寧に描かれており、元気に走り回る二人を見守り続ける花お母さんとのやり取りもとても微笑ましかった♪
 
 早々に大黒柱を失った母子の新天地である田舎の風景は、 細田監督自身の憧れが大きく反映されていてディティールが細かく美しく、こども達が駆け回る大自然の描写も圧巻でしたね。


 鑑賞するまでは、不安なシチュエーションだと感じていましたが、結果として”オオカミ人間”と言う反則な設定も、親子の固い絆を描く事にしっかり機能しており、「人間」と「おおかみ」、2つの血に翻弄される家族愛には感動しました。

 ただ、”中の人”に合わせて”花(母親)”のキャラデサを決めるのは、ピンと来ませんでした。完全に僕の好みの問題ですが、「絵」に合わせて声優の「声」で選んで欲しいのです。じゃないと、どうにもアニメに感情移入がし辛くて....

 もっと母性を感じるお母さんな絵と、それに適した声であれば、更に感動もひとしおだった事でしょう。少々残念w

 
 しかしそれも些細な事。観て損をしたなんて思っていません。”大沢たかお”氏が演じた”ニホンオオカミ”の末裔である男のもの静かな優しさや、雨と雪の無邪気さだけをとっても、本当に観に行って良かったと思える良い映画でした♡

 この作品の為に立ち上げた”スタジオ地図”と細田守監督の今後が多いに気になりますね〜♪(*´∀`)


 
 公式HP http://www.ookamikodomo.jp/index.html
 スタジオ地図HP  http://www.studio-chizu.jp
posted by lain at 08:00北海道 ☔Comment(0)アニメ