今日と言う偶然の日々

 8月29日。今日という日に意味を見出す人が僕以外に何人いるかな?何万人?何億人?この日だけが特別なわけではなく毎日が当たり前に誰かの特別な日なのは間違いない。今日が誕生日の人、今日が結婚記念日の人、今日が人生の転機になった人、今日が命日になった人....



 自分にとっての記念日を、同じように意識している人間の事を僕らは意識してしまう。有名人の誕生日と自分の誕生日が同じだと嬉しくなったりするのは良くある事だと思います。それをきっかけにその有名人を知り好きになる事だってごく自然な流れでしょう。
 僕もその例に習い、自分と同じ誕生日のアーティストを意識するようになっていました。そう、生きていれば52回目の誕生日を向かえるはずだった人.... ”マイケル・ジャクソン”その人と、僕は同じ誕生日に産まれました。
 
 彼と同じ誕生日だからといって、彼のような才能があるわけでも無いわけで、誕生日が同じである事に意味は無いのですが、何故か彼との共通点を見出そうとしてしまう。すると少なからず彼の気持ちが見えて来たり、来なかったり....
 
 彼は幼少の頃から”Jackson 5”のボーカルとして才能を認められ、必然のようにソロでの活動を始める。直ぐ世界中にその今にも壊れそうな繊細な歌声が響き渡り、7億5000万枚以上のCDやビデオが売れた。その枚数が物語るように、彼は世界中に愛されていたはずだった.....

 僕のようなにわかファンが何か言うのもどうかと思いましたが、彼は常に愛に飢えていたと思います。彼の歌声はいつもぬくもりを欲して母を呼ぶ赤子のようだったし、浮き沈みの激しい不安定な感情の波を感じました。彼の作品を通し、アーティストとしての”マイケル”としてしか周りが見てくれない環境で、素の自分を愛してくれる人間が彼にはいなかったからでしょうか?その不安定さが魅力でもあったわけですが... 
 しかしそんな彼にも子供が出来た。それはそれは嬉しかった事でしょう♪自分にもっとも近しい存在だし、今までの自分ではなく、これからの自分を愛してくれる存在になったわけですから。

 そんな生き甲斐を手に入れた彼はまだまだこれからの人だった。子供達に何かを残す為にも彼は生きなければならなかった。なのに...

 彼にまつわるウワサは沢山ありますが、正直どうでもいいです。彼に僕が求めるのは、”歌”ただそれだけ。事実がどうであれ、彼の存在理由は歌う事。それは本人が一番分っていた事でしょう。様々なウワサを払拭し、自分の生きた証を見せるために最後のツアーを開始するはずだったわけですから....


 世界をその歌声で奮わせた歌い手は、世界そのものに壊された。しかしその一生を終えるその時まで、彼は歌と共にあったのだと僕は確信しています。人は誰しも望み望まれ生きて行く。自らの意思と反する生き方も、当たり前に受け入れなければいけない瞬間が絶対にある。大事なのは、そんな瞬間でも自分の核になる”何か”だけは失ってはいけないという事。マイケルのとってそれは歌だった。僕には何が核なのか?それを見直すのにはいい日になりそうです。

 
 マイケル、誕生日おめでとう♪
 
 
 
posted by lain at 22:06北海道 🌁Comment(0)音楽

イカレタ野郎どもが帰って来た!「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」/ジョー・カーナハン(監督)/リーアム・ニーソン(主演)/2010年/米国/映画

 てっ〜てれって〜〜とぅららら〜ら〜〜♪耳触りの良い軽快なテーマ曲に乗せて、80年代にテレビの中で大暴れした痛快ドラマ「特攻野郎Aチーム」が21世紀に殴り込み!?女、子供にゃ勿体無い!ちょいとメタボが気になりだしたそこの m9( ゚д゚)っ おっさんにこそ観て欲しい!! こいつを観なきゃもっと太るぜ(o^皿^)\ニパッ♪



 舞台はイラク戦争末期。USドル紙幣の原版をテロ組織が所有していて、テロのための資金に使っていると言う情報がAチームにもたらされる!Aチームは、極秘裏に上司から原版と紙幣奪取の特命を受け、見事にその作戦をやってのけるが、米軍を裏切った集団に原版を奪われ、そのうえ特命を与えた上司も殺されてしまい、その罪がAチームに着せられてしまう...どうなっちゃうのAチーム?

 今回の映画版は、4人が出会った話から始まるので、まったくAチームを知らない人でも娯楽映画として観る事が充分出来ると思います♪しかもピンチからの起死回生と言う、Aチームの十八番な展開で始まるので、Aチームがどんな部隊なのか良くわかる事でしょうw

 掴みの出来はまあまあなのですが、吹き替えでドラマを観ていた日本人には違和感がある部分が何カ所かあるかと思います。まず大きい違いは、ニックネームが無いキャラがいる事でしょう。字幕で観たので吹き替えでどうなっているか分りませんが、僕らに馴染み深い”コング”は本名の”ボスコ”、あるいは”B・A”、いかれたパイロットの”モンキー”も、”マードック”と本名で呼ばれていて少し残念... 2人のニックネームについては日本でしか使っていなかったようです。いっそ日本だけ全員愛称で呼べば良かったのにww

 あと少し気になったのは、Aチームの無邪気なほどの明るさが少し足りなかった気がします。意外にメンバーが真面目で、ギャグやおふざけはパンチが若干弱かったかな?個人的にはもっとギャグテイストが強くても良かったと思います。テレビであんなに陽気だったハンニバルが渋過ぎて悪い意味で格好良過ぎww 「96時間」で娘を助ける為に暴れまくるお父さん役や、「シンドラーのリスト」で主役のシンドラーを演じてアカデミー賞で主演男優賞を貰うほどの男がハンニバル役ですから、そりゃ品が良過ぎるはずですよw もっと見た目からふざけた感じの役者で固めて、超がつくほどのB級映画にした方が面白かったかなぁ(´へ `;) う~~ん
 
 ついでにたいした事じゃ無いのですが、Aチームにこの人有り!なハンニバルが主役とは言えない展開で進み、最後にはフェイスが美味しいところを全部持っていってるのも気になります... ラブシーンを入れる為には仕方無い事かもしれませんが、ハンニバルが中心でまわってこそAチームだと思うんだけどなぁ....

 まあそんな事を言ってもAチームとしてのツボは抑えているのでこれはこれでアリなのでしょう♪ 結構お年を召した紳士淑女も多く見られたので、彼等の感想なんかも聞いてみたいところですなww ただテロップが流れ出してからの離席率は高かったですね。
 テロップが流れ終わった後に、あんなサプライズが待っているとも知らずに帰った方は損したね〜♪ 映画は最後の最後まで観て帰るのがマナーです?!


 ファンなら観に行っても良いかと思います。ファンじゃない方は友達の付き合い程度で良いでしょう♪ とにかくあの音楽を聞いたら黙っていられないオッサンは絶対行こうぜ☆  コングのあの名台詞も聞けるんだ・か・ら♡(☆_,☆o)キラ-ン


公式ページ http://movies.foxjapan.com/ateam/
posted by lain at 20:16北海道 🌁Comment(0)映画