また放置していた写真まとめ その1

また、忘れていたために、枚数が多くなってしまいました。あまり代わり映えしない写真ばかりですが、良ければ見て下さい♪

IMG_5100.jpg

この手の影の具合が好きなんですよね~♪

IMG_5104.jpg

普通に夕陽を撮りたく無くて、草むらから撮影。

IMG_5093.jpg

もうすでに綿帽子が飛ぶ寸前でした。

IMG_5120.jpg

日曜日に自宅から撮影したのに、誰も信じてくれない.....

IMG_5130.jpg

雲のせいか、夕陽の反対側に虹らしきものが?

IMG_5163.JPG

いつも渡る橋。こんなに暗くなるの久しぶりだった。

IMG_5170.jpg

仕事で疲れて見つめた西の空、もう陽も沈んだあとだった....
 
IMG_5174.jpg

花は綺麗だから撮るんだけど、名前が分からないww

IMG_5185.jpg

いちょうの木が大陽の恵みに、喜んでいた。僕は汗だくだけどね♪


こりずに続く!
 
posted by lain at 21:29北海道 ☁Comment(0)写真

宇宙は夢と不安で出来ている。「スカーレット・ウィザードプラス&嘆きのサイレン/デルフィニアシリーズ/茅田砂胡・鈴木理華」

写真-49.jpg 



 漫画の世界のみならず、創作物は作者の病気や怪我、事故、大人の事情、等によって、お話の続きを断念せねばならない事がある。しかし中には、元の作者の作品を引き継ぎ、続きを作ってくれる事もある。この作品もそんな幸運に恵まれた作品になりました。
 
 元々原作者の茅田砂胡氏のファンなのではなく、タブロウゲートの鈴木理華氏が好きで気になり読んでみたコミックでしたが、これ面白いよww断然原作欲しくなったねwww
 長い時間を生きて来た人達が主役の宇宙物で、未来の技術が満載のSFのはずだけど、本質は人間ドラマだしそこに人智を超えた能力者達が絡みあう、ガチガチのSFよりファンタジー要素が多いから、お話に自由が利くんだろうね♪
 人間以上に人間らしい人工頭脳の”ダイアナ”、長生きはしてるけど結構ドジな”ケリー”、そんなケリーと不思議な夫婦関係を築いている”ジャスミン” そんな彼等が宇宙を舞台に巻き込まれる事件騒動の数々。ニ作品だけの漫画化では勿体無いほど良い雰囲気。主人公達の凄さだけでなく、弱さが情感たっぷりに描かれ、郷愁にも似た感覚を覚えました...
 
 
 兎に角このコミックだけじゃ情報が少なく、原作を始めから読んでみないと、登場人物の相関がなんとなくしか分からないので残念。一刻も早く原作を手にして読みふけりたいものです。
 そして、個人的にはアニメ化希望!勿論キャラ絵は鈴木理華氏でねwどっかのスタジオお願いしますヨロティク(=゚ω゚)ノ

 
posted by lain at 22:25 🌁Comment(0)漫画

WOWOWアニメプレイバック!!その3「あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ/山口祐司(監督)」



 振り返ると、甘酸っぱく恥ずかしい思い出ばかりの学園生活。誰にでも楽しい思い出、辛い思い出、多々ある事でしょう...


 外見も内面も出来上がらない、はっきりしない中途半端な存在である思春期の頃。その不安定な状態から、誰かを傷つけたり、傷つけられたり。傷つけた当の本人に、罪の意識無く、傷ついた側は一生忘れずにその時の事を思い出す。そして、傷ついた側も、自分にどんな問題があったかも忘れる。どちらの立場でも、残るのは都合の良い記憶だけ....


 世に言う”大人”と言う存在になっても、人の本質は変わらず、自分に見える範囲でしか人は世界を理解出来ない。分からないものは分からないのです。だから、このご都合作品に感じる思いも人によって違うでしょう。でも、僕はこの作品が好きです。


 主人公の”天和響(あまわひびき)"は、教師になりたての体育教師。とは言っても受け入れてくれる学校も無く家賃さえままならない。それでも諦めず、下宿近くの”青鞜三ノ宮学院”に交渉しに行く響、しかしあえなく撃沈!それもそのはず、この学校長は男が大嫌いΣ( ̄□ 男の響を雇ってくれるはずが無い....


 「男には愛が無い」と言われ、納得のいかない響に、下宿の家主のおばはんは、女装をして学園に入り込んで、校長に一泡吹かせなんて言い出すんだよ!ありえねぇ(´゚ω゚):;*.':;ブッ

 歩き方や仕草の練習、体型を補正するような服、コナン君ばりの変声機、このへんのご都合には目をつぶりましょう♪そんな人間改造?を家主に施され、”青鞜三ノ宮学院”での教員生活を始める響。


 そんな響にとって初めての生徒とも言えるドジっ子”樟葉楓子”との心の交流をメインにお話は進んで行きますが、男性としての自分と、女性教師としての自分との、二重生活を送っているがゆえに、楓子との関係がもどかしくてしかたない(*゚ー゚)ニヤニヤ

 勿論他の生徒達との交流も描かれ、感動的なエピソードがあり、どんどん生徒達との絆が深まっていく。だから尚更、最後に響の正体がばれた時の辛さがこの作品を特別なモノにしてくれました.....裏切った響、裏切られた生徒達....それでも、一緒に過ごした時間を、貰った思いを、大切な言葉を、信じたい楓子。そして......




 最高に恥ずかしく、最高にくさい演出の終盤、生徒達との信頼関係が熱く往年の学園青春物語を思い出す内容に思わず涙しました...・゚・(ノД`;)・゚・ ありがとう響先生!いつか必ず本当の姿で、帰って来て下さい...僕も生徒の一人として待ってますから(*´ω`*)



posted by lain at 18:00 🌁Comment(0)アニメ