起き上がる原作の重み『屍鬼』/アミノテツロ/童夢/2010年/アニメ/感想

※ネタバレ感想

 久し振りに”アミノテツロー”改め、”アミノテツロ”監督のアニメを観た気がする『屍鬼』 漫画版をほぼ忠実に映像化した作品としては、なかなか良かったんじゃないですかね?



 あらすじ『人口1300人の小さな村、外場村。外部からは1本の国道しか繋がっておらず、周囲から隔離され、土葬の習慣も未だ残っている。そんなある日、山入地区で3人の村人の死体が発見された。村で唯一の医者・尾崎敏夫は、このことに不信感を持つが、村人達の判断で事件性は無いとされ、通常の死として扱われた。しかし、その後も村人が次々と死んでいく...』
byWiKi


 
 元々”小野不由美”さんの原作を最初に僕は読んだので、漫画版に関してはアンチ派だったのですが、このアニメ版を観てから少しその想いも軟化しました。

 漫画版を描いていたのは、少しクセのある作画をする”藤崎竜”さんでしたから、「屍鬼」のコミカライズもかなり小説を読んだ人間には衝撃的なデザインでした。しかし、アニメとして動き出すと微妙にアクの強い藤崎竜さんの作風が緩和されて受け入れ易くなったのかもしれません。はたまた、原作を読んだ時期からだいぶ時間が経って記憶が薄れたからなのか、

藤竜屍鬼結構イケルじゃん

 と、上から目線ですw

 実際観終わってみると、原作(小説)の雰囲気がどことなく出ているように感じました。吸血せずに居られない日陰の存在「屍鬼」の儚いジレンマも痛いほど伝わりましたしね。

 それから原作以上に村人達の出番が多かったのも良かったです。お前は何してんだ!の室井さんのむかつき具合や、”お前はまあまあ良くやったよ”の尾崎の旦那達を筆頭に、みんな良い味出していました♪大川さんなんて原形を留めて無いし屍鬼より怖い((´д`)) ぶるぶる・・・

 大川さんのキャラ改変は、”藤崎”流のキャラ解釈がとても分り易く変えられている一例です。特に面白いチャレンジだったのが、原作では死ぬはずの”夏野”君が起き上がった事でしょう。あれだけ早い段階で屍鬼に気付き孤軍奮闘していた夏野君が、唯一の理解者とも言える”徹”ちゃんにやられる展開は本当にショックで辛かった。ですから彼が最後まで物語に関わって来る事に違和感より嬉しさが勝るほどに個人的には嬉しい違いだったのです。普通に原作で途中まで夏野君が主役そのものでしたし、僕のように思い入れがある人も多いのではないでしょうか?


 と、小説では味わえないなかなかの良さがアニメ版にはあったのですが、いかんせん屍鬼狩りのシーンがあまりにも人間を悪者にし過ぎなのがちょっとどうかと....村人のおばさん達が屍鬼の死体を片付けながら世間話したりするようなシーンが本当に必要だったのか?他にも返り血に不快さを見せずに飲食するシーンなど、そこまで”人間”を貶めるように描く必要は無かったと思います。

 原作はあくまでもお互い生き残るためしかなくやっている事のように思えました。勿論正気の沙汰では無いところもありましたが、一方的な蹂躙だったとは僕は思いません。

 自然な欲求を叶えたかった屍鬼。それを本能的な拒否反応をした人間。

 ただそれぞれの一方通行な想いが招いた虚しく切ない物語でした.....


 かなり観れるアニメではありましたが、やはり小野不由美さんの原作を知らなければもっと自然に楽しめた事でしょう。

 とりあえず、小説だろうが漫画だろうがアニメだろうが最後に美味しいところを持っていってしまうずるい室井さんに乾杯.....
posted by lain at 07:05北海道 ☔Comment(0)アニメ

ワトソン君、これが現代のシャーロック・ホームズなのだよ♡「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」/ガイ・リッチー/2012年/米国/映画/感想

※若干ネタバレ







 とうとう原作でも好敵手であった”モリアーティ”教授が素顔を出して来ました!普通に教授っぽい顔でしたw


 でもそこがまたなんとも普通に憎たらしい感じが出てて、”ジャレッド・ハリス”をキャスティングしたのは正解ですね♪





 そんな可愛げの無い彼とやり合う事になるホームズとワトソンですが、流石に第二弾になると阿吽の呼吸でコンビとしての味わいも熟成されて来ました。


 ホームズが部屋をジャングルにしていよーが、愛犬を意識不明にしよーが、自分の結婚式を忘れていよーが、もう慣れっこなワトソンは不満を口にしつつもホームズのやる事に付き合ってくれる良い奴だし、そのワトソンが自分を差し置いて結婚してしまって寂しくても、ちゃんとワトソンの幸せを大事に考えているホームズが健気で愛らしい事愛らしい事ww


 なんだかんだで切っても切れない腐れ縁な2人は、セリフの端々や表情からも伺えるほど友人以上愛人未満な関係で絶妙な関係を繰り広げます。序盤で前作のヒロインが消えてしまいますし、新たなヒロインぽいジプシーの女性も地味で存在感薄いし、結局ワトソンとホームズのいちゃいちゃぶりが更に目立ってしまいましたwぶっちゃけヒロイン要らないですけどね♡( ☣_ゝ☣)


 前作も腐女子ウハウハ展開でしたが、今回は更にウハウハなんじゃないですかね///




 新たな登場人物とスケールアップしたスピード感のある謎解き、スローを使った盛り上げがとても効果的に感じる激しさを増したアクションシーン、それから忘れちゃイケナイ笑いのセンスwwどれをとってもパワーアップしています♪


 観終わったら誰かとあのシーンこのシーンと、話したくて仕方無くなる事間違いありません!


 原作にも通ずる展開も待っているので、原作を知る方にも是非観て欲しいですね。




 そんな感じで続編を待望する気持ちが躊躇するほどに、最後の最後まで楽しめた第二弾ホームズ「シャドウゲーム」


 切れよく三部作としてもう一作観たい気もするけれど、なんかスッキリこれで終るのも悪く無いかもしれません....


 












 でもやっぱまた観たいやホームズ×ワトソン♡(*//∀//)





posted by lain at 17:47北海道 ☔Comment(0)映画

死に慣れる日なんて絶対に来ない。

 どんなに時の流れにしがみついていたくとも、命は有限であっていつかは尽きてしまうのが定め。

 大好きなあの人も、大嫌いなあいつも、自分でさえ等しく終りを向かえるのだ。

 だからと言って、その最後を簡単に受け入れられるほど僕らは強く無い。

 好きな人が死のうが嫌いな人が死のうとも、ましてや自らの命がすり切れてゆくなんて、割り切れるものでは無い。

 痛みの大きさは違えど、やり切れない想いは変わらないのだ...



 3月20日73歳で亡くなった”石黒昇”さん。その年齢を考えれば、別段驚く話でも無いのかもしれない。でも、石黒さんから貰った沢山の宝物を想うと、その死が重くのしかかって来るのです。

 僕がアニメを観るようになった頃、お気に入りのアニメのクレジットには”石黒”さんの名前が輝いていた。

 特に好きだったのは初代マクロス。石黒さんご本人はそれほど目立つタイプの方では無いものの、”美樹本晴彦” ”宮武一貴” ”河森正治” ”平野俊弘” ”板野一郎” ”富田 祐弘” ”松崎健一” など、個性的な若いクリエイター達を上手くまとめあげ、今もなお続くマクロスの基礎を残して下さいました。

 その他にもSFアニメの金字塔とも言える「宇宙戦艦ヤマト」を”松本零士”さんと作りあげ、「超人ロック ロードレオン」や、OVAの良さを存分に披露してみせた「メガゾーン23」、そして文字通り伝説になったOVA「銀河英雄伝説」なども石黒さんが居たからこそ実現出来たアニメだったと思います。

 良い酒を選ぶために、自らが酒に詳しくなる必要はありません。大事なのはお酒を良く知る人間を見つける”眼”なのです。

 石黒さんは、そんな人を見つけ活かす事が出来る存在でした。

 もしも教師になっていれば良い先生になったでしょうね......

 
 ただテレビの前で作品を観ていただけの僕がこれほど惜しい人を亡くしたと思うのですから、直接関わって来た方達の哀しみは計り知れません。

 恩師、同志、父親、兄弟、それぞれの方達にとってどんな存在だったとしても、等しく哀しみが包んでいる事でしょう....



 今までありがとう御座いました。貴方の生きた証しは、しっかりと沢山の人々の胸に刻まれていますよ。

 ゆっくりおやすみ下さい....


 ・すがやみつるさんのブログコメント http://sugaya.otaden.jp/e235133.html

 ・氷川竜介さんのブログコメント http://hikawa.cocolog-nifty.com/data/2012/03/post-8542.html

 ・【銀河英雄伝説】田中芳樹×石黒昇×田原正利 鼎談 http://www.nicovideo.jp/watch/sm17317946

 ・メガゾーン23インタビュー http://www7a.biglobe.ne.jp/~garyo-hp/04_Eizo/01SAKUHINmon/MEGAZONE_INTERVIEW.htm

 ・銀河英雄伝説 ON THE WEB インタビュー http://www.ginei.jp/interview3.htm

 ・タイタニア インタビュー http://news.mynavi.jp/articles/2008/09/27/tytania/index.html
posted by lain at 20:59北海道 ☔Comment(0)雑記