映画な一日の終わりに。

 今日は「デビル」を観に友人と札幌まで行ったわけですが、明日の事も考え朝一の回で見ようなんて考えたのがまずかったwそれでなくても”なでしこJAPAN”女子サッカーWC決勝を見るために朝早くから起きていたから、札幌までの道のりは地獄......

 友人も昨夜は飲み会だったらしく、行きはなんとか起きていたものの、帰りはぐっすりwそんな脳波を受けて、僕も非常に危険だったよ....( -౪-)°゜

 それでもなんだか、遠出をして映画を観るのも悪くない♪映画の内容もまずまずだったし、行き帰りに映画の事を考えたり、久々に会った友人と最近の話をするのも楽しかったwライブに行くようになって、遠征の楽しみ方を覚えたのかもしれない♡


 今回初めて札幌のゲオ系列ディノスシネマズ札幌に行ったのですが、これがまた規模の小さいスクリーンで新鮮w小さい頃はこれぐらいの大きさが当たり前だったのに、今じゃ大手シネコンの大きなスクリーンに慣れてしまって、かなり貧弱に感じましたwwドリンクホルダーだって存在しないんだよwww「デビル」もこんな規模のスクリーンでしか上映出来ないなんて寂しい限りです....


 ついでに予告で流れる作品もヤバイ物ばかりで笑えたw「羊たちの沈黙」の”ハンニバル・レクター”や、「SAW」の”ジグソウ”に続くカリスマ的な説明で現れた男の滑稽な野望映画「ムカデ人間」の映像を観たり、開いた口が塞がらないような超B級邦画の紹介を”若本規夫”氏が熱の籠ったいつもの調子でやっているのを聴いていたら可笑しくて可笑しくてwwwwwどんな前座かとwwwww

 超B級の邦画なんてタイトルも忘れたわwwwwあんな映画絶対シネコンじゃやらないね...(白眼


 そんなわけで、色々と刺激的で贅沢な一日でしたw次に観たい映画は地元の旭川でも上映しそうなので一安心。まずは「トランスフォーマー」の三作目を、そして来月は”テレンスマリック”監督作品「ツリーオブライフ」を観る予定♪今年の夏も充実した映画生活が送れそうだ♡( ☣ฺ_ゝ☣ฺ)フフ...

 

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン公式HP http://www.tf3-movie.jp/



ツリーオブライフ公式HP http://www.movies.co.jp/tree-life/
posted by lain at 18:57北海道 ☁Comment(0)映画

期待を裏切る男”シャマラン”が帰って来た!「デビル/M・ナイト・シャマラン/2011年/映画/感想」

※微妙にネタバレ?





 次々と、良い意味でも悪い意味でも期待を裏切り続ける男 ”M・ナイト・シャマラン” 彼の新作映画がとうとう日本で公開しました。


 その名も「デビル」




 直球なタイトル名にも慣れて来ましたなwその名の通りの映画だと思って良いです。デビル=悪魔のせいで死人が出る、ここまで書いてもかまわないくらいです。ネタバレ禁止なのはデビルが”誰”なのかと言う事....



 とあるビルのエレベーターが突如故障。中に閉じ込められたのは男女合わせて5人。彼等は閉じ込められた事で少しづつお互いへの苛立ち、不信感をつのらせてゆき、目を覆うような恐ろしい事が起きてしまうのです....


 主人公で、そのビルで起きた自殺事件を調べるために来ていた刑事の男。彼がエレベーターで起きている異常事態を捜査してゆく事になります。しかし、いくら正攻法で捜査をしても、明らかになる事実がなかなか犯人に結びつかず、どんどん手に負えない状況へと悪化してゆきます...



 オープニングのモノローグの内容から、始めから悪魔の仕業なのだろうと分っているものの、彼の必死な捜査が進むうちにミスリードされ、思わず本当に犯人がいるの?と思ってしまう展開はなかなか上手かったです。ただ、モノローグが無ければ、もっとスリルに満ちた作品になったのではないかと....orz


 この辺の裏切り方がファンにとってどうなのか?これはいつものシャマランだよwと笑って受け入れる人ばかりなら良いですけど、あまり理解されない演出かもしれません。狙ったのかなぁ.....


 とはいえ密室パニック物としては王道な作品なので、悪く言えばベタ、良く言えば原点回帰とも取れる映画かもしれません。脅かしの演出は優れているので、サスペンスホラーが好きな人ならありです。しかも、最近のシャマラン作品に比べれば、まとまりも良く終わり方も綺麗です。相変わらず人智の越えた存在は出て来ますがw


 ”ぽかーん”なシャマラン作品を好きな人には物足りなく、「シックスセンス」のようなまとまりの良い作品を好む方にはあっと言う間の80分になる事でしょう。




 ちなみに、原案と製作はシャマランですが、監督は”ジョン・エリック・ドゥードル”さんですってwもう監督より製作に周りたいとシャマラン氏は言っているようです。言われなければ分らないほどシャマラン映画でしたけどねwww僕はジョン・エリック・ドゥードル監督の「REC」は観てないので尚更かもしれません。



 今回の完成度を見ると、製作に専念するのもいいかもしれないですね。彼が直に指揮を取っていたら「デビル」がどうなっていたか....考えるだけで笑えて来ますけどねwwww興行的な事を考えると、彼のB級インディーズ思考なオチはまずいでしょうし、コアなファンを裏切っても集客出来る映画をたまには作るのも悪くないでしょう。


 またそのうち自ら監督として、トンデモ映画を作って欲しい気もしますけどね(ΦωΦ)フフフ…


 


 デビル公式 http://devil-movie.jp/
posted by lain at 18:04北海道 ☁Comment(0)映画

男の娘....好きですか?┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ「NEWTYPE写真集 女々男子~綺麗な男の娘は好きですか~/2011年/同人誌/写真集/感想」

【女装】じょそう

 [名]男が女の姿をすること。また、その装い。



 性別は誰の意思にも反して定められた絶対の呪縛。”男”は”男”として、”女”は”女”として産まれ、死んでゆく...

 しかし、誰もが自分の運命に納得し受け入れているわけではありません。先天的にか、後天的にか物心ついた時には同性へ性的趣向を持ち、自分の中に占める男と女のバランスに苦しみ生きる者や、自らのコンプレックスの裏返しで自分を女性に模すと言う自虐行為でしか興奮を得られない者もいます。

 更に細分化すれば、ジェンダーマイノリティーはかなりの人数になる事でしょう。そして、そんな性を横断する生き方にあこがれ、日本に蔓延しつつあるのが「男の娘」と言うジャンル。


 元々は漫画やアニメの登場人物に、男の設定なのに女性にしか見えないキャラに与えられた総称でした。しかし、近年”草食系男子”が人気になるなど、男の女性的部分が比重を増して来た結果、現実社会で女の子にしか見えない男の子が急増。既に周知の事実となっているようです。

 勿論突然彼等は現れたのではありません。いままでも存在していたのですが、お国柄と言うかなんと言うか、一昔前の日本でそんな生き方を蔑み、社会から排除するような風潮があったため、表に現れなかっただけなのです。女装とへそくりはこっそりが常識だったwそれが最近じゃあ、テレビにおねぇ言葉で当たり前映っている女装家までいる始末。世の中丸くなったなぁwww

 
 でもね....デブで気持ちの悪い目つきを浮かべたDXな人なんて要らん!!僕は可愛い”男の娘”が見たいんだい!ヽ(`ε´*)ノブーブー!!

 ↑こんな風に考えてる同志諸君。この本を買うのじゃ!キリリ

写真-304.JPG

 これは、東京はアキバにある女装メイドカフェ「NEW TYPE」で実際に働いていると言う男の娘なメイドさんの写真集なのだ!日々女装し働いているだけあって、かなりの本気度を感じさせる方が多い。特に最初に登場する”かぴのすけ”さんや、"Perfume"の”かしゆか”を彷彿とさせるパッツン前髪が可愛い”タソ。”さんなんて、普通に街で女性と間違えるレベル♡こうして世に出る男の娘だけでこの質だという事は、もっとレベルの高い男の娘がいるのでしょうね....viva男の娘+。:.゚ヽ(*´ω`)ノ゚.:。+゚

写真-305.JPG
写真-306.JPG

 別に男が好きとかどうとか言う事ではなく、綺麗なモノは綺麗でいいじゃないか♪素直に感じた感情に蓋をするような生き方はやめよう。それがただの勘違いでもかまわない。間違える事さえ出来ない人生なんて、こっちからお断りだい!

 とにかく、某有名アニメのごとく「NEW TYPE」な彼等、いや彼女等の輝ける今を収めた写真集....買いです♡(ノω`*)



 追伸、同人誌のお値段は少し高いです。虎の穴でのみ販売中!二次予約も現時点で在庫が半分くらいになってます。

 虎の穴商品ページ http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0010/26/54/040010265498.html
 NEW TYPEホームページ http://newtype.ms/
posted by lain at 08:31北海道 ☔Comment(0)写真集