常野の物語は、僕らが”しまう” 「蒲公英草紙 常野物語/恩田 陸/集英社/2005年/小説/感想」

 常人とはかけ離れた能力を持つがゆえに苦しみを抱えた者達がいた。


 人の記憶や感情を”しまう”事が出来る者。

 謎の存在に”裏返されない”ように戦い続ける者。

 どんなに遠くの事でも見聞きする事が出来る者。

 とてつもない時間を生き続ける者。


 人は彼等を”常野”と読んだ.....

写真-310.JPG


 常野の物語が綴られた初めての本「光の帝国」はオムニバス形式の短編でした。登場人物のリンクはあるものの、一つ一つ違う能力に翻弄される者達を描いていました。今回の二冊目「蒲公英草紙」では、深く一つの物語を掘り下げられ、前作でもう少しこの人達を見ていたかったと思う僕ら読み手にとって嬉しい内容になっています。

 主人公は自宅の近くにある立派なお屋敷へ憧れを持つ女の子。彼女が自身の記憶を辿りながら過去を語るスタイルで物語は進みます。彼女の憧れるその邸宅には、病気がちな同世代の女の子がおりまして、その子の為に一緒に遊んで欲しいとその子の主治医である父親からある時言われます。女の子はその病気がちな女の子と遊ぶと言う理由からお屋敷に関わっていく事で、沢山の出会いを経験してゆくのですが、その人々がまたなんとも個性的で魅力に溢れていました。

 いつも意地悪ばかりする男の子や、役に立つか分らないような発明ばかりしている老人、気まぐれに絵を描くちゃらんぽらんな男、有名な仏師だったがある事が理由に自信を喪失した者、前回の冒頭エピソードでも活躍した”しまう”人々もまた登場します。

 彼等との、まるで夏休みの想い出のように凝縮された経験の記憶は優しく描かれ、その想い出を完成させる一つの哀しい出来事が更に追い打ちをかけるように僕に襲いかかりました。そのせいでラスト付近はとにかく泣いてしまった....ベタと言えばベタな展開なのですが、まとめかたがとても僕にはしっくり来るのです。

 前作の時にも書きましたが、恩田さんの文体はとても僕の波長に合っていると思います。言い回しの不愉快さも無いし、すんなり文字が心に入って来ます。僕じゃなくてもかなり読み易い事でしょう♪


 常野の物語はあと一冊残っています。2004年から2005年のかけて雑誌に連載していた物をまとめた「エンドゲーム」これをまたちまちまと読んで行こうと思っています。

 三冊あるシリーズはどれも間隔があいて連載していました。そろそろ新しい”常野物語”が語られても良い時期じゃないですかね恩田さん?期待しながら「エンドゲーム」読んじゃいますから♡(*´艸`*)
posted by lain at 02:58北海道 ☀Comment(0)小説

ボクのペットは脚が8本♡

 はいはいみんな〜!今から全然どうでも良い話するからね〜♪(≧▽≦)ノ


 僕は部屋で”蜘蛛”を飼っています。文字通りの意味ではなく、ただ居座られているだけwうちは住宅地から少し離れ、田圃に囲まれたところにあります。(農家では無いですw)なのでとにかく虫が多い...網戸の細かい隙間から入りこんだりする事もしばしば。彼もいつのまにか入り込んでいました。家自体も築30年以上と言う老朽建築なので尚更です。

 それが部屋で蜘蛛を飼っている事とどう繋がるのか?ずばり部屋へ入り込んだ虫を....食べてもらうんですよ♡(*´¬`)

 虫の大半は光に集まります。だから部屋の蛍光灯の傘の上に”彼”は巣を作り住んでいます。蜘蛛で一番嫌なのが巣が顔に引っかかってしまったりする事ですが、彼は電気の傘から降りて来ないのでまったく迷惑に感じたりしませんよ♪いつも静かにじっと獲物が巣にかかるのを待っているわけですwww


 蜘蛛というのは、元々害虫を食べてくれる”益虫”としてその存在を認められて来ました。しかし農業の衰退と共に、その見た目の気持ち悪さ、しつこくまとわりつく糸の不愉快さ、外来種で毒性の強い”セアカゴケグモ”などのニュースが蜘蛛の存在を忌み嫌う物へと押し上げてしまった....

 ですが日本に生息する毒性の強い蜘蛛はほんのわずかな種類。生息する地域も南の地方に偏っています。だからどこぞの国が作った映画のように、人間がその毒で殺される事なんてほとんどありません。スズメバチの方がよほど怖いw


 彼等が捕食する事だってなんら怖い事ではありません。人間だって日々生き物を殺し生き延びています。それどころか、彼等は僕らのように他人にその”責任”を押し付けたりせず、自ら手を汚しているのです。そう考えると、尊敬の念が産まれて来ませんか?.....来ませんよねー(白眼

 
 以上、特に深い意味は無い蜘蛛のお話でした♡(;・∀・)ァ・・ アハハ・・・ハハ・・・・
posted by lain at 06:30北海道 ☀雑記

MacBook冷やしてみました〜♪

 今年はとにかく暑い!!各地で記録的な猛暑日が続き熱中症になる人が増えています。しかし、悲鳴をあげているのは人間だけじゃなかった....


 iPhoneを使い始め3年、徐々に興味が増したMacを去年購入。買ったのは普通のMacBook。それでもシンプルでオシャレなデザインを気に入り、もう据え置きタワーなPCにはまったく興味が無くなるほど愛用して来ました。

 いままで大きな傷や汚れ不具合なども経験せず、快適にMac生活してたのにしてたのに.....とうとうやっちまったw

写真-309.JPG

 ずっと気にはしていたんですけど、去年の夏はなんでも無かったため、まったく熱処理の心配なんてしてませんでした。しかし今年の暑さは半端じゃなかった....気づいた時にはバッテリーが入っている辺りの裏蓋が変形しており、触るとポコポコ音がするほどです.....

 充電が終ったらACケーブルを外せば良かったのかもしれませんが、それすら忘れていました。もうかなり自分にガッカリwAppleに問い合わせて部品交換でも頼めば良いのかもしれませんが、とりあえず今は我慢して、これ以上酷くならないように冷却する方法を考えました。

 ノートPC向けの冷却装置は色々あるんですねwおしゃれで高そうなタブレット型の物から、小さなパッドを貼付けるだけの安価な物までどれがいいのか分らないほどありました。

 高いのはノートPCを平らに置く事が出来るし、機能性、冷却性も良さそうだけど財布の事情で却下。ただパッドや冷却フィンを貼付けるような物はたいして冷えないだろうからこれも却下。値段と機能性を考え残ったのが単純に熱くなったところに風を当てるだけの装置。

写真-307.JPG

 これはELECOMのSX-CLO3MSVで値段は楽天の某ショップで1990円。これと似たものは沢山あるのですが、レビューの内容とメーカーの信頼度でこれにしました。ノートの後ろ側の下に置き、ノートの裏側に風を当てるだけの単純な構造。風の強さは二段階で清音モードと強風モードがあります。風の向きも手動で若干変更する事が可能です。

 この手の装置で気になるファンの音に関しても、それほど気にならない程度です。それよりノートの後方だけを持ち上げる事になるので、使用感が変わる事の方が気になる方がいそうな気がしますね。僕は気にならないですがw

写真-308.JPG

 で、どれだけ温度が下がったのか?実際のCPU温度やなんかは温度をチェックするソフトを入れていないので分りませんが、手で触れた感じでは、明らかに背面の温度は下がっています。もっと早くこれを買ってれば....orz


 見た目は少々悪くなりましたが、この際背に腹は変えられない!しばらくはこれにお世話になろうと思いま〜す♪


 ELECOM商品ページ http://www2.elecom.co.jp/accessory/cooling-sheet/sx-cl03/index.asp
posted by lain at 20:27北海道 🌁Comment(0)Apple