僕らはこれから、何度こんな想いを繰り返すのだろう...

 誰もが一目見るだけで 「あぁ!この人の作品か!!」と、気づくほどの個性的なその作風で、観る者全てに強烈なインパクトを与えた名監督”出崎統”さんが亡くなられた。肺がんだったそうだ....享年67歳。

 まだ、伝説になるには早過ぎる年齢だ....


 長きに渡って第一線で活躍された出崎さんだけあって、年代により好きな出崎作品は違うと思います。僕にしてもルパン三世シリーズで監督作品を観たのが最初だと思います。まああの頃は監督が誰かなんて気にもしてませんでしたがw

 意識して観るようになったのが「ブラックジャック」のOVAシリーズからでしょうか。手塚先生の名作漫画をあそこまで出崎色に染めているのに、しっかりブラックジャックの良さが盛り込まれ、その後作られたTVシリーズに見向きもしなくなるほどの完成度でした。

 そうして意識し始めてからは沢山観ましたね〜♪WOWOWで一挙放送していた「あしたのジョー」や、「スペースコブラ」、原作の絵が嫌いな「ゴルゴ13」まで、楽しみました。ベルバラやエースをねらえ!は、ごめんなさい!観てないんですよw当時は宝塚的な作品が苦手だったし、トップをねらえを観た後じゃエースをねらえがギャグに見えちゃいそうだし....でも、ベルサイユのばらは観てみたいなぁ♡

 それにしても60歳を越えても、物作りへのチャレンジを忘れない職人気質な方でしたよねぇ...「AIR」の劇場版をやるって聞いた時は本当に驚いたものです...あの出崎さんが!ってねw
 まだまだこれから作りたいモノがあったでしょうに....実に悔やまれる.....


 去年からアニメ業界は哀しいニュースばかりで元気が出ません....僕の知っている元気な時代が彼等と共に死んで逝くようで、とても寂しいかぎりです.....
 たかがアニメ、されどアニメ!アニメに僕らは沢山の想いを貰いました。そのアニメを作って下さった方々は恩人、教師、親と言っても過言ではありません。今、ここでこうして生きている事を彼等に感謝したい想いでいっぱいです....

 出崎監督本当に、ありがとうございました。沢山素敵な時間を下さった事、忘れません....これからも、出崎さんの子供達は増え続ける事でしょう.........
posted by lain at 21:40北海道 ☁雑記

分っちゃいたけど....「EAT LEAD マット・ハザードの逆襲/Vicious Cycle Software/D3パブリッシャー/PS3/XBOX360/2010年/ゲーム」

 ふぅ...あ、どうも小山力也です♡マットハザードなんて◯ソゲーに出演なんてしたく無かったんですけどね〜♪.....なんて聴こえて来そうなほど、微妙なゲームだったよぉw


「1980年代のゲーム業界に突如として現れた、(元)大人気ゲームヒーローがいた。その名は「マット・ハザード」。彼の登場するアクションシューティングゲームやTPSは、発売されるたびに度々話題になり、発売元の「マラソンソフトウェア」の株も大きく持ち上がった。
 しかし、ある1つの「超地雷的クソゲーレベルのレースゲーム」という、異種ジャンルへ進出したゲームの発売を機に大きく人気が下降する。また、新たなゲームヒーローの登場により彼の威光も薄くなり、次第にゲーム業界から遠ざかっていった…。
 データの片隅でこもっていたマットに一つのチャンスが訪れる。発売元のマラソンソフトウェアが買収され、「マラソンメガソフト」と名前を変えた会社から、新作ゲーム主役出演のオファーが来たのだ。マットは喜んで受諾し、舞台へ行くが、これはマラソンメガソフトの仕掛けた罠であった。
 マットは、データごと抹殺しようとする刺客をはねのけ、返り討ちにすることができるのか!?」wikiより



 数ある名作ゲームのパロディを盛り込んだゲーム内ゲーム世界のヒーロー”マット・ハザード” 彼は名作の欠点を皮肉り馬鹿にしながら進んで行くのですが、それがあまりに自虐過ぎてなんかお寒いのですよ....ギャグにするには、まず自分のゲームがしっかりしてなきゃダメじゃね?

 予算の無さに自暴自棄になってやけっぱちの勢いだけで作ったんじゃないかと思うほど、あらゆるバランスが取れていないため、ゲームの進行のテンポが悪く長時間プレイするのはとてもストレスが溜まります....

 基本的にはTPSで、現れた敵を殲滅すると先に進めるようになるのですが、敵の出現位置も適当なため全ての敵を倒したはずなのに先に進めないなんて事もしばしば...
 ファミコン時代のゲーム並みに無駄なマップ構成でスムーズなマップ移動は出来ず、あっちに行って行き止まり。こっちに行って行き止まり。必要無い設計をなんでするのかわけわからんのですよw

 銃器のあたり判定もアバウトで、当たったはずなのに当たってないとか当たり前。チェックポイントも微妙な位置で死ぬと無駄な時間をやり直すハメになったりもする...なんか他にも色々ツッコミどころがあるけどもういいやwそれも含めてハザードタイム(マット・ハザードの決め台詞...)なんだろうさwww


 この作品はハッキリ言って吹き替えだからそれなりに面白かったんだと思います。爆笑まではいかないけれど、パロディが面白かったのも確かですwただ、ゲーム自体がもっとしっかりしていればギャグももっと冴えたものになったに違いない....

 間違っても続編は無いと思うけど、作るならもっと快適にプレイ出来る内容にして欲しいなぁ.....バタリ

 
PVの方がよっぽど面白いw



posted by lain at 00:53北海道 ☁Comment(0)ゲーム

プレイバックアニメ!「牙-KIBA-/マッドハウス/2007年/アニメ」

 既に子供達が夢中になるような異世界アニメに興味を無くし始めていたあの頃、それでも諦め切れずに新番組の一話目は必ず録画するようにしていた。
 牙が放送されていたのは日曜の朝8時半。この枠はテレ朝のヒーロー物も含め子供向け番組が充実した時間帯。そのなかで”牙”は、子供向けとは思えない異質な存在だった...



 元々がアメリカのトレカ会社とのタイアップとの事だったらしいが、まったくそんな事を感じさせないハードな内容に直ぐさま夢中になった。ダークヒーローのような容姿をした主人公”ゼッド” 彼は無口で愛想は無いし、熱血漢でも無い。普通の子供向けアニメなら、たまに美味しいところを持っていく、コアなファンが好きそうな脇役キャラだ。
 ただ、彼の置かれていた環境が現代の日本を思わせ、彼の苦しみはとても生々しく響き渡る...


 「無機質で閉鎖的な世界「カーム」に住む少年、ゼッドは、「扉や門を壊せば違う世界に行ける気がする」という思いにとらわれて街を破壊して回り、学校や警察から追われていた。親友のノアは彼を心配するが、彼の事情を知っているだけに何も言えない。ゼッドの母であるサラは精神を病んでおり、病室で日々を過ごしていた。
そんなとき、ゼッドを追って来た教師が突如豹変し、狂人となってゼッドに襲い掛かる。それに呼応するように廃人だったはずのサラは正気を取り戻し、得体の知れない力を使って教師と戦う、何が何だか解らないまま、必死で警察から逃げ回るゼッド。追い詰められたとき、彼のもとに現れたのは、巨大な光の渦だった。無我夢中で渦の中に飛び込むゼッド。やがてたどり着いたのは、「シャード」の力を使う能力者「シャードキャスター」が戦う、戦乱の異世界だった……。」wikiより引用。


 今の日本は、納得出来ない息苦しいルールで僕らを縛り続け、自ら道を選ぼうとする者達を制約し続けている。だから、そんな世界を捨てて別世界へ行き自分の可能性を見たいと思うゼッドの想いは、今この日本で生きる全ての若者達が持っている想いと重なるのではないだろうか? たとえその結果見たくも無い辛い現実が待っていたとしても、何もしないよりはずっと良い....

 ゼッドは戦い続ける間に沢山の出会いと別れを繰り返す。残酷なまでに哀しい出来事も彼の身に降り掛かる。でも、彼は歩みを止めない。彼も知っているんだ、何もせずに後悔するよりも、して後悔した方が次に繋がるって事を。


 まあワガママで自分勝手で周りに面倒は任せてやりたい放題な主人公だって言えばそれまでだけどねwでもその一途なところにもう1人の主人公”ノア”も憧れたんだろうけどね...

 ノアはとにかく可哀想だった...元々身体が不自由で、ゼッドのように奔放に生きる事なんて最初から無理だった彼...そんな彼がゼッドと同じように異世界に飛ばされ、ゼッドのいる体制とは敵対している国に拾われてからの変貌っぷりはとても見てられなかった...

 異世界に来たおかげで身体は思う様に動くようになったものの、ゼッド以上に過酷な経験をして心が死んでいくノア....ゼッドにもノアにも幸せになって欲しかったなぁ.....

 
 これほど重くダークなアニメを、子供達はどう観たんだろうか?人間不信に落ち入ったりしなかっただろうかw

 人間の欲望の汚さ綺麗さ、それをオブラートに包まず子供ばかりが観ている時間に放り込んだ監督の心意気を僕は賞賛したい。素晴らしい作品でした”神志那弘志”監督♪


 そう言えば、デュマスさんヤバイよね♡ニヤ

 アニプレックス公式 http://www.ki-ba.com/
 

 
posted by lain at 10:44北海道 ☔Comment(0)アニメ