毎度脱帽ですよ小川さんw「天冥の標Ⅴ 羊と猿と百掬の銀河」/小川一水/ハヤカワ文庫JA/早川書房/2011年/小説/感想

とうとう最新刊まで追いつきました。今回のテーマは農業。

 毎度新しいテーマで展開する天冥の標。これだけ沢山の題材を盛り込むにはどれだけの情報収集が必要なのか、考えるだけで気が遠くなりそうですw

 小川さんがそこらへんの作家と違うのは、所詮SF小説なのだから誰も分からない言葉で誤魔化してしまえ!に、落ち入らない事です。もしそれをやったら、絶対にここまで優れたディティールは生まれない事でしょう。 膨大な量の文献やインタビューを行ってはじめて文章に説得力が生まれるのです。 きっと一冊のノンフィクション本が書けそうな物量の農業に関する本などを読み漁ったのでしょうね小川さんはw なんの知識も無く書けるほどSFは甘くないですね.....

 でも、素人目に大変な作業だと思えても、結構作者自身は楽しんでいるのかもしれませんねw文献を調べれば調べるほど、作品に盛り込むネタのヒントになるわけですから♪ 地味な情報収集を楽しめる方は作家に向いていそうですww


 そして農業ネタと双璧を成し、天冥の標の核心にグッと近づく”ノルルスカイン”の物語。正直難しい事は半分くらいしか理解出来ない場面が多々ありましたが、人ならざる生命”被展開体”の存在を思わず信じてしまいそうになる小川さんの非凡な文章表現がたまらなく面白い!農業ネタだけでは地味になってしまうところを、いい具合に盛り上げてくれました。しかもこのお話のおかげで、今まで謎だった事がかなり繋がり始めました。

 見えて来た事、まだ見えぬ出来事。この先にどんなイレギュラーが僕ら読者を待っているのか?小川さんがどう翻弄してくれるのか次巻以降も楽しみで仕方無いですね☆

IMG_1022.JPG
posted by lain at 21:40北海道 ☔Comment(0)小説

人は見た目じゃなーい!とは言えないよね.....「それでも恋していいでしょ」/楠田夏子/講談社/2012年/漫画/感想

とある役所に努める、エリート公務員”氷室大介”

彼は役所の中でも花形の部署ばかりに在籍し、仕事も出来るイケメンである


しかし、彼には絶対知られたく無い秘密が2つ

ハゲチビなのである....




若ハゲで薄い前髪は、自分が独自に編み出した髪型でカバーし、身長不足は伝説の”シークレットブーツ”で乗り切る!

仕事が出来る男は秘密を隠すのもパーフェクトなのだぁ!!キリ


と、いきたかった彼だが、あっけなく一人の女子新人にバレてしまうw

この時点でどんな恐ろしい現実が彼を襲うのか想像するだけでも恐ろしいのに、どんどん泥沼にハマって自滅してゆく若ハゲエリートが痛々しくてヤバ過ぎです.....


コンプレックスに悩み、恋に破れ、唯一残った仕事さえしくじり、自業自得な部分はあっても、ここまで堕ちてゆく男が哀れで哀れで見ていられませんwww

最終的に新人女子のおかげで自分のダメさ加減に気付き、周りを見下して無い物ねだりばかりして来た自分をちゃんと見つめる事が出来るようになるので、一応ハッピーエンドなんですけど、他人に自分の弱味を晒せないで強がってるとこが、なんか他人事に思えなくて共感してしまうんですよね....

非常に身につまされる内容が突き刺さる作品でしたw



今回初めて読んだ作家さんなんですけど、これと同時発売のも読んでみようと思います

ストーリーも作画も荒削りな感じですが、いままで読んだ漫画家さん達とは毛色が何処か違うような気がして新鮮でした

下手でも上手でも、人とは違う自分を出せるのは素晴らしい事


もう少しだけ"楠田夏子"と言う人を見ていたくなりました♪

IMG_1020.JPG


楠田夏子さんのブログ http://ameblo.jp/uraniwanosakuwokoete/
posted by lain at 20:48北海道 ☔Comment(0)漫画

(´-`).。oOぼくのSPECはなんだろう....『SPEC〜翔〜』/堤幸彦(監督)/2012年/TBS/ドラマ/感想

TVSPの発表があってから、待ちに待っていた『SPEC』


いつも通り、TVシリーズ→TVSP→劇場版 なのは堤監督なんで分ってましたけど、劇場版に合わせてTVSPが放送になったので、かなり間が開きとても長く感じましたw


しかし待たされた分これでもかと馬鹿馬鹿しいネタのオンパレードで、どんなシリアス展開の場面でも爆笑してしまうほどなのがたまりませんでしたねwwww


いつも通りの柿の種、駄洒落の応酬、お稽古事でさっさと帰宅、竜雷太をいびる雅ちゃんwww


元からボウズ頭の瀬文が坊主で登場の冒頭とかシュールでハライタイwwwwww


そして安定のレギュラーメンバーに加えて、更に今が旬の役者からスタッフらしい人にまで恥ずかしいキャラ設定をぶつける辺りも良かったw


特に「冷たい熱帯魚」で、とんでもない殺人鬼を演じた”でんでん”より明らかに目立っていた” 北村一輝”演じる吉川晃司っぽい”吉川 州”のキャラがめちゃめちゃ面白かったw堤作品に欠かせ無いおマヌケ方言キャラとしてしっかりハマってましたしねww


残念ながら最後にあれな感じだったので、劇場では出番が無さそうなのが勿体無い....




そんな感じで、いちいち突っ込み出したらキリが無いくだらなさが最高なSPEC、次は劇場版ですね


自分にSPECがある事を隠したかった当麻と、その事を話して欲しかった瀬文


一旦ギクシャクした2人が今回のTVSPでまた一つになったような気がしますが、予告の煽り方がなんか決別を表しているようで気になります...ゴクリ




公開は4/7!今週末は劇場行かなきゃだね☆



posted by lain at 06:40北海道 ☔Comment(0)てれび