何年経っても落ち無い城「ラピュタ」

天空の城が初めて落ちてから、どれだけ経ったろうか?ジブリ作品の中でも、根強い人気を誇る今作は、長い歳月の間に何度も何度もテレビで放送されて来ました。

 そんなラピュタが地上波で、劇場に勝るとも劣らない美しさのHDリマスターで観れる日が来るとはねw時代も変わったもんだ(;´Д`)


 ブルーレイ版のラピュタを僕は観た事が無いので、今回の放送が初めて眼にするHDクオリティでしたが、非常に手描きセルの良さを活かした美しさに見えました。手描きはやっぱ落ち着きますw

 最近のアニメはほとんどコンピューターで色を付けるので、気持ち悪いほどに発色が良く、正確な彩色は深みに欠けます。手描きの不完全さこそが温かさを感じさせ、動き回るキャラ達にも息吹を感じるのでは無いでしょうか?

 そしてラピュタは動画の良さだけでは無く演出も秀逸ですよねw冒頭の空から降りてくるシータを抱きかかえるシーンなんて、シータの体重を感じさせない浮遊感に対するパズーの仕草が最高でした♪

 宮崎作品はどれもそうですが、監督はホントに演技指導の上手い人なんですよね。ああいったディティール一つ一つが作品を高い所に引き上げていると思います。

そしてなにより、この時期のジブリはシナリオのバランスがとても良い♪ガヤガヤワイワイ楽しい冒険の部分と、目を背けたくなるような生々しい現実とが上手く融合していると思うのです。

そのため観終わった後の感慨は格別だよ...


そんな諸々の想いもあって、僕ら中年にとってラピュタは、絶対に外せないアニメであり続ける事でしょう(´・灬・`)
posted by lain at 08:12北海道 ☔Comment(0)アニメ