3月10日...

 もうすぐ終る3月10日は「砂糖の日」さとうのひ...サトウノヒ...佐藤の日?

 佐藤と言えばこれしか無いでしょ!”奥浩哉”の「変」!!キリ

写真-246.JPG

 最近じゃ「GANTZ」が映画化されるほど人気の作家になった奥浩哉。でもそんな彼を人気作家に押し上げたのはやっぱりデビュー作でもある「変」シリーズでしょう♪

 色んな変質的なシチュエーションを描いたオムニバス作品だった「変」。その内容の多彩さ過激さがホントに魅力的で、思春期の子供のマストアイテムだと思うんですよね〜♡

 命懸けの鬼ごっこが大変シュールだったり、派手に女性と遊んでるリーゼントが男の子を好きになったり、◯◯◯したら性別が変わっちゃったりと、タイトルどうりの変っぷりでしたw

 その中でも、1巻に収録されその後長期連載された”鈴木”と”佐藤”のお馬鹿なお話はかなりツボですた♡まったく男に興味が無かったツッパリが、何故か男の佐藤に惚れてとにかく付け回し”なんとか”しようとするのが可笑しくて可笑しくてwww

 佐藤もそんなまんざらでも無いとこ見せるから、尚更鈴木は諦められなかったりするんだよね〜♪いやぁ鈴木の気持ち分るよぉ〜。逃げる割にハッキリとは嫌がらないし、思わせぶりぶりぶりっ子ですし佐藤はツンデレ♡

 この2人と同じような展開でこれまた長期連載したのが”吉田”と”山田”のレズ話で、この作品も人気あったし凄く面白かった♪最終的にはこのバカップル同士が絡むお話になってしまったしねw


 で、結局この二作品が「変」の代名詞になったわけだが、どうしても頭から離れない短編がありました。三巻に収録された「黒」ってお話...

 真面目を絵に描いたような銀行員の男が、強盗に拳銃で撃たれ重傷を負い二ヶ月もの間意識不明に落ちいり、その後男は目を覚ますのだけど、その容貌は以前の彼の面影も無く、ただの真っ黒な怪物になっていて、周囲は彼を彼と気づかず逃げ惑うばかり....

 真面目に生きて来たのに奥さんの浮気は知ってしまうし...自分の子供からも怪人扱いを受けるし...他人の子供を助けたらその子の身内から銃で撃たれるし...その全ての不幸が前世の罪のせいだって言われるし....最後にあの男の子がああしなかったらホントに救われないお話だった.....


 オチの善し悪しの問題はあったものの、この作品のタッチがとても好きだったので、あとがきで作者が「人気無かった」っと語っていたのは残念だったなぁ...あのベタの塗り方がかっこいいのになぁ....

 とにかくまたこんなオムニバス形式でストーリー書いて欲しいなぁ奥君♡( ´Д`)σ)Д`)←奥



 あ、そう言えば乳が....♡ぽっ
posted by lain at 23:59北海道 ☁Comment(0)漫画