あのアーティストは今....「橘いずみ」

『中島みゆき、伝説のライブが蘇る』



そんな感じの記事を目にして、学生の頃WOWOWで衝撃的なLIVEを観た”橘いずみ”の事を思い出した。


パワフルな歌声の中に、今にも何処かへ消えてしまいそうなほど不安定な奥底を曝け出す彼女の音は、当時まだまだ子供だった僕の心を揺り動かした。


あれは感動とか、共感と言うレベルでは無く、ある種の畏怖だった。



弱い自分を隠そうともせず丸裸にして歌える人間がいると言う事、そして女性がそんな感情のうねりの中で生きている生き物だった事にただただ打ちのめされる僕....


思わず彼女の感情に引きずられ、かなりの間自虐的になっていたものですw特にこの曲がドハマリでした....♪




♪自分を取り戻すスペースを


手に入れるために働いて


息を継ぐはずの時間にさえ


疲れ果てて眠りこけている


ひとりぼっちになりたいけど


ひとりぼっちはとてもさみしいよ


あなたのそばにいられるなら


他には何も欲しくない....






尾崎豊の死と時期を同じくして、同プロデューサー(尾崎豊と同じ)にバックアップされデビューした彼女は、そんな本物の感情を武器に「女・尾崎豊」と言われるまでにカリスマ性を持った歌手でした。


そう「でした」....



今の彼女は二人の子供を持つ母親です。数年、前に映画監督のなんとかさんと結婚し、満たされずにいた何かを手に入れてしまったそうだ。


もうあの頃の哀し気な彼女はいないのです。


それは喜ばしい事なのに、とても素直に喜べない僕がいます....



新たなな家族と共に、名前を”榊いずみ”とし、音楽活動も再開していたそうです。去年の夏にも新曲を出しています。





どの曲も、とげとげしかったあの頃に比べて、とても優しく感じられます。


あの頃の力強さと、母親としての包容力が加わり、女性としての魅力も増したようです。歌声の落ち着き具合がなんとも言えない....



「七色のクレヨン」が視聴した中では一番好きかもしれません。


この曲は昔の橘いずみファンが喰いつきそうな雰囲気がするからかもしれませんねwいまだ現在の彼女の歌声に慣れないのでww




孤独さに打ちのめされ足掻いていた”橘いずみ”が、溢れんばかりの愛を知った”榊いずみ”に変貌する。


自分だけの人と、その子供の存在は本当に大きいですね。



これからも”榊いずみ”として楽曲を発表し続けて下さい...








だけど....


やっぱりあの頃の貴女が僕には一番です☆^^



榊いずみ公式HP http://sakakiizumi.com/

posted by lain at 02:20北海道 ☔Comment(0)音楽

アニメはやっぱりオジさんキャラがカッコ良くないと....「輪廻のラグランジェ」/佐藤竜雄(総監督)/Production I.G/2012年/アニメ/感想

北海道も日中帯はプラスの気温が続くようになり、学生達は短い春休みの間に新たな生活の準備や遊びに忙しい事と思います。

そして季節の変わり目と言えばドラマやアニメの最終回が続く時期。この作品も一旦終わりを向えました。


輪廻のラグランジェが放送される事を知った時、総監督に”佐藤竜雄”の名前を見つけ、「宇宙戦艦ナデシコ」以来ずっと安心して観れる監督の一人として刻まれていた佐藤監督なら大丈夫だと思っていました。

多少微妙なキャラ設定であろうとも、いまいち燃えない萌えない展開にも我慢して、いつか化けるはずだと最後まで観ましたが、やはりどうにもパッケージングが悪い....

狙い過ぎたメインキャラ三人の決め台詞は我慢出切るとして、全体的にセリフが陳腐なうえ余計な捻り具合が鼻に付く場面が多々ありました。もっとシンプルなセリフ展開の方がよほど良かった。

ついでにオジさんキャラが酷過ぎる。キャラ原案が「ドリームクラブ」のキャラデザの方なので、可愛い女の子男の子しか描けないタイプの方だからでしょう。主人公”まどか”のオジさんや、良い奴なのか悪い奴なのか面倒くさい男”ヴィラジュリオ”、ファロスと言う基地の司令”田所正蔵”ともにデザインがなんともお粗末....個人的にオヤジがカッコ良く無いと興ざめするんですよねw

色々気になり出すと、語感の悪さにまで違和感を感じる始末....『ムギナミ』『ヴィラジュリオ』『ノウムンドゥス』『 ポリヘドロン』『おらが祭』........

とにかくあらゆる面で微妙でした...........



それでも最後まで観ていれば、それなりに愛着も湧いて来るもので、特にメインの女子キャラ3人より、序盤から敵役として頑張っていた男子3人のやり取りがとても面白かった♪初めは地球に住む人間の事などなんとも思ってなかった彼等が、少しづつ変わってゆく様はとても萌えた♡主人公達よりキャラ立ちしていたんじゃないですかね?結局地球側の人間になった彼等が、今年の夏放送予定のシーズン2でどれだけ活躍するか楽しみです♪



OP・EDは良かったし、個々の仕事っぷりも悪くは無かったはず。しかしそれぞれの才能が集まるとちぐはぐな事になってしまい、統一した世界観を構築する事が出来ていないような気がします。

佐藤竜雄さんがどれだけ指示をしたのか分りませんが、今少しのところで未成熟でしたね、残念です.....





公式HP http://lag-rin.com/
posted by lain at 06:26北海道 ☔Comment(0)アニメ

僕もこんなGWを書きたぁ〜い♪\(^o^)/

おそらく初めて同人小説を読んだ。


Twitterのフォロワーに、とても「ここはグリーン・ウッド」を愛し、特に”池田光流”と言う男にぞっこんな女性がいまして、丁度その池田先輩(この呼び方がしっくり来る人なのw)の誕生日ウィーク(池田先輩は捨て子だったため、正確な誕生日は分らず、3月2×日である事になっているため)だからそれを記念した短編小説を書いたそうなのです。

ほぼ「シュタインズゲート」の岡部倫太郎が放っていた哀愁をそっくりそのまま忍先輩に移し替えた展開ではあるものの、実に女性らしい細やかな情景表現が丁寧で素晴らしく、原作ファンが思わず「そうそう」と頷くようなネタを盛り込む辺りがなんとも憎い演出でした。

しかも主人公が池田先輩を溺愛している忍先輩である事も良いチョイス。GWは僕も思い入れが強い作品なので、ぼくなりのイメージでは少しだけセリフの感じが違うかなぁ、と、思う場面もありつつも、胸の奥がツンと切なくなるような忍先輩の想いの丈が語られる要所は、たまらなくしびれた♡

終り方もちゃんと考えてあったようで、後半はテンポも良く進み、途中のネタフリもしっかり回収して収束してゆくのが、とても綺麗で泣けそうだった....

相当原作コミックを読み返したのでしょうwホント素直に良いものを書いてくれました♪

好きだからこそ表現に熱が入り、作品の完成度を上げるのでしょう。同人小説も捨てたものでは無いですねw


ほんのちょっとケータイ小説にハマる女性の気持ちがワカッタ僕でした(・_・)


GWファンは必読です♡→ 『Hacking to the Time』 http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=925036

作者のTwitter垢”ライラ”さん→ http://twitter.com/#!/LaTraviata_Lyra
posted by lain at 23:23北海道 ☔雑記