恋愛ものとか読むんじゃなかった♡「九つの、物語/橋本 紡/集英社文庫/2011年/小説」

写真-253.JPG

 三人姉弟の環境で育った僕の家は裕福ではない。あえて言うなら日本の平均水準よりだいぶ下だと思う。だから、自分で意識していないだけで恵まれた環境におかれている主人公の女の子とは明らかに立ち位置が違い、彼女のような生活を目にするとどうしてもコンプレックスがむくむくと大きく動き出す....

 「キミは間違いなく幸福だよ!」そう言ってやりたい.....


 主人公の女の子は美人でもないが、とても素敵な彼氏がいる。彼と会うたび彼女はとても幼く純粋な感情に包まれ幸せそうで、その後の彼氏との喧嘩でさえ羨ましい悩みに思えるほどだw

 そんな彼女には人に話しても信じて貰えない出来事が起きている。死んだはずの兄が何事も無かったかのように、彼女の前に現れたのだ。

 それからというもの、両親は海外に長期旅行中のため彼女と兄の2人きりの日常が始まってしまうのですが、これがまたいいんです♡

 各章ごとに毎回お兄さんが手料理を一品作り妹に振る舞い、これがめちゃくちゃ美味しそうなんですよぉwできる事ならお兄さんに家まで来て作って欲しいですよホント!!

 そんな美味しそうな料理意外にも、各章一冊ずつ有名な書籍が登場します。主人公は読書好きで、現在自分の置かれた状況を今読んでいる物語の内容に当てはめて思考するのですが、それもまた美味い引用で味わい深かった。間違いなく料理と本は欠かせ無いスパイスになっているのです。正直作者は自分が好きな小説と料理を紹介したいがために、この物語を書いたんだと思いますねw


 あぁ、でもまだ欠かせ無いと言えば死んだはずのお兄さん!料理は上手だし、容姿は端麗。しかも女ったらしのくせに恨みを買うような付き合い方は全然しなくて、別れた女性とも友達として交流しているほどの男だ....これだけでも充分羨ましいのに、性格も抜群に素晴らしく男にも好かれるなんて反則だよ....

 こんなお兄さんに超優しくされる主人公が羨まし過ぎる!男の僕がこれほど羨ましいのだから、主人公と同世代の女性ならなおの事羨ましく感じる事でしょうねww


 この本は、あらゆる女性と作者の為にある本であると言えるでしょう♪男には恥ずかし過ぎます(〃▽〃)これほど読んでてふわふわした気分になった本は初めてでした(日頃こういうジャンル読まないものでw)。素敵なお兄さんとの貴重な時間を味わいたいなら是非どうぞ♡


 ちなみに、苦手なジャンルなのに買ったのは、いつものジャケ買い癖のせいです...
posted by lain at 21:16北海道 ☀Comment(0)小説

酒に女にバイクにナイフ...それがあればこの男達なら戦える!「エクスペンダブルズ/シルヴェスター・スタローン/2010年/米国/映画」

 『ソマリア沖で起きた海賊によるシージャック解決の仕事を受けたバーニー・ロス率いる傭兵部隊「エクスペンダブルズ」は、身代金を用いた交渉を行うもメンバーの一人であるガンナー・ヤンセンの暴走により、激しい銃撃戦を展開することになる。海賊の殲滅には成功するも薬物依存症に陥っていたヤンセンをロスはチームから放逐することを決める。その数日後、チームのマネージャーであるツールから仕事の依頼を伝えられたロスは会合場所でチャーチという謎の男から南アメリカの小国、ヴィレーナの独裁者であるガルザ将軍の排除を依頼される。ロスはメンバーの一人であるリー・クリスマスと共に同国に偵察に赴くが……』(wikiよりあらすじを抜粋) 





 ”エクスペンダブルズ” 消耗品と名付けられた傭兵部隊を、旬の過ぎたオヤジ共が演じるって言うんだからトンデモナイ!!主役のスタローンは64歳だし、シュワちゃんも63歳。ミッキー・ロークやブルース・ウィリス、ドルフ・ラングレンやなんかは50代もとっくに過ぎてる孫がいてもおかしくない年齢...


 こんなオジさん達が暴れ回ったら怪我するんじゃない?普通ならそう思うレベルのアクションを、未だこなせるこの人達はやっぱ半端じゃない!一般人なら即骨折するくらい激しいシーンを本気でこなしていましたw


 この作品は、その豪華なキャストのおかげで凝縮されたアクションシーンをぶち込めた。全体的に体術がとても効果的で戦闘シーンをスピード感溢れるものにしてくれているのですが、それはやはりトランスポーターの”ジェイソン・ステイサム”や、”ジェット・リー”の存在があるからでしょう。彼等はこのキャストの中では年齢が若いし動きが切れていました。流石にスタローンだけじゃ迫力は半減だった事でしょうw彼の全力疾走するシーンでは、思わず幼稚園の運動会で子供を応援する親の気持ちになってしまった...「頑張れ〜!すたろ〜ん!!」


 そんな状態のスタローンが「もう若く無い」ような発言を繰り返すのがなんとも寂しい....実際そうなんだけどwとにかくスタローン自身が監督なのにこんな感じの自虐が結構入ってて、中年のオヤジの共感を得るのは必死ではないかと....



 他にもお決まりの火薬で爆破シーンや銃撃、ナイフアクションの場面ですが、これもまたド派手もド派手!何処までCGか分りませんけど、残虐過ぎるその破壊力はそうとうなものでした。なので銃撃やナイフによる殺傷シーンで少しグロい時もありますから、苦手な人は注意が必要かもしれません。一瞬なので不快にまではならないかもしれませんがw



 ちなみに、上記にあげたミッキー・ロークやブルース・ウィリス、シュワちゃんは激しい演技は無いし、ミッキー・ローク以外の2人は出番がワンシーンのみなのであまり意味は無い出演でしたね。

 他にスティーヴン・セガール、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、カート・ラッセル等の大物に声を掛けたらしいですが断られてしまったそうです。今あげたメンバーのアクションシーンがもしも実現していたら、違う意味で更に凄いオッサンの狂宴になったかもしれませんねw例を上げると「まだまだあぶない刑事」のような状態かな................


 で、でも!そんな化物じみた役者達がいなくても主役級がこれほどいる映画はオーシャンズ11以来かもしれません。個人的には綺麗にスマした顔をした連中が華麗に振る舞う映画よりも、泥臭くお腹に油が詰まり始めたオヤジ共が、自虐的なネタを披露するド派手アクション映画なこの作品が好きかもです。まあストーリーは無いに等しいですけどね☆




 この映画は間違いなくオヤジ共に捧げる作品です。オヤジはだらだら気軽にこの映画を観るといいですよ〜♪....ん?女、子供はどうなんだって?う〜〜〜〜ん....オッサンが好きなら観たら良いんじゃない♡下ネタや駄洒落も込みで、オヤジを愛してやって下さい.....ペコリ


 驚異の融合を魅せたエクスペンダブルズ。こりゃ続編作るぞきっと......ニヤリ



posted by lain at 01:38北海道 ☀Comment(0)映画