聖職者の域に達した男。「どーも/小田和正/2011年/音楽/感想」

 まず聞き始めて直ぐに思う事は「もうあの頃の小田和正はいない」と言う事。

 恐れさえ感じるほどの純粋さで、人を寄せ付けない壁を感じた若き日の小田さん。しかし、クリスマスの約束を始めた頃から、尖った生き方はなりをひそめ、自らの弱さと向かい合い、周りの存在を認める生き方に変わったように感じます。

  身体的にも息が続かなくなって、来たのが曲によってとても伝わって来ますが、それがまたいい♪同じまま一生変わらない人なんて面白くもなんともない。生き続けるたび常に形を変え、その時々にしか表れない顔を見せてくれる人がとても愛おしい….

 あの日の「小田和正」は確かにいなくなった。
 
 でも、今の「小田和正」がここにはいる。
 
 今の彼だから歌える歌がある。昔を懐かしむ必要なんて無い。今だから逢える小田和正に逢えて良かった♪
 
 いつまでかかっても構わない、また新しい曲をその優しい祈りに満ちた歌声で聴かせて下さい♡



 あぁ、ライブ行きたいなぁ....._/乙(、ン、)_
posted by lain at 20:59北海道 ☁Comment(0)音楽

この夏お熱いポリスはいかが?ニヤ「ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!/エドガー・ライト/2008年/映画/感想」

あらすじ的なもの....

 「ロンドンでエリート警官としての道をひた走る男”ニコラス・エンジェル”は、優秀過ぎるがゆえに疎まれ田舎に左遷される。私生活を壊すほど警官として生真面目な彼は、一見平和に見える田舎町のやり方にイライラカリカリしていた。そんななか、町で不自然な事故死が続き彼は殺しだと睨むのだが、周りはただの事故だと取り合わず、いっこうに捜査をしようとしない。彼は唯一の理解者”ダニー”と事件を調べ始めるのだが…..」




 こんなあらすじ書いたら大真面目なサスペンススリラー作品みたいだけど、まったくそんな事はなく、予告通りの超が付くほど素晴らしいB級映画です!!近年観たB級のなかじゃかなり上の映画♪冒頭から上手いシーン構成で、コメディ全開なのがたまらないww主人公の生真面目さがツボ過ぎて序盤からニヤケまくり♡

 分りそうで分らない有名映画のパロディも秀逸!終盤のドンパチシーンでさえ大笑いwwww人の死に方や傷つき方もそれほどくどくないので後味も悪く無いwサスペンス要素があるために、ストーリーの緩急が付いて非常に上手いです♪エンジェルを引き立てるグダグダ警官達も味があったなぁ〜♪あまりのぐだぐださに怒りも通り越しちゃうほど使えない連中wしょっちゅうケーキ食べてるしww振り回されるエンジェル自身も最後には吹っ切れて、相棒のダニーと壊れてゆく様は萌えた♡( ☣_ゝ☣)


 もう何から何まで笑えてたまらんよwくどくど説明なんてイラナイ!B級、パロディ映画が好きなら即観よう!そうしよう!!絶対損しない二時間が欲しいならこれだwwww

 沢山の映画好きが日本での公開を望んだ理由にも頷ける完成度。映画館で是非観たかったなぁwホント映画は蓋を開けるまで分らないもんだなぁ♪(◕ฺ ▿ฺ ◕ฺ)ニァニァ
posted by lain at 06:17北海道 ☁Comment(0)映画