たいあっぷなグミ達...

 通常の味の展開にはコストの面で限界がある。売れるか分らない味を発売出来るほどメーカーも暇じゃないからねwそこで流行るのがタイアップ!キリ

 グミとの組み合わせで多いのは、有名なドリンクとのタイアップ。パッケージを見ただけで味を思い浮かべる事が出来るから、思わず買ってしまうのよねw
 
 で、今回買った三つのグミですが、まずポンジュース。ポンジュースの特徴と言えば、濃厚な味ですっぱさがじわっとくる感じですよね?そう言う意味では残念!これはポンジュースとは言えない...しかし!グミの中に柔らかいゼリーが入っていて、グミを噛んでいるとそのゼリーがいい感じに舌に乗って来る♪なかなか美味しいと思いますよw

 次に三ツ矢サイダー。これはタイアップというわけでもないかな?このグミもアサヒが出しているしね。歯ごたえは少し固め、表面にサイダー風味のパウダーがついています。ただ、これもサイダーと言われればサイダーだけど....まあ微妙w可もなく不可もなくかな?一度買ったらもう買わないレベルかもしれない。

 最後にキレートレモン。キレートレモンは疲れた時飲むと、すっごい美味しいよね♪←ここだけ文字デカくしてやるw
 これは意外と酸っぱくていいね!かと言って酸っぱ過ぎないし丁度いいかな。グミ自体はオーソドックスなものだけど、ざらざらした加工がされているので食感は悪く無い。クエン酸も入っているので良さげですな〜♡ついでに表面にキレートレモンの十字マークが入ってましたw


 今回の三つのグミ、やはりタイアップと言う意味では失格かもしれない。もうこれ以上本家に味を近づける事が出来ないと言う事なのでしょうかね?もしも出来るなら少し高くても買うのになぁ〜っと思うんですけどねっ!ヽ(・、 .)コケッ



 タイアップされるならなにが良いかな...ラー油?www


 

きまぐれに振り返るPC98ゲーム「英雄志願/マイクロキャビン/1994年」




 当時PCゲームと言えば、日本ファルコム、アートディンク、工画堂スタジオ等、沢山の優秀な会社があったのですが、なんとなく思い出してしまった”マイクロキャビン”。


 明らかにイースの影響を受けた”Xak(サーク)”シリーズや、サイバーパンクなRPG”幻影都市”、人形兵器に乗って闘う”ELMKNIGHT(エルムナイト)”など、秀逸なソフトを排出してくれていました。そのなかでも、ライトなゲーマーからも支持されたRPG"英雄志願"が面白かった♪


 冒険者養成学校の、卒業実習(おもに使いっ走りw)を行い、半年後にどれだけの結果を残せるかによって、エンディングが変わる育成要素のあるRPGで、キャラクターも可愛く女性のみで構成されていた♡時間的制約があるため、いかに効率よくゲームを進めるかが鍵だった。半年間は結構すぐ終わるので、繰り返しプレイするにも良いバランスでしたね♪


 人気があったからか、四年後にはサターン版が発売されたりしましたねwそう言えば、PCじゃないけど”ソード&ソーサリー”も好きだったな♡何故か好きなんですよねマイクロキャビン製のゲーム♪でも、今はもうどこぞの子会社でしか無く、ろくにゲームも作っていません.....

 売れ筋の18禁ゲームとオンラインゲームばかりのPCゲーム業界では、まともにゲームを作る事が難しいのでしょうね...今はパチンコ関係の仕事をしたり細々とやってるようです。



 ブログに書く事で、色々淋しい現在を知るとむなしいねwでも、本当に面白いゲーム屋さんだったんだよ♪時代の流れはいつも残酷だ....(´-ω-`)


 追伸、ボクはVRシステム好きだったぜ☆ニコ


 マイクロキャビン株式会社HP http://www.microcabin.co.jp/index.html
posted by lain at 04:54北海道 ☔Comment(0)ゲーム