こんな泥沼刑事物を日本でも観たい...「ザ・シールド シーズン5/AXN/米国/ドラマ/感想」

 チームと捜査のためなら手段は問わないストライクチーム。そのチームに監査が入り、いままでの悪行が根こそぎバレそうになる今シーズン。もう観てられないほどに泥沼です...

 せっかく心を入れ替え、チームの結束を取り戻したストライクチームだったのに、まったく捜査どころの話じゃない。終始監査官のしつこい追求から逃れる算段に謀殺されていました。

 彼等の蒔いた種ではあるものの、この監査官が本当にやらしくニヤケ顔を浮かべる情緒不安定野郎なので、リアルにムカムカしましたよwこの監査官役を演じた ”フォレスト・ ウィテカー” は、一昨年の映画「エクスペリメント」にも出演し、怖いほどの熱演を見せているようです。


※黒い人がフォレスト・ ウィテカー

この映画は、看守と囚人ごっこが、とんでもない事に発展してしまう「es」のリメイク作品だそうです。「エクスペリメント」はまだ観た事が無いけれど、「es」は観た事があるので、きっと壮絶な映画な事でしょう....今度借りてみよう♪


 で、この監査で一番苦しんだ男”レン”

 実刑に繋がる証拠がある彼は、その罪状を盾に再三チームを告発するように促される。それでも最後の最後までチームの事を想っていた彼が、最後の最後であんな事になるなんてね......

 こんなに観てて胃が痛くなるようなドラマは初めてかもしれない。彼等の法律を無視した生き方を理解出来なくも無いから、尚更その罪に追いつめられる様が苦しくのしかかる。

 この先を知る事さえ怖い次シーズンも見逃せない......