血のつながりなんて関係無い絆が欲しい...「HOME,SWEET HOME/亀井高秀」

 写真-68.JPG



「不幸」1.幸福でないこと。ふしあわせ。不運。 2.身近な人の死去。

 冒頭、広辞苑からの引用から始まる。主人公の”高橋千春”は、端から見れば不幸を絵に描いたような少年。母親が蒸発し祖母との2人暮らしだったが、その祖母が他界...金銭的な理由から食生活もままならない状況になっていた。そんな状況の彼の前に、蒸発した母親と再婚したと言う男性が現れ、一緒に住もうと言ってくるのだが....


 この千春君が一緒に住む事になる”守木邸”には、三人の同居人がいる。1人目は”木内”、グラサンにくわえ煙草のくせに面倒見が良く、守木邸のお母さん的な存在。男だけどww 2人目は通称”ポチ” 千春を無理矢理守木邸に案内した大男。寡黙で何を考えてるかわからないが、大事な場面で恥ずかしいセリフを吐くので、美味しいヤツですw そして家主の”守木尚哉” マイペースで無計画。結婚した千春の母が、一方的に蒸発しても、千春母を心配してあげるほどのお人好しさんなのですww 
 このお気楽な三人と生活を始める千春君。始めは独りよがりな彼も、三人の絆に触れて変わっていきます。住めば都、この本を読めば読者も千春君のようにこの家を、家族を大切に思うようになる事でしょう♪ ホントこんな素敵な連中と生活したいよな~ヽ(*´∀`)ノ゚.
 
 僕としてはBLとして読んではいない作品です。元々亀井高秀氏はBLっぽくない作家さんだと僕は思うんですよ♪なんかドキっとするんじゃなくて、安心出来るっていうか、包容力に溢れている気がして落ち着くんです(*´ω`*)
 そんな亀井先生が、最近漫画を描いてくれません.....小説のカバーイラスト関係はやっているようなのですが、僕は漫画が読みたいな....いつまでも待っていますよ先生 d(・∀<)


 追伸、同人活動はしていたみたい?でも売れ切れてて買えないよ....(;ω;) 
 
 
亀井高秀情報サイト http://elysia.nido.jp/