シロでもクロでもなく、僕はきっとグレーだ♪「鉄コン筋クリート」/松本大洋(原作)/マイケル・アリアス(監督)/STUDIO 4℃/2006年

 マンガ夜話で「花男」を取り上げていた時に、気にはなっていた”松本大洋” しかし、あの作風について行けそうに無い気がして敬遠していました。

 でも、アニメ化された作品を観た限りでは、有りですね♪(*・∀-)b


 ネコと呼ばれている子供の”クロ”と”シロ” 彼等は路上生活者同然の生活をしている。スクラップの車を住処にし、その日暮らしな毎日...無鉄砲で町を汚す大人達が大嫌いで、自分が傷を負う事さえ構わず大人達と闘う”クロ” そんなクロの傍らで、いつも夢のような世界を夢想している無垢な”シロ” 正反対な二人だけど、お互いに無いモノを認め合っている二人には、お互いが必要だった....
 
 原作が発売された頃は、バブルが弾けた時期で、性急過ぎたばらまき開発の愚かしさに、日本中が気づかされた時代でした。そのため、作中には開発によって失われて行く、歴史ある街並が描かれています。
 こんなに綺麗な街並を壊してまで作るのが、金儲けの為のアミューズメントだなんてね....実際あの時代、どれだけの”想い”を壊して”都市”は作られたのでしょう。初めから、都市しか知らない世代が増えた今、こんな事言っても年寄りの戯言に見える事でしょうけど、きっといつか分るはず。自分が愛した景色は、いつまでも同じまま留まっていては、くれないと言う事に.....

 そんなシロとクロが愛した町が壊され、そんな町の象徴だった二人も排除されそうになる。クロとシロが引き離されてからの、クロの状態はホント観てて痛々しかった。どんどんダークサイドに堕ちていくクロ(クロが、自分の暗黒面と向き合うシーンはとても強烈...)そんなクロの状態が不安で仕方無いシロ。最後の最後まで、二人の絆は嫉妬するほど綺麗で眩しかった♡
 
 それもこれも、シロ役の”蒼井優”さんの演技のおかげではないだろうか!? 実は、EDのテロップまでシロ役が彼女だと気づかなかったwそれだけしっかりシロに彼女がなっていたんだと思う。クロ役の”二宮和也”君も悪く無いけど、味のある彼女の演技に比べると差は歴然だった。シロの出来がこの映画の出来を左右したと言えるんじゃないだろうか? 
 どんなに映像の出来が良いアニメーションでも、声一つで生き死にが決まる。今まで何本の作品が”声”一つで台無しになった事かwそう言う意味では成功しましたね。大きなミスマッチキャストはいなかったし、充分満足w

 そう言えば、原作に触れた事が無いから分らないのだけど、アニメ版とコミックでどれくらい印象が違うのだろう?STUDIO 4℃のカラフルで作り込まれた背景は秀逸だったし、登場人物達は皆個性が豊に表現されていた。この辺が、松本大洋ファンにはどう映ったのか興味ありますね〜♪ とりあえず、僕が原作を読んで見ればわかるかなw


 それにしても、たった100分足らずに収めるのが勿体無い世界だったねw 刑事にしても、ヤクザ達や不良どもにしても、短い時間であれだけ描かれると、もっと長い時間彼等を観てみたくなってしまう....後を引く素晴らしい作品である証拠ですw 残りはコミックで補うとしますか〜♪安心安心。+.゚ヽ(o´∀`)ノ゚.+。


 追伸、それにしても....シロ可愛かったなぁ♡

 映画版公式ページ http://www.tekkon.net/
posted by lain at 21:50北海道 ☁Comment(0)アニメ

らぶ&ぴーす♡「交響詩篇エウレカセブン」/ボンズ/京田知己(監督)/2005年

写真-165.JPG

 今更ストーリーは語る必要なんて無い傑作。でも僕は今日やっと観終わりました。

 地上波で放送を開始した時、スカパーで放送を開始した時、ともに途中で観るのを止めてしまっていた。観るのを止めたその理由は、全て観終わった今やっと分った気がします....


 目に見えない波”トラパー” 地殻変動を押さえる為に大地に打ち付けられている”パイルバンカー” 大地の声を聴き生きる者達”ヴォダラク” いつまでも、たいした説明も無くどんどんストーリーは進んで行く。前半の内容は、”ゲッコーステイト”の自堕落な日常、いつまでも大事な事を教えて貰えない主人公”レントン”、正直前半は展開が遅く熱中して次が観たい!次が観たい!!と、言う気持ちにならなかった。

 でも、最後まで観た今なら、あの前半も無駄では無かったように思える。

 中盤から終盤への畳み掛けるような理解しきれない情報量。聴かされてこなかった真実が次々とあきらかにされていく。もしも、後半の盛り上げのために全てを封印していたなら、”デューイ”のごとく全てを見通していた事になる。もし後半になってテコ入れしただけだとしても、前半の伏線をしっかり活かした素晴らしい構成だとは思いますけどね♪
 
 とにかく方向性が定まってからの勢いは凄かった!毎話、毎話、泣かされそうになるなるwww ”レイ”と”チャールズ”の怖いくらいの夫婦愛、”ウィル”と”マーサ”の深い絆、”アネモネ”と”ドミニク”の変な恋愛事情、”ホランド”と”タルホ”の葛藤、あげればキリが無いほどの見せ場に溢れていた。前半のぬるさはなんだったんだろねw
 結果的には、前半部分を上手く活かしたとは思うけれど、26話ほどにまとめた方がよりまとまりが良く、テンポの良いストーリー展開が出来たようにも思います...まあ、こういう不満が出て来てしまうほどに後半部の出来が良かったと言う事ですけど(;´ー`)

 いったん開き直った人間達が行動すると、凄い破壊力を産む事がホント良く分った作品でしたねw惜しげも無く”レントン”と”エウレカ”のハグ、ハグ、ハグ!が終盤は続き、最後には月面にあんなイタズラ描きまでする始末ww いやぁ〜ホント逢い・哀・愛♡な、お話だったんだと痛感するね!振り返れば、色んな”愛”の形を見せつけられていたんだと気づかされる....親子、兄弟、夫婦、親友、宿敵、恋人...それらの価値をこれでもか!と、分らせる為に戦いを描き、日常を描く。それがとても効果的だったんだね。


 初めは好きになれなかった”エウレカ”....でも最後にはとても愛おしかった♡序盤の無機質さ、それも全て計算された演出だったんだろうか?恐ろしいね〜恐ろしいほどに僕らをエウレカセブンの世界へ誘導してくれてありがとう♪よくぞ素敵なエンディングを演出してくれたものだと本当に思います☆京田知己さん!また監督やろうぜ!!そして、また素敵な夢を見せておくれ...(★'v`人)


 追伸、やっつけなフキだしですまん!キリ
 
 Project EUREKA公式サイト http://www.eureka-prj.net/
posted by lain at 20:51北海道 ☁Comment(0)アニメ

玉が見つからない....「アスレチックランドゲーム/トミー/1979年」

 僕の家は姉二人と僕の三人姉弟。すると、そう簡単におもちゃなんて買って貰えず、大抵知り合いからのおさがりで我慢でした。
 
 でも子供ですから、そんな事に不満はほとんど無く、逆に物を大事にしなければいけないと考え、与えてもらった物を最大限楽しむようになっていきました。この、”アスレチックランドゲーム”が貰った物かどうか良く憶えていませんが、とにかくとてもお気に入りで、友達が家に来れば絶対引っぱり出すほどでしたよw

写真-164.JPG

 それほど気に入っていたくせに、片付けの苦手な小さな僕は、付属のタイマーと鉄の玉を無くしてしまい残念な事になっていますが、パチンコ玉でも手に入れば、今でもちゃんと遊ぶ事が出来ます♪
 
 タイミングよくボタンを操作し、玉を障害の先に進めるこのゲーム。最初のくねくねした橋、それを越えた先の池越えのバー、障害物のあるバランスボード、玉をジャンプさせるスポットや、中が見えない迷路、最後の投石機?等々...様々な要素が含まれており、バラエティに富んだまさにアスレチック!
 流石に今は簡単にクリア出来ますが、当時は上手く出来なくてねぇw何度も何度も練習して自分なりの攻略を編み出してましたよ♪リフトで玉を移動する時に勢いを付けると池越えが簡単に出来ちゃうとか、ジャンプスポットは強くボタンを押すとショートカット出来るとか、一番苦労した見えない迷路をクリア出来るようになった瞬間の嬉しさったら無かったですなwwwホント楽しかったあの日々....


 ついこの前まで、これで遊んでいるのがあたり前だった僕にも、姪っ子が二人出来てしまうほどの歳月が過ぎてしまい、今度は僕がおさがりをあげる番なのでしょうねw今度機会があればこのゲームもあの子達にあげようかと思います。楽しんでくれるといいなぁ♪(*´ω`*)
 
 
 ちなみに、何故か再販しています!人気あったんだねwオリジナル版に、トイザらス版のタイマーを付けた仕様のもので、トイザらスで販売中のようです。ウワサではトミーのオリジナル版も売っているらしいですが、保証出来ませんwたまにはレトロなホビーを楽しんでみませんか〜♪


 トイザらスオンライン商品紹介ページ http://item.rakuten.co.jp/toysrus/031348300/
posted by lain at 20:41北海道 ☁Comment(0)TOY