囲んで禍根を残したげ〜む♪「ランパート」/アタリ/テンゲン/コナミ/ファミコン

写真-150.JPG



 対戦ゲームって、友達なくしそうになる事あるよね......だからどんなに自分が得意なゲームで、相手がじぇんじぇん相手にならなくても、少し手を抜いて「良い勝負だったよぉ〜。もう少しで負けるとこだったw」とか言って相手のやる気を起こさせて、さらにその自分が得意なゲームをやり続けようとする人とかもいるいる♪......ま、それ僕の事ですけどね(;´ー`)


 ファミコン時代のゲームはホント熱かった!今の高画質なゲーム達で育った方達は今のゲームが熱いだろうけど、30代のおっさんげーまーにとっては、ファミコン時代が一番ゲームを楽しんだ時間だったんだ....



 そんな熱過ぎたファミコン時代。マリオ、ドラクエ、FF、くにおくんシリーズのように、人気のあるタイトルならば、誰でも持っているので実力差は出難いが、人気が微妙なタイトルは意外と周りの友達が持ってなくて、”自分が得意なゲーム”=”敵無し☆”な事が多かったwww もちろん僕にも、そんな無敵ゲームがあった!それが”ランパート”♪


 簡単に言うと陣取りゲーム。攻撃パートと、修復パートがあり、自分の城を囲う壁を壊してくる敵を砲台で破壊し、壊された壁を、テトリスのブロックのようなカタチをしたブロックで直していき、一定の得点まで到達するか、敵を全て倒すかすると勝ち。

 このゲーム、修復パートのために攻撃パートがあると言ってもいいほど修復作業が熱い!なるべく広く囲えた方が得点がいいので、欲張って囲おうとして時間切れになったり、攻撃パートで壊された壁に丁度あうブロックが出て来なくて囲み切れなかったりするのでかなり追い込まれますwwなるべく修復し易いように、攻撃中にその後の修復パートの事を頭に置いてプレイするのが上策。時には、攻撃パートでわざと自分の壁を壊して、修復し易くしたりもします。


 単純で明解なルールでありながら、奥が深いのがレトロゲーム。この海外生まれのランパートも本当に奥が深かった♪今のようにWEBを開けば攻略方法が見つかるわけではないから、自分達それぞれがゲームをやりこんで攻略方法を見つける事がとても嬉しかった。

 もちろん攻略本って言うモノもあったけれど、昔の攻略本は最後まで載ってない本多かったんだよwwでも、今思えば、ネタバレしないように終盤をあえて載せないって言うのは正解だったかもね。うん、絶妙な配慮だったかも☆


 ちなみに、ランパートは対戦だけではなく、四段階の難易度に分れたシナリオモードがあります。現代戦がモチーフの練習モード。赤ずきんちゃんネタのEASYモード。ファイヤー◯ムブレム風のNORMALモード。戦国物で無茶苦茶難しいHARDモード。どれもやる事はほとんど同じで、それぞれのネタにあったデザインに変更されている事以外は大きな差はありません。あえて例をあげるなら、赤ずきんちゃんの時には、お邪魔な障害物を破壊してくれる台風が出てきたりするとか、戦国ネタでは、戦況が悪くなった、良くなったと突然言って来て、得点が増えたり減ったりする事があったりしますwまあやる事は一緒ですけどねwww


 ランパートの対戦は本当に上手く出来ている。対戦相手との実力差を補うために、クリアポイントや初期砲台の数、お邪魔な障害物とブロックの種類が増えるレベルなどを設定して対戦出来るので、無敵ゲーマーであってもかなりスリルがある縛りプレイが出来る仕様になっていたんだ。上手い人と不慣れな人が一緒に楽しめるランパートは今風に言えば”神ゲー”だったね!対戦後の罰ゲームも含めて☆ニヤ


写真-151.JPG




 今プレイしてもとても楽しかった!是非360のオンラインでランパート対戦したいなぁ♪PS3の北米ストアでは配信されているらしいけどねwまだやった事ない人この指と〜まれ☆ヽ(。ゝω・)ノ




posted by lain at 07:20北海道 ☔Comment(0)ゲーム