買い替えたヘッドセットに泣き笑いw「 MOTOROLA Bluetooth ワイヤレスステレオヘッドセット ブラック MOT-S9HDBK」

 今まで使っていたSONYのワイヤレスステレオヘッドセット”DR-BT25NX B”の配線が切れてしまい、直そうとしたもののまた直ぐ切れてしまいそうだったので、思い切ってこれを購入しました。


写真-112.JPG

 
 再生、停止や音量の調節は耳元のスイッチを押して行います。ボタンを押す際に耳にイヤフォンを押し付けるカタチになりますが、それほど問題では無いでしょう。
 仕事をしている間も邪魔にならず身体にフィットするモノを探した結果(固定したサイズなので、人によっては装着した時の感じが不快な方もいると思います)このモトローラ製の”MOT-S9HDBK”に行き着きました。デザインも好み、装着してても目立たないのも好印象♪っと、ここまでは良かった....

 皆さんご存知の通りモトローラはアメリカの企業。って事は、そこの商品はアメリカ人サイズなわけですよwこのヘッドセットもでかく、特にイヤフォン部分が大きく耳の奥までちゃんと入らない...すると、音が収束されず音質は落ちるし周りの音が聞こえてくるし、肝心の音楽が台無し!この瞬間はかなり後悔しましたww

 だからといって、せっかく買ったものをこのまま眠らせたくなかった僕は、イヤフォン部分を自分にあうサイズに改良しました。改良って言っても、ただもうお役御免になったソニーのヘッドセットのイヤフォン部分のゴムを、モトローラのモノに接着しただけw しかしこれで自分の耳にジャストフィット!!ソニー製に劣らない音質を味わえる事を実感wwホントに無駄にならずに済んで良かったよ〜(;ω;)結構たかかったしw

 あ、あと一つ気になる事が!使い勝手が良くなって毎日使っていますが、バッテリーの持ちが悪過ぎます。おそらく一日4時間ほど使ったら、その日に充電しておかないと次の日は絶対持たないでしょうw 充電自体は直ぐ終わりますが、この先もっと使い込んだら、一日持たなくなりそうで少し不安...


 でも総合的には気に入りました。やはりコードの無い生活を始めたら、有線タイプには戻れ無いですね〜♪。+.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.+。
  

 モトローラJP公式ページ(S9-HD製品紹介) http://www.motorola.jp/hellomoto/S9-HD/default.htm

風都に吹いた風は、半人前の探偵の色。「仮面ライダーW」

 終わっちゃったねダブルW!寂しい.... でもフィリップ戻って来て良かったね☆ ホントに良かった今回のライダー!ディケイドも奇抜で良かったけど、比じゃなかったね♪



 でも最初の頃のフィリップの演技や、若菜姫のぶりっ子ぶりには少し不安があったなw 回を追うごとにキャラが定着し最終的にはベストなキャストだと感じるほどに好きになっていたけどww



 ”フィリップ”の棒読みも、彼の生い立ちを知れば納得でキャラにあっていたし、見た目はイケメンだけど直ぐにそれが剥がれ落ちる”翔太郎”も半人前な感じが出ててバッチリw でもそんな2人以上にこのドラマに必要だったのは所長の”亜樹子”ちゃんだねwwこの子がいたからこそ、ただのこっ恥ずかしい探偵物にならずにすんだ気がする〜♪ スリッパ片手に「私聞いてな〜〜い!」がもう聞けないのが残念だ...(´・ω・`)ショボーン


 周りを囲むメンバーもドラマによくフィットしていて、浮いた感じの役者はいなかったんじゃないかなぁ?俳優の腕以上にドラマのバランスが絶妙だったですよ。突出した役者はドラマ全体を壊すしねw そう言えばどっかの事務所の大物は、周りがどんなにコミカルな演技をしてても無視していつもと同じ演技をしてたよなぁ....


 そんな良いバランスの中で毎話ごとに盛り上がり、クライマックスまで怒濤の勢いで流れ切ってくれて嬉しかった♪ドラマは30分枠の方がテンポが良くてしつこくなく、僕の性格にあってるかもw 直ぐじゃなくていいから、Wの続編は絶対作って欲しい気分で一杯!!



 ライダー歴の浅い僕はこれがベストなライダーになったけど、みんなはどうなんだろう?個人的には電王を観てみたいんだ♪皆さんはどれがお気に入りですか??是非教えて下さい(≧▽≦)ノ





 さて、次に始まるライダーの完成度はいかに?一応観てみますか〜(*^m^*) ムフッ



 仮面ライダーオーズOO公式ページ http://www.tv-asahi.co.jp/ooo/
posted by lain at 21:53北海道 ☁Comment(0)特撮

今日と言う偶然の日々

 8月29日。今日という日に意味を見出す人が僕以外に何人いるかな?何万人?何億人?この日だけが特別なわけではなく毎日が当たり前に誰かの特別な日なのは間違いない。今日が誕生日の人、今日が結婚記念日の人、今日が人生の転機になった人、今日が命日になった人....



 自分にとっての記念日を、同じように意識している人間の事を僕らは意識してしまう。有名人の誕生日と自分の誕生日が同じだと嬉しくなったりするのは良くある事だと思います。それをきっかけにその有名人を知り好きになる事だってごく自然な流れでしょう。
 僕もその例に習い、自分と同じ誕生日のアーティストを意識するようになっていました。そう、生きていれば52回目の誕生日を向かえるはずだった人.... ”マイケル・ジャクソン”その人と、僕は同じ誕生日に産まれました。
 
 彼と同じ誕生日だからといって、彼のような才能があるわけでも無いわけで、誕生日が同じである事に意味は無いのですが、何故か彼との共通点を見出そうとしてしまう。すると少なからず彼の気持ちが見えて来たり、来なかったり....
 
 彼は幼少の頃から”Jackson 5”のボーカルとして才能を認められ、必然のようにソロでの活動を始める。直ぐ世界中にその今にも壊れそうな繊細な歌声が響き渡り、7億5000万枚以上のCDやビデオが売れた。その枚数が物語るように、彼は世界中に愛されていたはずだった.....

 僕のようなにわかファンが何か言うのもどうかと思いましたが、彼は常に愛に飢えていたと思います。彼の歌声はいつもぬくもりを欲して母を呼ぶ赤子のようだったし、浮き沈みの激しい不安定な感情の波を感じました。彼の作品を通し、アーティストとしての”マイケル”としてしか周りが見てくれない環境で、素の自分を愛してくれる人間が彼にはいなかったからでしょうか?その不安定さが魅力でもあったわけですが... 
 しかしそんな彼にも子供が出来た。それはそれは嬉しかった事でしょう♪自分にもっとも近しい存在だし、今までの自分ではなく、これからの自分を愛してくれる存在になったわけですから。

 そんな生き甲斐を手に入れた彼はまだまだこれからの人だった。子供達に何かを残す為にも彼は生きなければならなかった。なのに...

 彼にまつわるウワサは沢山ありますが、正直どうでもいいです。彼に僕が求めるのは、”歌”ただそれだけ。事実がどうであれ、彼の存在理由は歌う事。それは本人が一番分っていた事でしょう。様々なウワサを払拭し、自分の生きた証を見せるために最後のツアーを開始するはずだったわけですから....


 世界をその歌声で奮わせた歌い手は、世界そのものに壊された。しかしその一生を終えるその時まで、彼は歌と共にあったのだと僕は確信しています。人は誰しも望み望まれ生きて行く。自らの意思と反する生き方も、当たり前に受け入れなければいけない瞬間が絶対にある。大事なのは、そんな瞬間でも自分の核になる”何か”だけは失ってはいけないという事。マイケルのとってそれは歌だった。僕には何が核なのか?それを見直すのにはいい日になりそうです。

 
 マイケル、誕生日おめでとう♪
 
 
 
posted by lain at 22:06北海道 🌁Comment(0)音楽