帰って来た青島俊作は、係長になっていた!「踊る大捜査線3 ヤツらを解放せよ!/本広克行(監督)/織田裕二(主演)/2010年」



 観ました、観ましたよ!! 酷評を横目に ”踊る3 ヤツらを解放せよ!” 観て参りました!!(`・ω・́)ゝ

 馴染み深い湾岸署から、新しい湾岸署へ引っ越す事になった青島達。変わらないメンバーに加え、スピンオフ作品に出演していたメンバー、更に今作から初登場のメンバーが加わり、今まで以上に人、人、人でカオスな状況になっています。特に注目なのは、青島の部下役になった、スピンオフ組の”内田有紀”、和久さんの甥っ子として”伊藤淳史、一作目の劇場版で凄まじい存在感を出していた”小泉今日子”、そして...今回、小泉今日子にも負けない存在感を見せた”小栗旬”......僕個人は一番気になったのが彼で、主役の青島がかすむほどの良い演技を見せていました(*≧ω・)b
 
 ただ、今紹介したメンバーの他にも、沢山の踊るファミリーが出演しているのにも関わらず、何か足りない....それは和久さんなのかな?いつも要所要所で、映画を引き締めてくれていた和久さん...あの立ち位置に当てはまる方は今回いなかったと思います。和久さんの代わりが見つからなかったから、これだけのメンバーを揃えたとも思えます。劇中で、一度だけ和久さんの声が流れた時の劇場全体の空気は、なんとも言えない一体感がありました.....ワクサン(ノд・。) グスン

 和久さんの不在だけが物足りなさの原因ではありません。前作から7年も経ってしまい、旬を過ぎて、あの頃のパワフルな演技を失ってしまった方々が多過ぎました。70歳を越えた”北村総一朗”を含めたスリーアミーゴスや、アクションシーンをこなすのがやっとに見えなくもない”織田裕二”等、ブランクがあり過ぎて感を取り戻す前に撮影が終わってしまったのでは無いかと考えてしまうほど、新鮮な演技を観れませんでした。悪い意味で熟成されてしまった”踊る”....もう少し早く続編を作れていれば、こんな事態にはならなかったかな.....(´・ω・`;)ハァー



 ただし、物足りない部分はあれど、シリーズファンには納得の作品である事は間違いありません! 小泉今日子演じる”日向真奈美”に対峙し、自分を貫き通す青島の姿は最高にクサくてカッコ良かったw 泥臭く、ケツの青い事ばかりを口にする青島はまだ”ここ”にいます。係長になってもまだまだ子供っぽい、青島を観にいきましょう♪ ヾ(>ω<*)ノ゙




........あ、忘れてた!?皆藤愛子可愛かったよぉ~♡(〃▽〃)...え!どうでも良かった?Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

posted by lain at 22:46北海道 ☔Comment(0)映画

気づけば、空ばかり見ていた....

 夕陽が好きで写真を撮る様になった僕の周りには、同じような風景でありながら、一度として同じでは無い空の主張が集まっていました。



IMG_1035.jpg
空ばかり見てる自分に気づく...

IMG_1053.jpg
夕焼けコレクタ~に俺はなる!

 IMG_1084.jpg
夜が近づく群青色は落ち着くね。

 IMG_1104.jpg
毎日のように撮る位置での夕陽。飽きないなw

IMG_1121.JPG
ちへ~いせん!

 IMG_1126.jpg
またもこの場所でやんす♪雲が全然無くてスッキリした空だった。

 IMG_1152.JPG
雲の無い空はスッキリするけど、雲があるから面白い事の方が多い♪

 IMG_1170.JPG
大陽と雲、この組み合わせは色んな表情を見せてくれる。外せない要素だ。

 IMG_1196.JPG
これも良い例w

IMG_1229.JPG
もう時期はずれだけど、天の川みたいに見えた。僕にはねwww


 僕の撮影スタイルは、特に何かの決まりがあるわけでも無く、技術的な裏付けも無い単純に”これだ!”っと、感情にまかせて撮っています。 ただ自分の好きな空間を切り取り記録する。 そこに残るのは僕の技術では無く、あたりまえの”自然”のありようだけです。 皆さん気づいた時で良いですから、空や周りの光景に目を向けて下さい。そこには見逃していた”あたりまえ”の美しい光景が広がっているに違いありません.....
posted by lain at 01:05北海道 ☁Comment(0)写真

第二回!ダメダメ積みげ~ま~選手権!?

 さあ始まりました第二回ダメ罪選手権!?今回もダメなげ~ま~の代表のつもりで、書いていきま~す♪



 積む事に意味を見出し、根性の腐ったげーまーになってしまった僕に、残された道は一つ!積んで!積んで!積みまくって!!ダメげ~ま~の☆になる事!?....その夢?が近づく出来事が目の前まで来ました! そう、とうとう累計ゲーム数が後一個で300本になるのです!!


 ここまでの道のりは、長く険しい道でした~。2005年12月10日の発売日にXBOX360本体と一緒に買った”ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド”から始まった箱生活....思えばオンライン対戦が怖くて、なかなかゴールドメンバーデビュー出来ず、”ロストプラネット”に出会っていなければ今もシルバーのままだったかも知れなかったな~....話がずれた(( ̄▽ ̄;))


 話を戻しますが、発売当初PS2や携帯用ゲーム機ほど充実していない国内の箱ゲー事情のせいか、欲しいソフトの量も無難でこの時点では積みゲーがあると言うほどでは無く、健全な箱ライフを満喫していたと思います。海外ゲームを知るまでは!


 XBOX360のメインの市場はアメリカ、欧州、その他世界中で伸び始めていました。一方、発売が遅れたPS3は、次世代機の流れに乗れず、安価な新型の本体や魅力的な独占ソフトにより、売り上げを回復するまでに、大きな溝をマイクロソフトに開けられてしまいました。

 それによりXBOX360のラインナップは充実し、購入を迷うほどの量が世界には存在するのです。ただ、世界で売れるゲームが日本国内で売れるとは限らず、アニメ調のゲームに慣れた国内のゲームファンには、むさ苦しいヒゲのオッサンや、むやみやたらな残虐描写の数々は受け入れ難く、どんなに面白いゲームでも日本国内では発売されなかったり、せっかくローカライズされて発売しても、全く売れない事もしばしば.....



 洋ゲーが売れない理由をあげれば切りがないので今日は書きませんが、それだけ星の数ほどありそうな海外ゲームに手を出したその日から、僕の積みゲー生活は始まったのかもしれませんねぇ....

 海外アマゾンで注文して日本へ転送したり、ヤフオクでちまちまチェックしてみたり、少しでも価格と欲求が見合うソフトがあればドンドン買ってしまいました。 一番やばかったのはヤフオクにハマった時ですね!月に20本近く買った時がありました。後にも先にも最後にしたいです....




 流石にもう熱は冷めて、買っても5本がせいぜいになって来ました。本当に良かったw 一度加熱すると暴走するので自分でも怖いんです.....あれ?いやいや!ダメダメげ~ま~の☆になるんじゃなかったの?そんな声が聞こえる!? い~んです!ゲーム貧乏より実生活の充実をはかる方が大事なんですww 程よく、”生活に負担無く積むげ~ま~”に生まれ変わった僕を見守って下さいd(´・ω-*)



...........あ!肝心な事ワスレテタ!!記念すべき300本目を何にしたらいいか、ご意見待ってます!どんなヤバげな物でも結構!!あなたのオススメを教えて下さいね~よろしく☆-(ゝω・ )ノ゛♥


posted by lain at 21:04北海道 ☔Comment(0)ゲーム