まんまと乗せられて続編観に行きたくなったぞ!\(^o^)/ホームズ「シャーロック・ホームズ」/ガイ・リッチー(監督)/ロバート・ダウニー・Jr(主役)/2009年/映画/感想

 初めてこの”ガイ・リッチー”監督製ホームズを眼にしたのは、映画館の予告でした。


 わずかだけど読んでいた原作のホームズの印象とも、NHKで放送していたあのテレビドラマシリーズとも真逆で肉体派な印象は、衝撃的で直ぐには観たいと思えませんでした。


 所詮まがい物なんだろうとさえ思っていたものです....



 しかし地元での上映期間も終わり、少しづつ評判が勝手に耳に届くようになって来ると、かなり自分の中で型破りな”ロバート・ダウニー・Jr”のホームズへ興味が増してゆき、今回の地上波放送は正直待望していたタイミングでもありましたw


 そして観終わった今は、幾ら配給会社とテレビ局の思うツボでも良い、早く続編を劇場へ観に行きたい気持ちでいっぱいになっていたのです////



 脳内で予測構想した事を肉体で実現行動出来るホームズの格好良さは、江川達也氏の「東京大学物語」の主人公の脳内活動+沈黙シリーズのセガール並かもしれない!←イミフ


 何度かその鋭い観察力と行動力を見せるシーンがあるのだけど、一度も失敗せずに構想を実現させるその連動性はホントに観てて実に心地良い♪肉体派ではあっても、原作のように鋭い推理が出来る頭脳派なホームズとしての見せ場もあるのです。


 ただ、風貌が汚く変わり者風だったり、ワトソンの犬を実験台にしてしまうなど、ただの奇人にしか見えなかったりするところは、まったく原作の紳士的なホームズとは掛け離れていますけどねw


 でも僕は憂鬱な雰囲気で陰気になりがちだった原作とは違うからこそ、このアクションホームズが気に入りました。


 同じ土俵では絶対に原作や”ジェレミー・ブレット”主演の『シャーロック・ホームズの冒険』に勝てるはずがありません。まったく違う方向性で勝負したからこそ魅力溢れるホームズ足り得たのだと思います。


 忘れちゃならないワトソンとの腐れ縁も、誰が見ても腐女子が悲鳴をあげるほど仲むつまじく改変されて描かれていましたし、効果的にスローや逆戻しで魅せるアクションシーンも実に良い味を出していました。ただ派手に見せるのではなく、知的なセンスが実に盛り込まれているのです。



 もう兎に角出来るだけ早く劇場へ行きたい!


 変装や、奇抜な小道具の数々を駆使し、近代と過去とが混じり合う独特な雰囲気が漂うロンドンの街並で、自らの頭脳と身体を武器に活躍するホームズとワトソンの次なる事件が実に楽しみだ♪






posted by lain at 00:22北海道 ☔Comment(0)映画