僕はAKB48ファンじゃなくて、AKB0048ファンになろうと思いまつ(真顔 『AKB0048』/河森正治(総監督・原作)/サテライト/2012年

 今までに何度かアイドル・アーティストをモチーフにした映像作品がドラマやアニメで製作されて来たけれど、これほど本気で作った作品は初めてだと思う。

 『アクエリオンEVOL』で忙しいはずの”河森正治”が原作を努め、作品全体を監修する総監督として携わり、古くはアダルトゲーム『VIPER』シリーズのキャラ画にも参加し、『マクロスF』でようやっと花開いた感のあった”江端里沙”がキャラデザを担当。そして制作会社はSFアニメに定評がある”サテライト”と来たら、AKBファンならずとも、その完成度が気になったはず。

 正直、あまりのAKB人気の加熱ぶりに辟易していたので、いくら河森アニメでも、1話目がつまらなかったら続けて観るのを止めようかと考えたりもしました。  ところが、蓋を開ければなんとも昭和の匂いが漂う青春模様が繰り広げられるではありませんか。

 『芸能』が禁止されている星で暮らすファンに、自ら逢いに行くアイドル"AKB0048"のライブを幼い頃に観た少女達が、ボーイフレンドや家族と別れ、AKBへの憧れをバネに次期0048襲名メンバーを目指して故郷を後にする始まり方が、とても懐かしい時代の青春テイストを思い起こさせて、思わずウルっと来てしまった....

 ハッキリ言って、設定は大味で突き詰めてはイケナイ作品(芸能が禁止されている星が多過ぎるとか、アイドル自ら芸能を弾圧する戦闘組織と武器やロボットで戦うとか、初代AKBメンバーを神聖化して初期メンバーの名前を落語や歌舞伎のように襲名してゆくシステムとかetc)なのですが、中二病と萌え心が燃え上がるシチュエーションがとても良いので、弱点を上手く補っていたと思います。


 あえてAKBである必要は無かった作品だと思わなくも無いですが、途中からあまり気にならなくなりました。AKBについて僕があまり詳しく無いからかもしれないけれどwww

 アイドルと言う職業は、とても心を消耗する仕事だと思います。0048はそんな形容し難い彼女達の苦行を分り易く熱血ノリで調理した男(河森)の料理だったのかもしれないですねwとりあえず来年放送予定の第2期が待ちどうしい....

 主人公達研究生が、誰を襲名してゆく事になるのか?
 消えたセンターノヴァの行方は?
 ”先聖センセイ”って秋◯康じゃねーの?
 ランカスターのその後は?
 
 色々と気になる部分がきっと明らかにされる事でしょう。楽しみだ♡(*´∀`)

 
posted by lain at 07:12北海道 ☔Comment(0)アニメ