一生もんの友情なんて、素敵過ぎるでしょ?「坂道のアポロン」/小玉ユキ/フラワーコミックスα/小学館/2008年〜2012年/漫画/感想

大好きな漫画を読み終えた時、自分の中で何が動き回っているのか不安になるほど呼吸は苦しくなり、指先は震え、肌は風邪の時みたいにぞわぞわする。

一体どんな物質が分泌されているって言うんだろう?



「坂道のアポロン」を読み始めたきっかけは、確か書店の平置きで、こちらを睨み付ける主人公”西見 薫”のトゲトゲしく気難しい顔色と、それとは対照的に横で飄々とした表情を浮かべる”川渕千太郎”の昭和な出で立ちに眼を奪われたのが運のツキだった。

一見正反対に見える2人。けれど求めている物は同じ。

『自分の居場所』


母親は小さい頃に蒸発し、唯一の心の拠り所であった父は仕事の事情で家にいる事は滅多になく、周りには自分を理解しない人間ばかりが集まり、望みもしない自分を押し付けられて来たせいか、心的ストレスを抱えるようになった”薫”。

他人様の事には、ずかずかと入り込んでハッキリモノを言う割に、喧嘩とジャズ以外は、からっきし駄目で肝心の自分の事になると捨て子であるがゆえに自信を持って前を向けない”千太郎”。

誰かに自分を認めてもらいたくて

アナタが必要だって言われたくて

そんなお互いの弱い心を『ジャズ』と言う理屈じゃない響きを通して、補い合ってゆく2人のセッションがたまらなく綺麗で切なくて残酷で.....

作者の”小玉ユキ”さんが創りあげる、ジャズ全盛の時代背景と人情味のある風景、そして王道で真っ直ぐなセリフとシーンの数々が本当に素晴らしいんです。すっかり彼等の友情や恋愛模様に魅せられてしまいました。なんとも言えない残酷な神っぷりなのです小玉さんはwwおかげで様で、あっという間の最終巻....


始まりがあって終わりがある。だからこその感動だと分っていても、この胸の苦しさは収まらない...
何度経験しても、思い入れのある作品との別れは辛いものですね....番外編が一冊刊行予定なのが唯一の救いですw

とにかくこんなに気持ちの良い終わりを与えてくれた2人の友情に、そして小玉ユキさんに感謝。

身の内側から熱くなる、あの坂道をありがとうございました...


原作読み終わってしまった....(っ´x`с)キュキューン♡



追伸、ついでに原作の本筋が丁度終ったこの時期に合わせ、BSでのアニメ版放送も始まり、『渡辺信一郎×菅野よう子』と言う協力タッグが紡ぐ原作とは、また違った彼等の胸が熱くなるセッションに期待して観てみました。1話目を観た感じでは、悪く言うと平凡でした。ほぼ展開は原作通りだし、千太郎のドラムさばきや音の質感は流石のクォリティだと感じましたが、いかんせん肝心の作り手2人の個性がそれ以上活かされているように思えませんでした。OPテーマがジャズじゃないのも少し残念w

監督にはもっともっと原作を壊して再構築するくらいの勢いで自分のアニメに仕上げて欲しいですね。恥ずかしいほどのセリフを胸を張って演出した『カウボーイビバップ』並に弾けて下さいw元が昭和な時代背景の青春物だから、きっとそれくらいが丁度良いですよね♪

アニメ公式HP http://www.noitamina-apollon.com/index.html 
posted by lain at 20:57北海道 ☔Comment(0)漫画

星空に咲く 虹色の声♪「新居昭乃 弾き語り LIVE TOUR 2012 "Little Piano vol.3"」/LIVE/音楽/感想

つい先日、発売されたばかりのアルバムを携え、いつものように札幌へ車を走らせた僕。
勿論車中では赤盤&蒼盤をすり切れる(イメージw)ほどリピート再生しながらです♪

今年は道連れが居たため、長い道のりもそれほど苦にならずに会場へ到着。ざっと観客を見回すと、今回もお一人で来ている女性が多い事に気がつく。昭乃さんの音楽は、一人で没入して聴き入りたい世界観だし、よく考えれば当然かもしれない。

アナウンス慣れしていない女性がとっ散らかりながら注意事項を読み上げたあと、いつも通りにマイペースで不思議ちゃんで天然で可愛らしい昭乃さん登場〜♪衣装も仕草も実に可愛らしいヒトだ♡しかも今年は、去年ほどの緊張感は無く、かなりほんわかしたムードだったように思います。僕が慣れたのか、昭乃さんが慣れたのかwww

弾き語りが始まると、とにかく心地良く仕方無い昭乃ボイスwお幾つになっても衰えないその魅力にすっかりウトウト....zzZ 長距離運転後だった事と、素敵な映像が映し出されている天井を見上げていたからですかね(白眼

そのせいか、あっという間に最後の曲の「Sophia〜白の惑星」になってしまった感じでしたwその後はアンコールのリクエストタイムになり、前回リクエストの多かった、新譜にも収録された「花かんむり」がやっと披露されたり、去年のLIVEでは昭乃さんの思い入れが凄く伝わって来た「HAYABUSA」等も歌って下さいました。MCも相変わらず可愛らしく楽しいし、SOFT BANKの孫さんみたいに、それやりましょう的なノリに昭乃さんのお人柄が出てていいんですよね♪


ただ、ご本人も相当気に入っていた去年のLIVEの完成度が高過ぎた為、今年のLIVEには心から泣きそうになるシーンが足りなかったかな?「美しい星」でも「虹」でも今回は泣けませんでした。おそらく震災後であった事や、初めてサッポロで行うプラネタリウムでのLIVEであった事などが影響して去年のはあれだけ素晴らしいステージになったのでしょう。この先何度昭乃さんのLIVEに行っても、もしかしたら味わえないかもしれない時間があの瞬間にはあったのです....

でもね、昭乃さんが一番今歌いたい曲だと言っていた「Sophia〜白の惑星」や、とある方に熱望され音源にもなっていない「風の羽」を歌った昭乃さんは一味違いました。想いの強さは、ダイレクトに声へ影響するのが人間です。それだけ思い入れのある曲だったのでしょうねw

去年まではいかなくとも、新しい新居昭乃さんをぽつりぽつりと発見出来る素晴らしいLIVEでした。LIVE前とは味わいが変わった新譜アルバムをチカラに変えて、また来年も昭乃さんに会えるように生きてゆけそうです♡

来年こそは「星の木馬」をリクエストするんだ.....(´-`)


セットリスト

1.Trace Trasistor Table Radio
2.エウロパの氷
3.黄昏は未来で待つ
4.月の家
5.花のかたち
6.Reve
7.風の羽
8.きれいな感情
9.星の雨
10.美しい星
11.New World
12.降るプラチナ
13.Our Children's Rain Song
14.Sophia〜白の惑星

アンコール

15.花かんむり
16.ガリレオの夜
17.HAYABUSA
18.虹




ちなみに、今年もフル回転の忙しさな新居昭乃さん。全国9ヶ所・14公演からなる"Little Piano vol.3も今回の「サッポロスターライトドーム」での公演を終えて、残り4公演となりました。

2012.5. 3 (Thu) 神戸旧グッゲンハイム邸
2012.5.6 (Sun) 大阪ザ・フェニックスホール
2012.5.19 (Sat)5.20 (Sun) 白寿ホール

このツアーが終っても、ニューアルバム発売記念LIVEも大阪と東京で行い、来年の3月には、モナコでのLIVEイベントに招待されたそうで、ツアーを組むので一緒に行きましょうと昭乃さんが笑っておられましたwwそれぞれ行けそうなら是非参加してくださ〜い( ❛‿❛)✧

発売記念LIVE「LIVE 2012 "Purple Planet"」
2012.7.29 (Sun) 大阪 なんばHatch
2012.8.5 (Sun) 文京シビックホール


こんなに全国回って下さって、昭乃さんホントにありがとう御座います♡


去年のLIVE感想記事→ http://lainblog.seesaa.net/article/197597576.html
公式HP http://www.araiakino.com/index.html
posted by lain at 10:15北海道 ☔Comment(0)音楽