今年は半分大人の子供の日♪「今日は一日”尾崎豊”三昧/NHK-FM」

 結局、天気も冴えなくほぼ毎日家のなかで過ごしたGW...そんなGW最後の日はNHK-FMの「今日は一日”尾崎豊"三昧」で〆ました♪


 去年はアニソン三昧で、幅広い年代で大盛り上がりでしたが、今年は尾崎豊をじっくりと味わい、感慨深く尾崎の繊細な魂を思い出していました....

 僕は微妙に尾崎豊世代から外れているので、正直死んでから彼を知りました。彼が死んだ当時、テレビでは何処をかけても彼の死を悼むファンを映した番組ばかりで、「何故こんなにこの人の死を哀しんでいるのだろう?」と言うのが一番最初の印象でした。若者のカリスマが死んだ。犯罪を助長する存在だったなど、ある種社会に害を及ぼす者であったように報道され、僕と同じように世間もファンの反応に戸惑っていたように思います。

 しかし、彼の死後沢山のCMやドラマに楽曲が使われ、いままで過激な内容の歌詞を批判するだけだった大人達にもその良さが浸透。さらに若い世代の中に彼の言葉の一つ一つが広まっていきました...僕も、そんな若い世代の一人だった...今は尾崎より歳くった30越えのオジさんだけどねw


 いまにも何処かへ消えてしまいそうなほど繊細な感情を振り回した彼。その脆さはジョンレノンやマイケルジャクソンを思わせる...彼等は強く無い。弱さ故に迷い戦う。

 彼はその弱さによって自分以外を信じ切れなかった...とても優しく、とても哀しい男....


 アーティストに必須である「思い込み」と言う武器を彼は持っていた。そしてその思い込みをカタチにする術も。これは生きるうえでは諸刃の剣...僕はそんな武器を捨てでも、彼自身が拒絶した社会で生きて欲しかった。その結果彼の歌そのものが失われるとしても、きっと違う尾崎豊が産まれたはず...

 たらればは禁物だけど、彼を諌める事が出来る人間が当時いればと思ってしまう。1人で良いから心を分け合える人が....


 ジョンレノンにヨーコがいたように、尾崎豊にとってそんな存在があって欲しかった。そして、彼を新たなステップに導いて欲しかった...今日一日彼の曲に触れて一層そう感じ、尾崎が今生きて歌っていれば、どんな曲を書いただろうと考えてしまいますね.......




 それでも、これから先も誰かの心に彼の歌が響いて行く事でしょう....またね、尾崎♪
posted by lain at 00:09北海道 ☁Comment(0)音楽

首都高では安全運転を〜♪「首都高バトルX/Genki/XBOX360/2006年/ゲーム」

 事実上、最後の首都高バトル作品になった「首都高バトルX(テン)」良くも悪くも和製レースゲームでありました....


 基本的なレース内容は、首都高を走り回り走り屋さん達にパッシングで喧嘩を売り、バトルし続ける物。初めはそれなりに楽しいのですが、慣れてくるとコースの単調さや、CPUの阿呆さに作業感が増していきます。さらに、システム的なストレスもかさみ、レースゲームの腕以上に忍耐力が必須になります.....


 今の、リアルな挙動、様々なレースイベントと優秀なCPUが当たり前のレースゲームを知った後では、物足りなさがありますね。ただ、国産らしい安心感はあるタイトルです。アバウトな操作しか要求されないので、使用する車さえ気をつけておけば後は忍耐でなんとかなると思います。とくに、CPUはコーナーや一般車両を抜く際かなり減速するため狙い目です。


 このゲームの一番残念なのは、最後のボスを倒す為にかなり面倒が多いと言う事....僕はそこで積む事にしました。同じ事の繰り返しでモチベーションが上がらないですwこれなら峠シリーズの方が面白かったんじゃないかなぁ.....(ちなみに真のボス手前まででストーリーだけを遊ぶと実績は400は解除されます。)

 僕は北海道なので首都高にも思い入れは無いし、コースレイアウトの面からも残念な気がしました。あれだけ当時人気だった"Genki"ブランドが終っていった原因の一つかもしれませんね........


 こういうギャグは笑えたwww
写真-265.JPG
◯ャア専用♡


 もしもプレイするなら、このサイト様が見易かったです→ http://www.gamekouryaku.net/sbx/index.html
posted by lain at 17:30北海道 ☀Comment(0)ゲーム

365分の1日。それが五月五日。

 五月五日、それはアメリカの野球ファンにとっては ”サイ・ヤング”投手がアメリカンリーグ初めて完全試合を達成した日...

 五月五日、それは日本で初めて細菌テロが起きた日...

 五月五日、それはDrコパ・モト冬樹・デープスペクター・ピーターモリニュー・工藤公康・佐藤竹善・高山みなみ・子安武人・渡部篤郎・伊良部秀輝・飯野賢治・中川翔子・岡崎律子さん等の誕生日...

 
 ついでに、戦部ワタルや 遙大地の誕生日♡


 他にもこの日が特別な人は多い事でしょう。毎日が記念日ですからwまあ日本人としては、五月五日は何の日か聞かれれば、一番最初に浮かぶのが”子供の日”ですな♪

写真-262.jpg

写真-263.JPG


 雛人形を飾る”雛祭り”は女の子の日。子供の日は主に男の子のための日と、考えるのが一般的。ゆえに、昔から兜を飾ったり、鯉のぼりをあげたりするわけです。

 でも、ならなぜ子供の日なのかなぁ....男の子の日にふさわしい記念日になるように名前を変えたらどうだろう?元々は、「端午の節句」と呼ばれる日であって、決して最初から「子供の日」と呼ばれていたわけではありません。子供=男の子 という発想が昔はあったのでしょうか。


 こんな風に、どんな想いが込められた日かも忘れられて風習はどんどん形式だけなり、経済活動の一環になっていくものですね....少し反省)\(_ _ ;)


 写真-264.JPG

 
posted by lain at 09:30北海道 ☀Comment(0)折り紙