諸君らが愛してくれたエースコンバットは死んだ!何故だっ!!「エースコンバット アサルト・ホライゾン」/バンダイナムコゲームス/2011年/PS3/XBOX360/ゲーム/感想

数あるフライトコンバットゲームの中でも、遊び易い操作性や実機だけに捕われないオリジナルの戦闘機が登場する等、幅広く指示されるエースコンバットシリーズ。

しかし、据置き機の中で最新作であるこの『エースコンバット アサルト・ホライゾン』は異色中の異色。シリーズファンの意見は真っ二つになってしまった....



実在する国家・戦闘機が入り乱れる今作、そのシナリオを担当したのはバリバリのアメリカ人軍事作家。なので皆まで言わ無くとも分るように、アメリカ人の嘘にまみれた『正義』が前面に出た内容になっていて、クリア後の気分は爽快とは言い難かったです。

そしてアメリカ過ぎるシナリオに欠かせ無いプレイ内容は、FPS物で良く見かけるガンシップによる支援攻撃ミッションや、ヘリのドアガンナーとして地上を制圧するミッション等々。まったくいままでのエースコンバットとは異なる要素で、蛇足な気がしてなりません。あくまでも、乗り物を操縦しながら空戦を楽しむのがエースコンバットなのに、ただ銃を撃つだけのミッションは要らないですよね....

それ以外にも、ドッグファイトに特化し敵機の追尾がし易くなる”DFM”モードや、地上目標の破壊が楽になる”ASM”モードなどの存在も、良いような悪いような微妙な感じwDFM中に派手なカットシーンが入り、最初のうちは「おおっ!」っと戦闘機の飛散描写へのこだわりを感じるものの、だんだんうざくなって来ます。もっとここぞと言う場面のみ見せた方が効果的で良かったと思います。


他にも沢山ツッコミたい事が多過ぎて頭の中が整理出来ませんw兎に角あらゆる新要素が、今までの空戦の自由さを奪い、一本道なFPSを遊んでいるような感覚を覚えます。アメリカ受けしそうなシナリオを選んだ事も含め、明らかにアメリカのゲーム市場での売り上げを意識した作品だったと言わざるおえません。

機体カラーDLCの値段の高さも目立つバンナム。こんな完全売り上げ目当てな作品作りじゃファンはどんどん離れてゆきそうですね....


個人的には、そろそろ『エースコンバット3エレクトロスフィア』の流れを組んだ作品が遊びたいです。ミリタリー色の強い物より、SF色が強いエースコンバットの方が百倍面白いっすよ.....しかもあれシナリオ分岐があって、自然とリプレイしたくなるのも良かったw

日本人にはリアルウォーよりバーチャルな戦争が相応しいと思うけれど、国内市場が携帯用ゲーム機でほとんどを占めている状況では、開発費のかかる据置き機で国内ファンだけを見つめた開発は出来ないのも事実。この先も混迷を深めそうな予感がしますね。


公式HP http://ah.acecombat.jp/
posted by lain at 06:42北海道 ☔Comment(0)ゲーム

折り紙な生活~星座シリーズ~その4

5/21~6/21は”双子座”

ふたご座の折り紙とか探したけどほとんど無かった....


双子座は物事の好き嫌いが非常にハッキリしている傾向があると言われています。姉が双子座なので僕的には凄く納得w

自分が嫌な事は絶対に『NO』

幼い頃から、それが家族全員参加のイベントごとでも嫌だとハッキリ言ってましたね....

IMG_1569.jpg

その自由さから敵を作る事も多かったですが、反対に仲間を作るのも上手なヒトでした。僕とは真逆なタイプですw
しかし、そんな姉でも周りとのやり取りにストレスを溜め込んで一杯一杯になって暴発するような場面をちょくちょく見かけました。基本何にでも夢中になっていそいそと過ごす所があり、むかし全然ゲームをやらない姉にボンバーマンをやらせてみたところ、誰の声も届かないほど真剣に遊んでてて怖いくらいだったなぁ.....

目の前の物以外見ている暇が無いのって、双子座の人当てはまりますかね?



上手く話せないし、長くなるのでウチの姉の話は置いといて、双子座って神話的には凄く良い話があるみたいっすね。wikiにはこんな事が書いてありました...

ギリシア神話の双子ディオスクーロイ(Dioskouroi、ラテン語形:ディオスクリ Dioscuri)が星座になったといわれる。この双子はゼウスの息子で、それぞれの名は弟がポリュデウケース(ラテン語名ポルクス Pollux、一般に、ポルックス)、兄はカストールだった。ポリュデウケースは神であり(理由は諸説ある)不死だったが、カストールは人間で、死ぬ運命にあった。ポリュデウケースはさらに上位の神に頼み、自分の不死性を兄に半分分け与えた。このため、双子は、1日(一説では1年)の半分は神として天の上で過ごし、残りの半分は地上で人間として今も楽しく暮らしている



誰が最初に言い始めたのか分らない神話だけど、尾ひれが付いてこんなに美しいエピソードになってホント面白い。何百年、何千年経とうとも、人間の感性に大差は無いようだ♡

一生かかっても真なるオリジナルに僕らを含め、後世の人類は辿り着けそうに無いですね。

汝、模倣を罪と思うなかれ....


折り方参考サイト様 http://blogs.yahoo.co.jp/gunguniru_boc/20131536.html
posted by lain at 21:27北海道 ☔Comment(0)折り紙

フルボッコにされたのは敵キャラ?それとも....『バレットストーム』/EA/Epic Games/People Can Fly/2011年/XBOX360/PS3/ゲーム/感想

公式に「フルボッコ系FPS」であると歌っている今作、『ギアーズオブウォー』の”Epic Games”が大元の開発元である為、類似したデザインや操作性等がある一方、ギアーズとは違いほどほどスピード感がある爽快感を味わえるシューターになっていました。

かなり長い距離をスライディングして敵を吹っ飛ばしたり、ヤクザキックで崖へ蹴りとばし、更にはマップの各所にあるトゲトゲのトラップや電流地帯に追い込んで倒す事が出来ます。

そしてもう一つの特徴が『リーシュ』と呼ばれる電気的なワイヤーアンカーのような(ムチ?)装備です。敵を手元に引き寄せる為に使ったり、障害物を動かす為に使う場面が多々出て来ます。これがある事で攻略の幅が広がり、敵をいかにトラップのある場所へ吹っ飛ばすかを考えるのが面白いゲームになっています。



ただ、後一歩のところで惜しい仕上がりなのは間違い無い。結局真っ直ぐ手元に引き寄せる事しか出来ないわけで、リーシュで敵を左右に振り回すような特殊さが足りないために終盤戦闘に飽きて来ます。それと回り道してばかかりのレベルデザインや、いちいち障害物を乗り越える頻度が多い事も若干テンポを悪くしていたような気がします。爽快さを売りにするには、もう少し一手間掛けたアイデアが必要でした。新規タイトルを産み出す事の難しさを感じますね....海外版にギアーズ3のベータを同梱したのも、なんとか販売本数を消化し続編の開発をし易くしたいゲーム会社の弱気の表れに見えてしまいます......

それなりに面白いし、安く買えるなら文句無しに購入に賛成。ただし国内版の規制があまりにも哀しい事になっているので面白さは半減しています。倒した敵が消えたり、演出上そこにあるはずの敵の死体が存在しない事があるので、登場人物達が何を観て会話しているのかがまるで分らなかったりするのです。ついでにダサイパッケージの脇役っぽい主役の顔も購買意欲を削ぎますよねw あまり複雑なストーリーでも無いので、海外版で遊ぶのもありかもしれません。


そうそう、ストーリーもパッケージと同じく微妙でした。信じていた正義が嘘だと知り、軍を裏切り上官への復讐を果たそうとする展開は、使い古されありきたり... 大きな敵との戦闘や派手な演出もあるものの、デザイン面が微妙なのであまり印象に残っていません。駄目オヤジな主役と、そのオヤジに振り回されたせいでほとんど機械の身体になってしまった日系人の”イシ”との関係がそれなりに熱かった事と、大ボスの将軍があまりにも愉快で嫌な奴であった事で、なんとかプレイ意欲を維持していました。

ちなみにぼくの好みとは関係無いかもしれませんが、続編の開発は一旦ストップする事が発表されています。この調子じゃもしかすると永遠に出ないかもしれませんね.....


ほんと、もうちょっとなんとかすれば....勿体無い(´・ω・`)


公式HP http://bulletstorm.jp/index.html
posted by lain at 21:14北海道 ☔Comment(0)ゲーム