ノンケVSガチホモ大決戦2 「俎上の鯉は二度跳ねる/水城せとな/モバフラ フラワーコミックスα/小学館/2009年/BL/漫画/感想」

※BL注意報発令!!



 1年以上前に読んで(前作感想→ http://lainblog.seesaa.net/article/161356469.html )、直ぐ続編買わなきゃとか書いておいて、今更読んだ「俎上の鯉は二度跳ねる」

 今度も前作の「窮鼠はチーズの夢を見る」同様、泥沼な2人が肉欲と懺悔の日々を繰り返していました.....


 流され易いだけのノーマルな男だったはずの主人公は、どんどん押し掛け女房な美形ゲイを手玉に取れるほどの駆け引きを覚え、禁断の味に染まってゆきます。それでも自分がノンケだと信じている節がある主人公には最後までイライラしました....押し掛けゲイもいちいち面倒臭くてうざかったけど(白眼

 それにしても長〜い堂々巡りな♂×♂痴情のもつれでした。前作の倍近くもあるページ数の中で、デジャブを見せられているかのように、前進しない2人の精神構造がなんとも虚しい....しかし、その少々くどいほどの不毛さこそ、同性による恋愛のリアリティを感じさせてくれました。これくらいこじれるのが当たり前なんじゃないのかなぁ?
 

 水城さんのメンタル面の描き方が好きなので、ガチな本作も読めましたが、違う作家さんだったらキツかったかなぁwやっぱり本番まで行く理由がもっとリアルなシチュエーションじゃ無いと、どうにも違和感を感じる事が多いですからBLはw

 なので、ちゃんと女の子が好きな男としては、BL読み終わった後の気分は、普通に女子が裸になっている本を読んだ時より重いんですよw軽い描写なら面白可笑しく読めますけど、流石にガチ物は人間としての根本的なシステムを否定するお話ですからね....何度読んでもガチBLは難しいジャンルだなぁ....(´-`)


 ゲイに愛されてしまったノンケな男も、きっとこんな気持ちに悩み続けてゆく事だろう.....orz

IMG_0598_convert_20120131064552.jpg


 水城せとな公式HP http://www.page.sannet.ne.jp/setona/
posted by lain at 06:53北海道 ☔Comment(0)漫画