この小さなラジコンは夢の商品だった。「ビットチャーG/タカラトミー/2001年/ラジコン/ホビー」

 

 ラジコン、それは男の子なら確実に通る夢の玩具。コントローラーを操作すると乗り物が思うがまま動かせる。それはそれは甘美な遊び♪

 ただし、少し質の良い物で遊びたいと考えたらそうとうお金をかけないと手に入らない玩具でもあった....

 
 車のラジコンから、ヘリ、飛行機、ホバークラフト等等どれも本気で遊ぶには良い値段がする。手にし易い車のラジコンでも子供騙しな物でなければ1万以上は当たり前....

 そして買ったら買ったで意外に困るのが遊び場所。わざわざ広い場所に行かなければ思い存分アクセル全開なんて出来やしないwそんな時こいつがあればどんな狭い場所でもラジコンが楽しめたのです!

写真-202.JPG


 携帯に使われていたモーターを流用し、小型で軽量化する事が出来たため、全長6センチたらずの可愛いマシンが誕生した。しかもこのビットチャーG、ステアリングもちゃんと動くし、サスペンションもフロントだけだが付いていて、別パーツを買うとサスの硬さが違う物に交換する事も出来た。小さいわりに汎用性に優れカスタマイズするのが本当に楽しかった♪

写真-203.JPG※紫色のがサス。アンテナ側にモーター。


 同時期に、後発でデジQが発売されたが、コントローラーは赤外線で電波じゃ無いし、ステアリングはただ後輪の左右の回転を変えていただけだし、パーツは変えられないし....ちゃんとラジコンとしての基礎があるビットチャーGの方が僕には魅力的でした。

写真-205.JPG※充電はこんな感じで45秒待ち、2分間走行可能。

 ただし、初期モデルや物によっては新型でも受信状態に問題を抱え、誤作動する事もしばしばあった。その面では赤外線を使ったデジQは遊び易かったかもしれない。でも、デジQで遊んでたらテレビのリモコン使えないんだよねw

写真-204.JPG※別売りで紅白の縁石や、タイムを計るラップカウンターも発売されていた。

  結局三年ほどで自然消滅してしまったビットチャーG。しかし今も違う商品に姿を変えて、手のひらサイズの小さなラジコンは楽しまれているね♪最近ならヘリが人気だったかな?今度また同じようなシリーズが発売されたら、きっと更に性能が向上している事でしょう♡
posted by lain at 22:29北海道 ☁Comment(0)TOY

生まれ変わった名作を前に出るのは、ため息ばかりなり...良い意味でね♡「トーマの心臓/森博嗣/萩尾望都/メディアファクトリー/2010年/小説」

写真-201.JPG

 「トーマの心臓」それは今更説明するまでも無く”萩尾望都”さんの傑作漫画で、一人の少年が、自らの命をもって一人の人間を哀しみから解放した物語。少年達の綺麗な感情が溢れ、流れ、そして消えて...僕らに大事な何かを残してくれる至宝の作品。

 そのトーマの心臓を、原作者である萩尾望都さんを愛して止まない作家、”森博嗣”が文章にすると言うのだから、まさに驚天動地の出来事でしたw


 正直流石に森博嗣さんとは言え、あのトーマを小説にするなんて無謀では無いかと最初は思いました。既に原作の漫画のイメージがやはり出来ているわけで、ただ原作通り文章にしても絶対敵わないと思っていましたから....

 が、読んで見るとユーリの親友”オスカー”の視点じゃないですか!ユーリ視点だと客観性に欠けるし、原作寄りのストーリー展開になってしまったでしょうから、これはとても上手い判断だったと思います♪
 しかもオスカーの内面を掘り下げる事で、漫画で描き切れなかったものも補完してくれたように思います。なんだかんだオスカーよりエーリクの方が出番多かったし漫画はwオスカーファンは絶対読め!キリ

 ストーリー展開はほぼ同じですが、細かい部分での違いが結構あります。トーマが遺した手紙の内容が違ったり、物語の舞台が日本らしいような事を匂わせたり、寮を飛び出したエーリクを迎えに行くのがユーリとオスカー二人になっていたり、他にもセリフはかなり森博嗣節が効いていて、終盤には既に森作品としての認識になっていました。


 オリジナルとは異なったシーンやセリフを用いる事で、原作に負けないどころか勝っている部分もあるほど素晴らしい作品に仕上がっています。とくにオスカーとワーグナ教授のやり取りが僕にはたまらなかった....

 きっと僕のように、読んだ方それぞれに気に入るシーンが産まれる事でしょう。漫画を読んだ事がある方でも無い方でも、安心して新しく産まれた『トーマの心臓』を読んでみて下さい♪(*≧ω・)b


 森博嗣の浮遊工作室 http://www001.upp.so-net.ne.jp/mori/
posted by lain at 22:44北海道 ☁小説

このアニメ、地獄に流します...「地獄少女/大森貴弘(監督)/スタジオディーン/2005年/アニメ」



 依頼人の代わりに恨みを晴らしてくれると言うインターネットサイト”地獄通信” そのサイトへ深夜0時にアクセスし恨みたい対象の名前を入力すると、地獄少女と呼ばれる少女とその仲間が速やかに対象になった相手を地獄送りにしてくれる....ただし、相手を呪った人間も代償を払わなければいけない....自らの死後、自分も地獄送りになると言うのだ!「人を呪わば穴二」毎回依頼者にそう言って釘を刺す少女の名前は「閻魔あい」と言う.... 


 どう考えても良くある都市伝説のように嘘臭い話ですが、本当に行き詰まった人間達にとってはどんな嘘臭い事であってもすがりたいものなのでしょう...
 自分自身でも解決出来そうな幼稚な悩みから、本当のどん底で身動きが取れない人の悩みまで、たとえただの逆恨みであろうとも、ワラ人形の糸さえ解けば恨みの対象を地獄に流してくれるって言うのがどうも気に入らないと思っていたら、地獄少女本人も苦しんでいたんだね...
 
 再三繰り返される己の愚かさを棚上げした人間達からの依頼、正直ほとんどの被害者に同情出来なかったなぁ。ただこの物語は最終的に閻魔あいの苦悩を描くお話なので、被害者も加害者も同じく愚者として描かれた方が効果的だったわけだよねw
 
 そして先祖が閻魔あいと関係のあったルポライターの”柴田一”とその娘”柴田つぐみ”が登場し始めたあたりから格段に面白くなって来た。依頼人達の質も向上して時にはウルっと来そうなほど良い回もあってとても良かったよなぁ♪とくに第十二話の「零れたカケラ達」の登校拒否の少女と先生の関係がとても綺麗でホントに切なかった...


 他にも良いエピソードはあったし、ただの勧善懲悪で終ったりしなくてホント良かったw閻魔あいの哀しい過去も見えたし二籠、三鼎とかなり観たくなったよ♪もう少し地獄送りの切ない物語を追ってみます♡ εεεε (っ*´Д`)っ


 それにしても閻魔あい、色っぽかった......♡ぽっ←いっぺん死んでみる?俺w

 公式HP http://www.jigokushoujo.com/
posted by lain at 06:47北海道 ☁Comment(0)アニメ