はき違えた選挙権

 選挙行って来ました。毎年何かしらの選挙ばかりな気がしますねw

 去年は選挙がらみでフォロワーだった人と色々あり、かなり苦い思い出になっています。皆さんは選挙に行く事、行かない事をどう考えているでしょう?そもそも、日本の選挙は”義務投票制”では無く、国民1人1人の意思で選挙権を行使出来ると言う任意なもの。
 しかし、国民の中には完全な”義務”だと考える方も居ます。選挙に行かない者は政治に一切口を出さず、選挙に行った者達の言う事を聞けば良いんだと思っている人も中にはいます....ですが、どんな人物かも知らない候補者達から、とにかく誰でもいいから選べと言われても僕は正直良く分らない。

 選挙の時期に突然現れる知らない人々。一応どんな候補者なのかプロフィールや選挙のうたい文句を見てみても、どれも人の気を引くために書いてある模範的な内容ばかり。そうなると年齢的に若く、人生これからという候補者を選ぶくらいしか選択肢が出て来ない。後はやっぱり面構えで決まりですw

 では白票を投じれば良かったのかと言えばそれも難しい。何故なら絶対になって欲しくない候補者は居るわけで、ならばよりベターな人間を選ぶ以外に道が無い。こんな風に選ぶくらいなら、投票に行かないという選択肢もあると考えてしまうのが人間ですよね。だから僕は行かない事もあります。意義を見出せない事に参加するほど馬鹿らしい事は無いですから。


 今回はこんな風に投票をして来ましたが、こんな選び方で選挙の意義があるでしょうか...ただ候補者の周りだけで騒ぎ一喜一憂するだけのお祭り騒ぎに....
 比例代表制が出来てからより一層議員に投票する意味が無くなった訳ですし、地方選挙も知事や市長だけを選ぶ方が効率が良いし分り易いです。下っ端の人選なんてトップに任せた方が仕事も円滑に動く事でしょう。

 それから、日本でも早くオンライン上で投票出来るようにした方が良いですね。開票も楽だし、堅苦しい会場に脚を運ぶ必要も無く選挙に参加する方がかなり増える事でしょう。


 最後に、選挙権はあくまでも国民の”権利”。それを行使しようがしまいが、それはあなたの自由です。誰にもそれを責める”権利”はありません。
posted by lain at 09:02北海道 🌁雑記