なんとか一件落着?通院生活・・・

 おはようございます。

 三日ぶりに朝食を普通に食べられる事に喜びを感じる僕です♡


 二日連続での検査により、身体の中(内蔵)には大きな異常は見つかりませんでした。筋肉の異常であり、内蔵疾患では無いと医者に言われただけでも安心して良いのかもしれません。後は小さな病院で痛み止めを定期的に処方してもらう事になりそうです。


 にしても、この二日間で色んな事を学びました。


 院内にスタバやローソンがあるとか

 近未来的な装置を思わせる外観の"CT”の使用料が1万3000円もするとか

 胃カメラは鼻から入れるのが痛く無いとか

 大学病院の徹底した分業化による効率化で、支払いさえ自動精算機で払うとか

 大学病院でさえ自前の薬局は構えずほとんど外部処方だとか


 そして、治療で訪れる利用者でさえ有料で、無料のチケットを配布する気が無いとか......


 病院て10年以上行かずにいると変わり過ぎですよ(白眼


 
 三度の通院でかなりのお金と時間を奪われました。でも、ちょっとした人間ドックを受けた気分になれば、案外悪い事でも無かったかもしれません。

 大きな疾患が他の場所にも見つからなかっただけも、充分な価値を感じる通院経験になりました。

 僕程度の人間が、この三日分で病院疲れを感じるのですから、毎週、毎日のように通院、検査をなさっている方達は大変だと言う事も痛感しました。

 そして、この師走にまさしく走り回っている医療関係者にも尊敬の念を禁じ得ません。

 予約された患者を2000人近くさばく大学病院とは本当に凄い場所なんですねぇ.....



 今、まさに病気を抱えている人。

 その病気をなんとかしてあげたいと頑張っている人。

 その両者が報われる環境をこれからの日本はもっと、もっと考えてゆきたいものですね。



 

 追伸、CTの器械を眼にしたら、オトコノコなら笑うよwあまりにも趣味の世界の装置だから♡((o(´∀`)o))アレハ アトラクション
 
posted by lain at 06:58北海道 ☔雑記