ヤクザがヤクザをヤクザするとき....「アウトレイジ/北野武/2010年/映画」

 北野映画と言えば、直ぐ浮かぶのが ”ヤクザ”

  実際のヤクザなんてまったく交流が無いので知らんけど、北野監督のヤクザ物はなんだか凄くリアリティを感じてしまう。出て来るヤクザ連中が、強面な人間ばかりじゃなくて、一見普通に見える人間や、ただの禿げたおっさん達が組をまとめているとこなんてホントにそれっぽく思える。

 まあ、”ヤクザ映画”って言うジャンルとして、こういうスタイルだ!という先入観が観客に無いわけでもないけれど....



 で、今回の北野ヤクザは、一番偉い会長の下の下の下の親分設定。末端の組をまとめる、いわゆる実戦部隊やねw 一番偉い人の都合で、あ〜でもない、こ〜でもない、そんな風に振り回されたあげくにサヨウナラ....

 まるでサラリーマンみたいね、ヤクザなのに....ボソ


 上の人間達の悪意が更に悪意を産み暴走して最終的に何処へ向うのか? その破滅的な展開から目が離せず、かなり見入って面白かったです。ただ、かなりえげつなく人が傷つき、死んでゆく事になるので、今まで観た北野ヤクザの中では一番狂気に満ちた表現に溢れています.....

 それでも、そんな北野監督の破壊衝動が僕は好きだ。

 絶対にしたくない、して欲しく無い暴力ばかりなのに、その衝動から眼を逸らす事は出来ません。人間は、本質的に痛みを感じなければ生きている事を実感出来ない生き物。人の生き死にに近づけば、自分の命の在処に近づく事が出来るような気がします...


 たとえ架空の世界だとしても、ディティールが細かければ、伝わる痛みもハンパではない。北野監督はまさに痛みを作り出すアーティストです♡普通の人間には、あんなサディスティックな傷つけ方思いつきませんよwそれを物語るように、この映画はストーリーありきでは無く、人の死に方を先に考え、そこにストーリーを付けたなんて話まであるくらいです。

 ここまで行くと、なんかホラー映画みたいに思えて笑えるwww


 
 馬鹿で、滑稽で、不毛で、プライドばかりが先行してて、絶対なりたくない職業ナンバー1な”ヤクザ”だけど、日本人の破壊衝動を代弁し、実践している業種はヤクザしかありません。 なのでこれからも、北野映画には ”ヤクザ” が欠かせ無い事でしょう...

 アウトレイジは続編も発表されているらしいし、どんな内容になるか楽しみだわ☆


 公式HP http://office-kitano.co.jp/outrage/main.html 
posted by lain at 21:52北海道 ☔Comment(0)映画

一期一会な古本屋。「君に捧げる屍/瀬川乃里子/秋田書店/ホラ-・コミックス・スペシャル/1995年/漫画」

 夏至の日を迎え、そろそろ夏本番と言ったところでしょうか♪僕の住む北海道でも、30℃を越える地域が出て来るほどですw


 で、暑くなり、夏休みが近づくと、増える話題が怪談....まあ、昔ほどテレビでSP番組が流れるような事は、今では無いようですが、既に風物詩になりつつあるのは確か♡

 ホラー物で直ぐに思いつく漫画家と言えば楠桂・大橋薫かなぁ。ちょっと最近はマンネリ気味で読まなくなってしまったけど、安定して面白い作家さんではあるよねw他にもなんかあった気がするけど、思い出せない.....


 そうそう!忘れられない作家さんがもう1人。”瀬川乃里子”さんです。

IMG_7626.jpg

 今から10年ほど昔、まだ僕の住む街にブックオフなんて大手の古書店が無かった時代、古本を買うなら個人で営業しているの古書店で買うのがあたり前でした。勿論充実した100円コーナーなんてありませんから、通常価格の約半額が相場。それでも、欲しい本を求めて何カ所もの古本屋を廻るのが楽しかった♪新品しか置いていない書店では見つける事が出来ない本を、古本屋でなら手に出来るからです。僕にとってそこは楽園でした....

 そんな古本屋廻りで出会ったのが、”瀬川乃里子”さんの「君に捧げる屍」

 もうこのタイトルだけでヤバい匂いがぷんぷんして来て、気づけば手に握りしめレジに向っていました....作画のタッチは、”道原かつみ”さんに近い感じで、独特なキャラの線が異様な雰囲気を感じさせてくれます。日本人設定より、外国や異世界設定のキャラに合う作画です。

 4つの短編からなるこの作品。表題になっている「君に捧げる屍」は、死体の写真ばかりを撮っている写真家が、イカレタファンに死体をプレゼントされてしまうと言うもので、作品冒頭主人公がバスタブに内臓を浮かべ、自分がその風呂に浸かっている画がとても印象的でしたw ただ、そんなスプラッターな内容もありながら、最終的には何処かぬくもりを感じるお話が多く、救いがある終わり方がとても好きです。けして派手さのあるまんが家さんではありませんが、何故か他の作品も気になる作家さんの一人になりました♪

 
 瀬川さんは、しばらく休筆していたそうで、単行本もそれほど多く出ていません。今は漫画家として復活する為に頑張ってらっしゃるようです。今の瀬川さんだから描けるホラーを、早く読んでみたいですね♡


 ちなみに、下記のサイトから9冊ほど電子書籍として配信しています♪
 ↓
 コミックターミナル http://goo.gl/CgR8X

 Twitterもやってるみたい♪ http://twitter.com/#!/meilavi
posted by lain at 06:02北海道 ☔Comment(0)漫画