意味よりも、意義を見つける事こそ士の道『ブラッド・スクーパ』/森博嗣/中央公論新社/2012年/小説/感想

正式にスカイクロラのような叙情詩的シリーズとして、今後も続く事がほぼ決まった『ヴォイドシェイパ』の続編『ブラッド・スクーパ』を読み終わった。

この装丁は本当に綺麗だ。


今回もただただ眼を奪われる装丁と、無駄を削ぎ落した語感がたまらなく美しい作品だった思います。シリーズ2冊目と言う事で、だいぶ今シリーズの色が出て来た巻になった気がしました。己の命の使い道を、唯一の才能とも言える”剣”を通して見つけようとする主人公”ゼン”の、何処となく天然な所も愛らしくてたまらないw全体的に後ろ暗く、破滅的な内容だった『スカイクロラ』シリーズとは明らかに目指す場所が違うのも、読後に温かさを感じてかなり良いですよね♪

Twitterのフォロワーさんがこんな事をつぶやいていました。

『スカイ・クロラは「なぜ生きるのか」と問い、ヴォイド・シェイパは、「どう生きるのか」と問う。 』

「何故生きるのか?」と問う事は非常に不幸な事で、単純に生きる事の喜びを理解出来ない人の叫びです。対照的に「どう生きるべきか?」と問う事は、まずこの先も生き続けたいと言う意思がある事が前提の質問なのです。実に両シリーズの対比を言い表した言葉だと思います。詩的で命の意味を問う点は共通していますが、この生き方の差は大きい事でしょう。

全てが終わるその時まで、後者の側で在り続ける事が僕も出来たらいいな.....



さて、シリーズ化する事は決まったようですが、このシリーズ後の事も少し考えてしまいました。こうしていわゆる『チャンバラ』を書いた後、生死の意味を考えるようなシチュエーションが他にどんな物があるだろう?

西部劇?戦争物?それとも絶対に森先生が書かなそうな心霊物?

実現しそうなのは戦争物でしょうか?あ、スカイクロラも戦争物かwwwでももっと地べたに這いつくばって泥を噛むような虚しい現実の戦争を描くとしたら、どんな風に書くだろうかと想像するだけでゾクゾクしちゃいますねw”打海文三”さんの『応化戦争記シリーズ』のような細かいディティールは無くとも、詩的な空間は似た感じなるのかな?どんどん読みたくなって来た...


いずれにしても、森先生が書きたいと思わなければ意味は無いんですけど、森先生の言葉選びで書かれた「こういう」物語が読みたいっていう欲求はどうしても溢れて来ますね。『座して待つのみ』 読むだけのファンにはこれしか出来ませんから_/乙(、ン、)_

兎に角、人情だけが取り得とも言えるベタな時代劇と言うジャンルを、本書でしか味わえない活字体験に昇華して下さった事を感謝したいです♪


posted by lain at 06:33北海道 ☔小説

きまぐれ風景写真まとっ(カミマチタ

すっかり雪も無くなり、北海道でも花が咲き乱れる時期となりました。

まだ肌寒い日もありますが、過ごし易くなって来ましたねw


だいぶ陽射しは力強くなったけど、風が冷たひ:;(∩´﹏`∩);:


今日も終わってゆくね。


ただいま~。今日の旭川26℃もあったのかぁ...




おはよう。なんだか寂しいGW最後の朝陽だね( º ૂ º)


意外と寒い一日だったなぁw


朝はあんまり元気無いわ花も...




まだまだつぼみ


さて帰りますか。


ボンネットにへばりついてとれないw


桜も散ったし、夏はもう直ぐそこまで来ていそう...

暑いの苦手なんで、春と秋が一番好きですわι(´Д`υ)アツィー
posted by lain at 20:52北海道 ☔Comment(0)写真

皆は一人の為に。一人は皆の為に。『モンガに散る』/ ニウ・チェンザー(監督)/2010年/台湾/映画/感想

最近あまり名前を見掛けなかった『台湾映画』

日本国内では韓国映画や実質台湾を支配している中国の映画が目立ち、活躍の場を失っていました。しかし『モンガに散る』を観る限り、まだ台湾映画には自力が残されているようです。




幼い頃からイジメにあい、友達らしい友達もいない主人公が、新たな学校に転入して来るところから物語は始まり、彼が転校生だからか?場末の学校だからか?早速クラスのゴロツキに絡まれる。


彼は穏便に過ごそうと努力するのだが、母親がお弁当に入れてくれた鳥のモモ肉を取られスィッチON!モモ肉を取り返したものの、放課後連中に囲まれてしまう...


その場をなんとか逃げ出す事には成功した主人公、しかし翌日また違うメンツに絡まれる事になる。だがそれは今まで得る事の出来なかった充足感を彼に与える大きな出会いだったのだ。




彼等は父親もいない弱虫な主人公を仲間へと率いれ、”義兄弟”の契りまで交わす。 初めて自分の居場所を見つけた主人公。たとえそれが極道への道であろうとも、かけがえの無い絆に心が踊ってゆく様は観ていてとても心地良い。しかも時代が80年代のため、極道とは言っても人情味に溢れた親分なのがまた良かったりする。父親を知らない主人公も、父親代わりのように親分を慕っていた。


しかしそのまま終らないのがヤクザ映画。終盤は血みどろの抗争劇になってゆき、前半のほんわかしたムードが一転哀しいシーンが続きます....でもこのギャップこそ今作の良さでもあり、大事な絆がどんどん壊れていってしまう寂しさがとても切なくて良い。



およそ使い古された極道物ですが、まだまだ人間ドラマを描く余地は残っていそうです。監督が自ら育てて来たと言われている俳優陣の演技も素晴らしかったですし、台湾映画はこれからもっと熱くなるかもしれませんね♪


親、兄弟、仲間、恋人、様々な情が見事に入り交じる良い映画でした。



posted by lain at 06:59北海道 ☔Comment(0)映画