恒例?instagramまとめ〜♪

四月の北海道はまだまだ寒空ばかりで春らしい写真は少ないですw

IMG_6038.JPG

IMG_6032.JPG

IMG_6035.JPG
僕が良く行っていた神社ですw過去形...

 IMG_6043.JPG

 IMG_6050.JPG
僕は乗れないので、素直に彼女達に感心♪

 IMG_6093.JPG

 IMG_6110.JPG
ライブ帰りにボケっと撮影

 IMG_6181.JPG

 IMG_6229.JPG

 IMG_6239.JPG

 IMG_6256.JPG

 ホントに雨が多かったかな...今月は春らしい天気が続いて欲しいものです♪
posted by lain at 22:12北海道 ☔Comment(0)写真

また買い替えたヘッドセット...「ゼンハイザーMM 100」

 去年の8月頃に買ってそれなりに気に入っていたモトローラのMOT-S9HDBKが接触不良で使えなくなりました....

 どうも充電する時のジャック部分のハンダが取れたんじゃ無いかと思われ、ばらして直すのも面倒だし、思い切って新しいヘッドセットを購入しました。

写真-269.JPG

 ゼンハイザーの"MM 100" 価格的には”MOT-S9HD”の倍くらいの値段ですが、その価格分の価値をまだ使い始めですが感じます♡
 
 見た目の良さの反面、現物を見ると材質を安っぽく感じる人が多いようですが、これはなるべく軽い物で作ろうとした結果では無いかと思うほど軽く、耳の形状によって個人差はあったとしても、僕にはかなりのフィット感でした。

写真-268.JPG

 イヤフォンタイプのMOT-S9HDは、アメリカサイズで少しフィット感には不満がありましたが、このMM 100は日本人にも丁度良いサイズでしょう。ネックバンドタイプとしては、今のところなかなかいいですね〜♪後は電池の持ちと通話に関してどうなのかをしばらく使って試してみたいです。


 そしてなによりこれを選んで良かったと思えるのが音質ですね♡試しに自分のiPhoneで音楽を再生してみたのですが、MP3をBluetoothで飛ばして聴いているとは思えないクオリティで楽しむ事が出来ました。ゼンハイザーの商品を使った事が無かったので、まさかここまで綺麗だとは思っていませんでしたよwwここまで綺麗だと、なおの事有線なヘッドフォン等は使えないですね♡
 
 この商品は保証も二年間と長いので安心して使えそう。注文から発送まで短時間で届けてくれたアップルショップも良い仕事をしてくれたし、とても良い買い物をさせてもらいました♪


 ゼンハイザー商品説明ページ http://www.senncom.jp/mm100/
posted by lain at 23:49北海道 ☔Comment(0)Apple

後藤圭二作品は、いつもどこかオシイ!!「機神大戦ギガンティック・フォーミュラ/後藤圭二/きむらひでふみ/ブレインズ・ベース/テレビ東京/2007年/アニメ」

 これまたエヴァ以降のアニメという事で、特撮ノリを含んだロボアニメで、なんか懐かしい匂いがした♡


あらすじ

『西暦2035年、「赤道の冬」とよばれる未曾有の異常気象によりクラウド(EM-cloud)と呼ばれる電磁雲で覆われ、既存のエネルギーが消失した世界。人類を救ったのは世界各地で発掘されたオーパーツ「頭像」のオーバーテクノロジーだった。そして、各国が「頭像」(OXII)を元に巨大ロボットを開発し、新たな世界秩序構築の主導権を賭けた「もっとも賢明なる世界大戦」WWW(Wisest World War)がUN主導で実施される。』wikiより

 


 懐かしいって言っても特撮の話ではなく、このアニメの自己犠牲的なパイロット達の雰囲気が懐かしいのです。
 
 子供の頃に好きだった漫画やアニメは大抵主人公や仲間が傷つき、絶体絶命な状況に追い込まれるのですが、結局仲間も主人公も無事な作品が多かった。ギガンティックはそんなご都合な子供向け作品を思わせる内容だったのです。

 設定としてはありがちな、この子じゃなきゃ乗れないって話だったり、謎の存在で彼等に戦いを強制した"OXⅡ"の正体も曖昧なままで終らせるあたりは流石アニメといったところだったw

 元々”後藤圭二”という人の監督能力を僕はあまり信用していません...あれだけプロモーションしてたゲートキーパーズだって微妙だったし、作品を構成・監督する人と言うより、作画監督としての”後藤圭二”としてしか認識していません。ただし、このギガンティックはその中では一番良い出来だったのでは無いでしょうか?

 作画が不安定だった事や、テーマ曲がクールごとに変わらなかった事などの基本的な不満や、”共鳴感応システム”と言う便利な物にすがり過ぎたストーリー構成、安っぽいヒロイズムな、ゆとりちゃんキャラが主人公だった事、あげればキリが無いほど不完全だったように思いますが、逆にその中途半端さが今回は心地良く、ご都合自己満足にしっぽりつかりました♪

 何故なら、この頃に見ていたロボットアニメは、じゃんじゃん人が死ぬわ人間関係はボロボロだわのアニメばかりでしたから、この肩のチカラが抜けた主人公と、それを取り巻く人々の物語はとても優しく温かかった♡だからもう少し構成のバランスを考えていれば、かなり良い作品に化けたんじゃないですかねw


 これは大人の目線からの感想なので、これを思春期に見ていればさらに面白かった事でしょう。後藤圭二さんには、これに懲りずにまたロボット物を監督して貰いたい気もした作品でした☆



 何はともあれ、メカもキャラ画も好きではあった♡


 公式HP http://www.gigantic-f.com/
posted by lain at 20:54北海道 ☁Comment(0)アニメ