増え過ぎたカテゴリをツリー化してみた『Seesaa編』

『毎日1更新』を目標に始めたブログ。既に2年以上が経過した今、記事数は700を軽く越えています。

それで最近「カテゴリ」の辺りがごちゃごちゃとしてるのが自分でも気になっていたので、ツリー化してみる事にしました。


残念ながらSeesaaブログでは標準のツリー化が出来ないので、独自にツリー化出来るソースを公開されている方のを使わせていただきました。

僕のような素人でも設定出来そうなのを探して最初に辿り着いたのが『シス日記』さんの記事。

http://siss.seesaa.net/article/25132142.html

確かに分り易く直ぐに設定が出来て、こりゃいいやぁ〜♪と思っていたのも束の間、出来上がったツリーが開いたままで、結局カテゴリがコンパクトに出来無い事に気付きガックリ....

仕方無く、もっと細かい設定が出来るサイト様に頼る事になりました。少し難しそうな第一印象でスルーしていた『Lc-Factory@Seesaaブログ』さん

http://lctree.seesaa.net/article/94747204.html

先にこちらを見つけていたものの、ぱっと見で敬遠していました。しかしちゃんと読んでゆくと非常に分り易く、細かい設定も簡単に出来るようにページが用意されており、素人でもカスタマイズがめっちゃ楽々〜♪広げたツリーもちゃんとコンパクトに閉じる事が出来て大満足w必要に迫られ始めたブログのカスタマイズだけど、なんか凄く楽しかったなぁw

これで後は記事を細かく分類するだけ.....これが一番面倒じゃん(;´Д`)

ちょっとずつ整理していこう...orz

可愛いあの子はあのねのね♪

今日仕事をしていたら、近くで遊んでいる子供の話声が聴こえました。

猫なで声で「ぼくねぇ」「あのねぇ」と自分の事ばかりを年配の女性に一方的に話す男の子...

丁度甘えたい年頃なんでしょうねw← 

僕の子供の頃もこんなものだったんだろうなぁ〜と考えても、全然想い出せない年齢に僕はなってしまいましたが......orz


しかしなんで子供の頃は語尾に「ね」を多用してしまうのか?

子供や、更に日本人じゃなくても語尾に「ね」を付ける事(「ね」と同じような使い方をする言葉の事)はあるものの、幼い子供が説明口調になる時、必ずと言って良いほどの確率で「ね」がお尻にある気がします。

何故?


僕は心理学者でも幼児の成育に関する事に詳しいわけでも無いので、まったくもって不思議でしょうがないw

大人の話し方を真似した結果なのか?

話したい内容を上手くまとめるだけの学力が伴っていないからなのか?

兎に角相手の気を惹く為、話の種を絞り出す事に必死だからなのか?

色々考えられますけど、こればっかりはちゃんとした学術書を読んだり、常に子供に接する仕事でもしてないと明確な答えは出そうに無いですね←


『ね』は時に礼儀を欠く言葉使いとも言われる事がある。目上の者に「これで良いんですよね?」とか、「少々お待ち下さいね」とか、完全に相手に何かを強制しているような言い方になってしまいます。改めて『ね』の使い方を考えてみて、自分もかなり上司に『ね』を付けて話をしているような気がして来ました....

そりゃ態度デカイとか言われるわ(白眼

いくら自分の仕事に自信があっても、あまり行き過ぎた態度は平地に乱を起こす事になりますよね←

ホントこれからは注意しよう...




それにしても、今日は何を書きたかったんだろうね....←
posted by lain at 21:43北海道 ☔Comment(0)雑記

雨に強いライダーが好きだ♡『MotoGP第4戦フランス』

MotoGP第4戦フランス『ルマン‐ブガティ・サーキット』は、またも不安定な天候に見舞われ雨。


先陣を切ったMoto3では、半数がリタイアするほどの悪条件。ライダー達は相当神経をすり減らしていたのでは無いでしょうか?


しかし、ただ観ているだけの僕らはハラハラどきどきが面白くてたまらないw中盤、次々トップを走るライダーがリタイアしてゆき、最後には地元フランス人”ルイス・サロン”が優勝を攫ってしまうなんて、誰が書いた脚本か知りませんが出来過ぎですよねww


流石にMoto2まではフランス人が優勝とまでは行きませんでしたが、途中まで2位だったザルコもかなり見せ場を作ってましたね。それに比べて日本人2人は.... 運・実力ともにまだまだなんですかねショボン とりあえず個人的に好きなルティが優勝したのでいいかな♡ いつもやんちゃで、一発の速さはあるけど危なっかしいところがあるルティが、これほどの悪条件を冷静にこなして優勝とかw日々成長してるんだなぁ....


日々成長と言えば、やっとドゥカティのマシン開発が上向いて来たようですね!? 2台共に安定した成績を残せるようになり、雨と言う特殊な条件下ではあったものの、ロッシが2位表彰台に上がれた事はポジティブな結果でした♪なんだかんだ言われても、ロッシが上位でバトルしてくれないとMotoGPの面白さが半減してしまう世代の生き残りです僕は♡ これでこの先コンスタントに上位で戦える状況が続けば、3年ぶりの世界王者に返り咲くのも夢じゃ無い!                                      



とか喜ぶ以上に、今回ロッシの2位には意味がありましたね。フランスGPの前に、今季限りでの引退宣言をしたストーナーとのバトルに勝った言う事が一番胸に残りました。 今のMotoGPの体制から、純粋に走りたいライダー達に望まれる『大人の事情』に嫌気が刺して、家族の為にもGPから去る事を選んだストーナーへ


「どうだ?まだまだサーキットはお前を楽しませてくれるはずだぜ?」


と、言わんばかりの鋭いツッコミを雨の中見せるロッシが本当に格好良かった....2007年、2011年と世界王者を獲得し、低迷しだしたドゥカティでもあれだけの成績を残し続けて来たストーナー。もしかしなくても、現役最強のライダーかもしれない彼との戦いを、一番望んでいたのはロッシだったのかもしれないですね。



兎に角、ストーナーが発表通り今季で引退しても、いずれ今回のフランスGPを想い出してMotoGPファンとロッシの前に戻って来そうな予感がする、素晴らしいGPでした♪^ ^



おまけ♡