昨日、今日、明日...

 何日ぶりかにブログを書く気になりました。仕事で起きたトラブルも落ち着き、地震による被害を受け入れる心の余裕も出来て来ました。

 
 僕は全く地震の被害にはあっていません。けれど日本中の人々はそうであるように、日常生活に支障がきたすほど気持ちは沈んでいました...

 御飯を食べていても、本を読んでいても、ゲームをしていても、雲一つなく晴れた空を見上げても、何をしていても心の底から楽しめない。
 なんとかいつもと同じような生活をしようと思うものの、心はあまりに素直なものなのです....


 いままであった街並が、ついさっきまで話していた相手が、人々の全てが詰まった住処が破壊されて行く光景は、テレビを通してであっても尚凄まじい衝撃を僕らに与えていきました。
 もしも僕があの場所に居たら...そう思わずに居られないし、自分が無事である事にとても引け目を感じてさえいます。

 僕らでさえこのざまなのですから、被害地区の方々はどれほどのショックを受けている事でしょう.........

 昨日までの自分を失い、今日を生きる糧を失い、明日を生きる術さえ失いそうな不安を被災者の方々は感じている事でしょう。正直励ましの言葉さえ苦痛に変わっているのではないかと思います。

 僕らは自分達の不安な感情を落ち着かせる為に被災者に「頑張れ」と彼等に声を掛けてしまう。でも自分は安全な場所にいながらこんな言葉を掛ける人間の言葉なんて僕が被災者なら聞きたくないですよ...

 僕らはまず言葉より彼等に必要な物が届くように協力すべきでしょう。物資不足にならないように無駄な買い占めを行ったりせず、この先復興の為には確実に必要になる”お金”は募金する事が一番な気がします。
 多くの方々が同じ考えのようで、色んな場所に置いてある募金箱も前例が無いほどの金額が集まって来ているようです。僕もささやかながら募金させて頂きました。お役にたてば幸いです...

 そろそろこれから何が失われ何が必要なのかハッキリ見えて来る事でしょう。僕の仕事も復興に関係がある業種ですし、必要であれば直ぐにでも声を掛けてもらいたいところです。

 なんにしても、なにかしらの協力はしていきたいですね。みんなが笑いあえる生活を取り戻した時こそ、僕等も本当の笑顔を取り戻せるのですから....



 最後に、今回失われた全ての命が安らかな眠りにつけますようお祈りいたします.........
 
posted by lain at 07:43北海道 🌁雑記